ブログ ストロボを使った撮影の復習を 理容よもやま話
FC2ブログ
先日、プロの写真家から直接習うことの出来るワークショップに参加して、
デジタル一眼レフカメラに取り付けて使えるクリップオンストロボで、
お料理をより美味しそうに見せるという勉強をしてきたので、
忘れないうちに、しっかりと復習! (σ´Д`)σ


今日の素材は、お料理じゃなくてお人形さん。
お料理だと、色々なパターンで撮影しているうちにしなびてきたり、
表面が乾いてきたりするから練習には向いてないしね(汗)


ということで、カメラを三脚にセットして同じ位置から撮影できるようにして、
光だけを色々と変えての実験を開始♪


まずは、「あり」の光と呼ばれる室内の光そのまま。
ここはデスクトップパソコンを置いているテーブルなので、
天井にはダウンライトがあり、光の向きは上から下へ。


20130211_1.jpg


このお人形さんは頬っぺたと鼻が大きくせり出しているから、
顔の下半分が暗くなって、汚い印象に。
Facebookに載せている室内で撮ったと思われる写真で多いのがこのパターン。
顔の印象が非常に暗くなってしまうので、残念な写真になっちゃいます(涙)


そこでカメラにストロボを付け、何も考えずに普通に撮ってみる。
カメラは左側を上にした縦位置になっているので、
ストロボはカメラの左側から照射され、人形の右後ろには真っ黒な影が。


20130211_2.jpg


これもあまり良い写真とは言えませんよね~ ブン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ブン


ここで先生から教えてもらったように、
ストロボの向きを上にして、白い天井に反射させてみると、こんな感じに。
これは天井バウンスって言うんだそうです。


20130211_3.jpg


鼻の下には少し影が出ているけど、ダウンライトよりはずっとキレイ。
この撮り方って、ブライダルカメラマンが良くやってますよね!
ストロボを天井や後ろの壁に当てている見たことあるでしょ ( ・ω・)モニュ?


そして、こちらがストロボを左側の白い壁に向けて照射し、
反射させて返ってきた光で撮ったのがこちら。これは壁バウンスと呼ぶんですね!


20130211_4.jpg


この光だと、素材感と言うか、人形の顔や洋服の凹凸もよく感じられて、
平面の写真とは思えないような、すごく立体感のある印象なんですね!
特に、白ヒゲの部分なんか、ホントにくっきりしているし。


そして、今まで苦手なストロボを避けながらも、
夜に撮影する時なんかには使っていた蛍光灯型電球での写真がこんな感じ。


20130211_5.jpg


これもそれなりに立体感は出ているけど、
ストロボでの写真と比べると、柔らかい印象かな?
ただ、ヒゲの部分をストロボでの壁バウンスと比べてみると、ずいぶん違いますね!


ただ、電球で撮る時には、光を当てながら撮ることが出来るから、
目で見ながら、影の出方や光の印象を位置を変えたりと調整出来るけど、
ストロボの場合は、光は一瞬だけのものだから、想像して撮るしかないしね。
それぞれ、一長一短はありそうだけど、練習すれば上手になるかな (*≧m≦*)ププッ


ちなみに、蛍光灯型電球と言うのは、こんな形のもので、
一般的に使われているソケットに差し込めるし、
普通の電気屋さんで買うことが出来るというお手軽なもの。


20130211_6.jpg


最近ではLED電球も選べるようになってきているから、
蛍光灯型電球でもLED電球でもどちらでも構わないけど、
選ぶときに、電球色、昼白色、昼光色と色の違いがあるようなら、
太陽の光の色に一番近い昼白色を選ぶと、自然な色で撮れるようですよ♪


ま、一気に上達することはないだろうから、少しずつ練習しますか(笑)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
写真のこと | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
No title
先日のwsでご一緒した者です。
分かり易くて素晴らしいレポートをありがとうございます。
あれから私も挑戦していますが、まだまだです。
でも、この記事を参考にまた頑張ってみます!
No title
>ozwattleさん

お疲れ様でした!
あのワークショップは大変に分かりやすく、小道具の使い方も勉強になり、
自分としては大きな収穫となりました。
あとは、それを自分のものに出来るよう練習するのみですね!
また、ご一緒しましょう♪
No title
関川さんのワークショップですか?

できればホワイトバランスのマニュアル設定も・・・
No title
>哲やんさん

いえ、新藤さんのワークショップでした。
今回はホワイトバランスのマニュアル設定については説明がなかったので、
記事の中にも取り上げませんでした。
No title
お、不動前に行かれていたのですか・・・
WBの説明がないなんて組長らしくない(笑)

私も負けずに精進します・・・
No title
>哲やんさん

私も自主練習を頑張ります!

管理者のみに表示