ブログ 石垣島 西表島 由布島 竹富島 八重山4島めぐり(その1) 理容よもやま話
去年から出かけたいと思っていた八重山諸島めぐり。


最低でも3日間のお休みがないと出かけて行けないから、
何とか仕事を調整して三連休に組み上げてはみたけれど、
行きたい講習があったのに顔を出せなかったのは、残念だったな~


さてさて、八重山諸島っていってもどこにあるのか分かりませんよね?
簡単に説明すると、沖縄からさらに南西に向かって400kmほど行った離島で、
台湾までなら260kmという、日本の西南の果てなんですね(笑)


この3月7日からは、新空港も開港し、羽田からの直行便が飛ぶようになったけど、
1日に1便だから、あんまり便利じゃないんです。
ということで、今回のツアーは、沖縄の那覇空港で乗り換えて石垣島というコース。


実はここで大変な恐怖体験が!


飛行機って、離陸時と着陸時にはモニターに外部カメラの映像を映してくれて、
それはそれで臨場感があってとっても楽しいのだけど、
この時の沖縄・那覇空港は強い雨が吹き荒れるかなりの悪天候。


あと10分で那覇空港に着陸しますとアナウンスがあってから、
飛行機はゆっくり高度を下げて行くけど、
モニターに写るのは叩きつける雨だけで、滑走路が見えてこない。


席が真ん中の列だったこともあり、窓からの景色が見えないけど、
窓際の人の様子から、そろそろ着陸するのかな?と思っていたところで、
「ガツンっ!」という、飛行機のタイヤが滑走路に接地した衝撃があった瞬間、
エンジン音が急激に大きくなり、まるで離陸時のように機体は急上昇を開始。


スチュワーデス…いや今はキャビンアテンダントって言うのかな?
悪天候のために着陸をやり直す模様です…というアナウンスが入った後、
天候悪化のため、回復を待ってから着陸を試みますという、機長からの機内放送が(汗)


いきなり、客室にざわめきが起き、緊張に包まれる。
思わす頭をよぎったのは、燃料って、どれくらい余計に積んであるんだろう?
引き返すときは、九州まで戻るのかな?という対応策。


それでも飛行機は、30分後には着陸体制に入り、ゆっくりと高度を下げていく。
モニターには昼間だというのに、滑走路の誘導灯が点滅しているのが見える。
その灯りが少しずつ大きく見えて来て、次の瞬間、ズズズーンという強い衝撃。
飛行機は大雨の滑走路に着陸し、ブレーキと逆噴射て急激にその速度を落として行く。


この時、客室内では誰からともなく大きな拍手が(笑)
それにしても、飛行機でこんな怖い思いをしたのは初めてだったな~。


これで、羽田から那覇への到着も45分くらい遅れたけど、
那覇から石垣島への飛行機もワイパー故障があり、機体交換で1時間ほど遅れ、
予定よりかなり遅れて到着したのが、開港したばかりの新石垣島空港。


20130417_1.jpg


この日は観光の予定がなかったからよかったけど、やっぱり南国なんだな~
いきなりの大雨は、それこそスコールだよね!
ホテルの部屋から見えるビーチカフェも雨で休業しているみたい。


20130417_2.jpg


売店で缶酎ハイを買ってきて、部屋でのんびり。
琉球ハイボールなんてあるんだね!甘くて美味しい♪


20130417_3.jpg


そうこうするうちに外も真っ暗になり、ビーチカフェも濡れて光っている。


20130417_4.jpg


さてさて、明日は西表島、由布島、竹富島の観光記事の予定です♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示