ブログ 日本三大桜の一つ、実相寺の山高神大桜が満開に! 理容よもやま話
久しぶりに、何も用事の入っていない月曜日、
ここのところ、毎週何かしらの用事があったから、それが当たり前で、
ホントに何も用事がないと、どうしようかと迷ってしまう(笑)
こんな時に限って、奥さんは友達とお出かけしてしまったしね♪


もう、桜の季節も終わったし、写真を撮りに行けるところはないかな~と、
あてもなくネットをフラフラと見ていると、ちょっと気になるところが。


日本三大桜にして、日本初の天然記念物指定の桜、
山梨県にある、実相寺の山高神大桜が見ごろになっていると言うじゃないか。
日本三大桜と言えば、岐阜県の根尾谷淡墨桜、福島県の三春の滝桜、
そして、山梨県の山高神代桜で、どれも樹齢は1000年を超え、
見るからにパワーを発している。


そう言えば、三春の滝桜は何度も見に行っているというのに、
山梨の山高神大桜って、見に行ったことがないな~と思い立ち、
急だけど、お出かけしてみることに。


iPhoneのカーナビで調べてみると、家からの距離は150kmほどで、
高速道路を使った到達予定時間を見ると、約2時間半の行程。
何も用事がないと言いながら、いきなり往復300kmのドライブに (*≧m≦*)ププッ


実相寺に到着してみると、門の前からでも満開の桜が広がっているのが分かる。


20130401_1.jpg


昨日も雨だったというし、明日も雨らしいから、ちょうど最高の日なんですね!


20130401_2.jpg


こちらが樹齢1800年とも2000年とも言われる、山高神大桜。
日本で最古最大級の巨樹として古来より有名な桜で、
大正時代に制定された国の天然記念物第一号としても知られており、
伝説では、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東征の帰り道、この地を訪れ、
記念にこの桜をお手植えされたという伝承から「神代桜」と名付けられたとか。


20130401_3.jpg


20130401_4.jpg


さすがに、風や雪で多くの枝が失われてしまい、樹勢は衰えてきているけど、
両側に伸ばした左右の枝からは、今でも満開の花びらが命を感じさせてくれています。
さすがに、ここまで古くなると、神が宿っているのでは?と思わせるような、
神々しさまで感じられてしまいますね!


ここ実相寺の境内では、多くの桜と共にまっ黄色の水仙が咲いていて、
エドヒガンザクラの淡いピンク色とのコントラストがキレイ。


20130401_5.jpg


20130401_6.jpg


それにしても、お寺と桜って、なんでこんなに似合うんでしょうね~。


20130401_7.jpg


もちろん、山高神大桜だけではなく、他の多くの桜もそれは見事な満開ぶり。
今まで、河津桜と菜の花の組み合わせは何度も見てきたけど、
エドヒガンザクラと水仙も、素敵な組み合わせですね♪


20130401_8.jpg


20130401_9.jpg


20130401_10.jpg


今年は、満開になってから涼しい日が続いているせいか、見ごろが続いているようです。
お近くまでお出かけの際は、ぜひともご覧になってみてはいかがですか?



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
道具屋さん、こんにちわ~

わーーー素敵(人´ω`)

もうすっかり春めいているんですね♪
黄色・白・淡いピンクの色合いも、キレイですね♪

こんな大きな桜の木は、未だに見たことがありません。
木のパワーを感じられそうですね♪

No title
>心愛さん

こちらは、日本で一番古い桜と言われている古木で、
昔はもっと大きくて立派だったそうなのですが、
古くなっていることと、風や雪の影響で、かなりの枝を失っています。
明治の頃の写真も飾られていたけど、その頃はこの何倍もの大きさでした。
きっと、見事な桜だったんでしょうね~

それにしても…
お花の話題だと、そちらとは季節が1ヶ月くらい違っちゃいますね(笑)

管理者のみに表示