ブログ 期待の書籍「あの小さなお店が儲かり続ける理由」が近日発売! 理容よもやま話
FC2ブログ
お取引先に伺うと、客待ちカウンターの上に何やら案内状が。


20130208_0.jpg


おっ!来週の発売に合わせて、出版社がフライヤーを作ってくれたのかな?
フライヤーって単語は、聞きなれない方もいらっしゃいますよね。
一般的に使う日本語で言うとチラシのこと (σ´Д`)σ


いよいよ発売が近づいてきましたね!
出版記念パーティーもあるし、何かと忙しいんじゃないですか?



江沢さん、ちょっといい?席順の相談なんだけど。。。
あそこの人の役職名は?そうか…違っていた、直しておかないと。



どうやらテーブルに置かれる席札の役職名で混乱しているらしい(汗)


こちらの理容サロン…いや理容とも言えないし美容とも言えないかな?
男であっても女であっても、お店のファンが集まってくるお店なんですよね。
その店頭はステンドグラスのはめ込まれたガラスの小窓があるだけで、
中はまったく見えないし、表には完全予約制と書かれている。


その上、ヨーロッパの古城を思わせる大きな扉には鍵がかけられていて、
暗証番号を知る人か、インターホンで中のスタッフに声をかけてからでないと、
入れないという、理美容室とはかけ離れた雰囲気。


その店内も、朽ち果てた古城を思わせるようなインテリアで、
天井には青空をイメージした空と雲が広がり、
廻りの壁は、崩れかけたレンガ塀を思わせる装い。


赤い火のともる古い暖炉と静かに奏でられるアンティークな自動演奏ピアノ、
そして、アロマキャンドルの飾られた「大人の隠れ家」


そこでは、「美の本質は健康」という理念のもとに、
健やかで美しい髪を創り上げていくと共に、
真のリラクゼーションを追求した、究極の時間が静かに流れていく…


こんな突飛な発想でお店を経営するオーナーが、書くブランディングの本だから、
読む前からでも面白いのは想像が付いてしまう (*≧m≦*)ププッ


まだ発売前だけど、一冊あるんだよ♪
と言って見せてくれたのが、こちらの本。


20130208_1.jpg


お~っ!こうして実際の本になると、改めて感動がありますね!
ちょっとだけ中を読ませてもらうと、うん、とっても読みやすい。


最近は、ビジネス書であっても文章がビッチリ詰まっていることもなく、
適度に行間に余裕があるし、文体もウィットに富んで書かれているから、
これなら読み始めたら、トントンと読めてしまいそうだね!


まだ、中身を読むのは発売になってからだけど、
ペラペラと斜め読みさせていただいて一番に感じたのは、
「この人はホントにこの仕事が好きなんだな~」ってこと。


だからこそ思うんだけど、
この本は「理容師というこの仕事が好き!」という方に、ぜひ読んで欲しいな♪


なお、私がこの本をご案内すると、ご注文をくださる方が多いのですが、
こちらの書籍は一般向けの出版社の取扱いとなっておりますので、
お近くの書店でお求めになってくださいね ( ̄m ̄*)ププッ


--------------------------------------------------
あの小さなお店が儲かり続ける理由
出版社: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
ISBN-10: 4844373072
ISBN-13: 978-4844373070
価格:1449円
--------------------------------------------------




理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示