ブログ Phone5(ios6.1)紛失に備えてのメモ 理容よもやま話
FC2ブログ
先日のこと、同業者のお母様が亡くなられてお通夜のお手伝いをさせていただき、
お清め会場で食事とお酒をいただいてから、帰り道の居酒屋でしたたか飲み、
そのまま帰れば良いのに、同じ方向に帰るディーラーさんに誘われて、
高円寺に帰って来てから、3人でまたまた居酒屋へ。


帰るころには足元はフラフラ、支払いしたのかの記憶もかなり怪しい。
それでも、無事に家にたどり着いたようで、目が覚めたら布団の中 (*≧m≦*)ププッ


ふと気づいて枕もとを見ると、いつも置いてあるところにiPhoneがない。
充電したのかと思ってみても置いてないし、スーツのポケットも空っぽ。
記憶の糸をたどろうとしても、見事にコマ切れになっていてさっぱり不明。


仕方がなく、家の電話からiPhoneを鳴らしてみるけど、
お通夜のお手伝いと言うことでマナーモードになっているから、音も聞こえない。


まさか…どこかで落とした?えっ?紛失?! Σ(¬_¬;)


と、ここで寝室へ行ってみると、クローゼットの中から「ウーンウーン」という小さな音が。
あった!前の日に来ていたコートの外ポケットからiPhoneを発見!
いや~、久々に冷や汗をかいたな~(滝汗)


こんなことは初めてだったからびっくりしたけど、
お取引先サロンでも、飲んでiPhoneをなくしたってスタッフもいたから、
普段から用心しておくことが大切ですよね!


ということで、iPhone5(ios6.1)紛失に備えてのメモを作成。


まずは、拾われた時の不正使用を避けるために、
パスコードを設定して、iPhoneが勝手に使われないようにしておくのが一番。


設定→パスコードロック「オン」で数字4桁を入力。
パスコードを要求は、即時、1分後、5分後、15分後、1時間後、4時間後が選べるけど、
自分は1時間にしてあります。だって、毎回入力は面倒だから、
しばらく使わなかったときだけに、パスワード入力の要求が出るように。


20130215_1.jpg


続いて、iPhone5が見当たらない時に現在位置を調べる方法。


iCloudにアクセス(https://www.icloud.com/)


20130215_2.jpg


Apple IDとパスワードを入力。


20130215_3.jpg


iPhoneを探すをクリック。


20130215_4.jpg


iPhoneの置き場所がほぼ特定できたら、「サウンドを再生」をクリック。
こうすると、マナーモードでもかなり大きな音で警告音が鳴るんです。
これなら、近くにあれば必ず見つけられるしね!


20130215_5.jpg


逆に、家の中ではなく、外で置き忘れたことがはっきりした時には、
iPhoneディスプレーに自分の連絡先を表示すため、紛失モードをクリックし、
連絡先の電話番号を入力 → 次へ


20130215_6.jpg


iPhoneに表示するメッセージを入力(初期設定あり)


20130215_7.jpg


iPhoneには、メッセージが表示され、パスワードを入れない限り、
指定番号以外への発信、他の操作は出来なくなります。
ただし、これは最初にパスワードロックをかけておかないとダメですよ。


20130215_8.jpg


パスワードロックをかけておかないと、iPhoneを自由に使えてしまうから、
拾い主が届け出てくれる確率も下がってしまうので、ここが一番肝心だよね!


iPhone5をお持ちの方は、万が一に備えて、この手順を試しておくのがお勧めかも♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示