ブログ ストロボ撮影ワークショップへ参加 理容よもやま話
ストロボならコンパクトデジタルカメラにはほとんど付いているし、
デジタル一眼レフにも搭載されているものが多いけど、
これとは別に、カメラの上に乗せるように取り付けて使うのが「クリップオンストロボ」


記者会見の席上で、カメラマンの構えているカメラの上で、
「ピカッピカッ!」と光っているのがありますよね?あれがストロボ。


なんで、カメラに付いているのに、わざわざ別のものを乗せるのかというと、
内蔵型は簡易ストロボなので、光が3mくらいしか届かないという問題があることと、
もう一つは、内臓ストロボでは被写体の正面に光が当たるので、
立体感が表現しにくい写真になってしまうからなんですね!


ここで、クリップオンストロボを使って、様々なテクニックを駆使すれば、
まるで、冬の太陽、夏の太陽、朝の太陽、昼の太陽と言うように、
人口の光を好きな時間に、好きな向きで作り出すことが出来るんです。


でも、色々なことが出来るということは、それだけ難しいのも事実。
うちでもずいぶん前に買ってあったストロボだけど、
1年以上も使うこともなく、棚に置きっぱなしになっていたんですよね~


今回、自分のブツ撮りの師匠がストロボの使い方のワークショップを開くというので、
思い切って参加させていただきました。


実技の前に、しっかりとストロボのお勉強です。
ストロボ光の考え方からストロボの原理、シャッター速度と絞りの関係と設定、
光の作り方、光の種類などを頭に入れて、最後は各自のストロボの設定までを済ませ、
あとは、実際に色々な手法で撮影してみながら、背面液晶で出来栄えを確認していく。


う~ん、頭では分かったつもりになっているけど、やっぱり難しいね!


まだ、教わったことが頭の中で混乱している部分もあって、
充分にアウトプットすることは出来ないけど、
これからは、なるべくストロボを使っていくことで、練習していかないとな~


ワークショップ終了後は、会場をお借りした方のお宅にお呼ばれして、
反省会をしながら、素敵なお茶タイム♪


あまりに美味しそうに飾り付けられた可愛いお茶菓子などが出てくるから、
参加者の皆さんはカメラを持ち出してきて、写真を撮るのに忙しくなる(笑)


同じ趣味の人が、同じ目的に向かって勉強していくって面白いね!
理容師カフェも同じような感じなんだろうな~と改めて思ってみたりして。


ということで、ワークショップ中の写真はありませんが、
素敵なお茶タイムでいただいた、可愛いお菓子の数々、ご覧になってくださいね♪


20121209_1.jpg


20121209_2.jpg


20121209_3.jpg


20121209_4.jpg


20121209_5.jpg


20121209_6.jpg



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示