ブログ イギリス人ヘアーアーティストのスゴ技を堪能 理容よもやま話
ニチリスペシャルセミナー「本気の技を感じる」で招待されたのが、
イギリスで3回のバーバー・オブ・ザ・イヤーを受賞した、
ヘアーアーティスト「MK」氏。


MK氏は髪の毛にバリカンを入れ、絵画のような絵柄を作り上げるというアーティスト。
今回も、格闘家をモデルにして、いくつかの作品を紹介。


20121106_11.jpg


20121106_12.jpg


20121106_13.jpg


最初の方は、胴着のイメージからブルースリーの似顔絵を、
そして二番目の方は、レザーアート風の剃り込みを。
最後の人は、ボクサーパンツにプリントされたドラゴンをイメージに、
火を噴いているドラゴンが頭に書かれている…いや、髪の毛で表現している。


ここからは、その場で作品作りを見せてくれる。


20121106_14.jpg


20121106_15.jpg


バリカンで髪に線を入れながら絵を描いているようだけど、
会場のモニターを見ていると女性の横顔と遠くに見える風景っぽい雰囲気。


20121106_16.jpg


ここで髪の毛用のペンシル、マスカラを取り出して、髪に色を付け始める。
まつ毛用やアイライン用じゃなくて、髪の毛用なんていうのがあるんですね!


20121106_17.jpg


絵の部分がだいたい出来上がってきたところで、周りの髪の毛をカットして、
全体のシルエットを整えて行く。


20121106_18.jpg


ようやくカットが終了。ここまでかかった時間は1時間45分ほど。
最後にスタイリング剤のワックスを付けて仕上げて行く。


20121106_19.jpg


そして出来上がったヘアスタイルがこちら。


20121106_20.jpg


20121106_21.jpg


実際のお客様では、ご自身のサロンで2~3時間ほどをかけて作品を作り、
お客様に楽しんでいただいているのだとか。
料金は2万円から3万円で、絵の賞味期限は2週間ほどだとか (*≧m≦*)ププッ


日本でも、競技会とかコンテストと言われているものが多いけど、
その高度な技術を2万円とか3万円とかで商品として売れるって話は聞かないから、
技術がビジネスに直接結びついているという意味では、またすごいな~。


こちらのプロモーションビデオも、ぜひご覧になってくださいね!

MKヘアー・プロモーションビデオ



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
講習会 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示