ブログ 食べないと飲まナイトin神楽坂に参加してみた! 理容よもやま話
FC2ブログ
タカラベルモントのイベント「Men's Day」に朝から顔を出し、
日理の講習「SUPER朝ラクっセミナー」を写真も含めてガッチリ取材し、
その後は今後のセミナー打ち合わせをと忙しく走り回った月曜日だけど、
最後のイベント「食べないと飲まナイトin神楽坂」が一番の楽しみ!


実は1週間ほど前の事、久しぶりにFacebookを通じて連絡があった人と、
「たまには飲みに行きましょうよ!」と声を交わしたがきっかけで、
3月は忙しいけど、3/4(月)だけは空いているということで急遽飲み会が決定。
その日は「食べないと飲まナイトin神楽坂」があるじゃないか!と思い立ち、
カメラ好きが3人集まっての神楽坂散策。


「食べないと飲まナイト」というのは、
ある一人の飲食店女性オーナーの、熱い思いから始まったこと。


かつては、働く人が疲れた身体を休める憩いの街であったはずの、
上野・仲町商店街だったのに、今は、商店街のアーチをくぐるや否や、
「キャバクラどうすか?」と黒服のお兄さんからお声ががかかってしまう怪しげな町へ。
そのせいか街の飲食店の客足も落ち、それにつれて街全体の勢いもなくなるという
“負の連鎖”に悩まされていたんですね~


そんな中、一人の女性飲食店オーナーが立ち上がり、
「ここに根を張る我々が立ち上がらねば誰がやる!」と、
町中の飲食店や歴史と伝統ある老舗を丸ごと活かしたイベントを企画、実行したという、
それが第一回となる「下町情緒酒場巡り~食べないと飲まナイト」。


その街に来るのが初めての人でも、気軽に食べ歩き、飲み歩きが出来るようにと、
飲食店が手を取り合って、街おこし、街を活性化!
「街」、「店」、「人」のつながりを深めたいという、
ある意味、理容師の横のつながりにも似たイベント (*≧m≦*)ププッ


すでに、上野仲町・湯島、広島、神楽坂、赤坂、鳥取(米子、朝日町)と広がり、
その社会貢献が認められ、女性オーナーは外食アワード2011を受賞するほどに!


ということで、今回のチラシはこんな感じに。


20130305_1.jpg


神楽坂の44店舗が参加し、4000円(前売り)で5軒を飲み歩き、食べ歩き。
飲んで食べて、1軒あたり800円と言う、とってもリーズナブルなお値段。


ほら、神楽坂というと、料亭とか花街が残る古き良き街のイメージで、
ちょっと奥まったところにあるお店は、とっても素敵な店づくりだけど、
入口にはメニューもなく、一見さんお断り?みたいな、ちょっと怖い雰囲気でしょ?


それが「食べ飲まで~す」と入口で声をかけると、優しく案内され、
800円のチケットを1枚渡すだけで、ドリンク一杯とチョイ食べのお料理が。
でも、チョイ食べといっても、味も量も本格的ですよ!
ちなみに、こちらが1軒目のお料理。
一人一品のお料理にワンドリンクだけど、すごいでしょ?


20130305_2.jpg


20130305_3.jpg


20130305_4.jpg


イカセンターからスタートして、2軒目は食べ放題の焼肉屋へ、
3軒目はお腹のダメージを回復するため、立ち飲みのワインバーへ。
ここでも、美味しいお肉とワインを(汗)


20130305_5.jpg


4軒目はテーブルの上に置かれたコンロと網で焼く魚介系のお店と、
それはもう、とてもじゃないけど800円とは思えないような量。


ラストはシャンパンバーでしっぽりと♪
これで、テーブルの向かいにいるのが素敵な女性だったらな~ (*´д`*)ハァハァハァ


20130305_6.jpg


今回も、たっぷり楽しませもらった「食べないと飲まナイト」
理容で考えてみるとどうなんだろうね?


例えば、理容室は女性にとっては、神楽坂の料亭並みに入りにくいお店。
でも、もし4000円(800円×5)で、女性向けメニューを提供してくれる、
お店を選んで1ヶ月の間で廻ることが出来たら…


お店ごとに、当店は「えり足シェービング」、うちは「リンパマッサージ」
また「お顔シェービング」「美白パック」「ネイルケア」「ヘッドスパ」みたいに、
色々なものをお店選び、メニュー選び出来たらどうかな~?と思ったり(笑)


どなたか、我こそは!という方がいらっしゃれば、
自分もお手伝いさせていただきますよ!
今度は理容おこしに結び付けられたらいいですね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示