ブログ 熱海の大寒桜が満開! 理容よもやま話

熱海の大寒桜が満開!

2013/03/17 Sun 23:21

毎年、春のお彼岸、夏のお盆、秋のお彼岸、年末の4回出かけている、
伊豆の伊東にある、義父と義母のお墓参り。


今年は春分の日が3/20だから、その前後7日間がお彼岸と言われていて、
今日はその彼岸の入りになるんですね~。


えっ、今年は春分の日が3/20って言い方、あんまり言いませんか? ( ・ω・)モニュ?
実は、春分の日って、毎年の3/20と、日付で決まっているものでもないし、
3月の何番目の何曜日って決まっている訳でもないんです。
国立天文台が作成する『暦象年表』という小冊子に基づいて閣議で決定され、
前年2月第1平日付の官報で発表されるというものなんですね!
ということは、2年後の春分の日は決まっていないというのが正解(笑)


さてさて、いつもは電車で出かけていく伊東だけど、
今回は、どこかで日帰り温泉でも入ってこようと言う話になって、
混むのは承知で、久しぶりに車でお出かけ。


東京から東名高速で厚木まで行き、そこからは小田原厚木道路で小田原へ。
あとは、135号線をどこまでも行くと伊東なんだけど、
ちょうど熱海のビーチを過ぎて、マリーナのある親水公園が見えてきたとき、
ピンク色の桜が満開に咲き乱れているのが見えてきたので、
トイレ休憩でもと思って、駐車場に入れる。
ここの親水公園の前にはマリーナも広がっていて、ちょっとオシャレ♪


20130317_1.jpg


公園の中を見渡すと、ピンク色の桜が満開になっている。


20130317_2.jpg


ソメイヨシノは白に近い薄いピンクで、先週見てきた河津桜はピンク色。
でも、ここの桜はもっと色が濃い感じがして、看板を見てみると、
「大寒桜(おおかんざくら)」って書いてある。


大寒桜は寒緋桜(カンヒザクラ)と山桜(ヤマザクラ)、
または寒緋桜(カンヒザクラ)と 早咲きの大島桜(オオシマザクラ)の雑種らしい。
河津桜は、花が開くと同時に緑色の葉っぱが開くけど、
大寒桜はピンクと白の花だけが一斉に咲き乱れるから、色が濃く見えるんだね!


20130317_3.jpg


20130317_4.jpg


20130317_5.jpg


南欧コートダジュールをイメージした親水公園の「スカイデッキ」では、
ワンちゃんを連れたご夫婦が、海を見ながらのんびりムード。
ここは、ワンちゃん連れが多いな~


20130317_6.jpg


お墓参りも済ませて、
ランチは海の見える地魚のお店で、念願のいくら丼+金目鯛の煮つけ♪


20130317_7.jpg


20130317_8.jpg


お腹もいっぱいになったところで、待望の日帰り温泉へ。
と、ここで面白いポスターを発見!


20130317_9.jpg


こんなの見たら、思わず地ビールが飲みたくなるじゃないか (*≧m≦*)ププッ


地ビールの特徴も品質もスペックも作り方も紹介することなく、
伊豆高原ビールを飲むと、こんな風になれるんだ!という体験を伝えている。
そして、最後、どうしてほしいのかのゴールもしっかり伝えている。
これは、ポスターとしては傑作だと思うんですよね!


理容のメニューでも、こういう伝え方が出来たらいいな~♪
さすがに、車で出かけているから伊豆高原ビールは飲むことが出来なかったから、
家に帰って、冷蔵庫でキンキンに冷えたビールを「グビグビっ!」っといただきました!



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示