ブログ 来年の手帳はモレスキンに決めた! 理容よもやま話
毎年、今の季節のお悩みが「来年の手帳をどうしようかな~?」ということ。
廻りの知り合いやお友達に聞いてみても、それこそ人それぞれで、
女性はスケジュール中心の可愛いデザインのだったり、
愛用者がどんどん増えていると言われている「ほぼ日手帳」が多いかな?


男性はと言うと、女性と違ってカバンを持たないでいることも多いから、
胸ポケットに入るくらいのスケジュール単機能のダイアリーだったり、
会議やミーティングでの記録のための大きめのノートブックタイプだったりと
これまた、その人の使い方に合わせて千差万別。


自分はというと、メーカーさんが年末にプレゼントしてくれる手帳の中で、
縦長の能率手帳を気に入っていて、ここ数年はそれをずっと使っていたんですね。


ただ、見開きで左ページが1週間のカレンダーになっていて、
右ページには罫線が引かれているメモ欄になっているタイプの手帳だけど、、
予定表としては使わないから、左右ページともすべて書き込みだらけ (*≧m≦*)ププッ


それじゃ、予定やスケジュールはどうしているかと言うと、
家や会社にいるときは、ブラウザで使えるGoogleカレンダーを使っていて、
出先では、iPhone用のスケジュールアプリ「Refils」を使うような感じ。


この二つのデータは、いつも自動で同期しているので、
会社のパソコンで予定を入れたものは、外にいる時にiPhoneで見ることが出来るし、
もちろん、家のパソコンからだって、同じものがブラウザで見られる。
出先で変更の連絡があってiPhone側で修正すれば、
パソコンでGoogleカレンダーを開いた時には同じように修正されている。


理容室さんの場合、壁のカレンダーに予定を書き込んでいる人も多いけど、
それはお店にいる時間がほとんどだから出来ることで、
自分のように、自宅と会社が別で、日中はほとんど外にいるなんて人は、
どこでも見られるようにしておかないと、ダブルブッキングしまくり(汗)


実際にはどんな感じに見えているのかと言うと、こんな感じ。


20121103_1.jpg


20121103_2.jpg


どちらも月間一覧の表示が見えているけど、
1週間単位の表示だったり、一日単位の表示への切り替えも簡単♪
この辺りはデジタルツールの便利なところですよね!


ということで、来年はダイアリー機能のない、純粋な手帳にしてみようと思い立ち、
選んだのがこちらの「Evernoteスマートノートブック by Moleskine」


20121103_3.jpg


自分は手帳はカバンの中に入れていて、いつもは持ち歩いてはいないから、
手帳に書き込んだ会議やミーティングの記録は、
手帳をスキャナーで読み込んで、EvernoteというiPhoneアプリに入れているんです。
こうすれば、出先でも車の中でも会議の記録を見直すことが出来るし、
何年分の手帳の記録を入れておいても、重くなることがない (σ´Д`)σ


もちろん、このEvernoteもウェブ上の手帳のような仕組みになっているから、
家からでも会社からでも見られるし、もちろんiPhoneやPadからでも見られる。
これがよく言われている「クラウド」活用の一つなんでしょうね~


ということで、話はあっちへ行ったりこっちへ行ったりしたけど、
来年の手帳はいろいろと悩んだ挙句、モレスキンのEvernoteバージョンに決定。


何でモレスキンなのか…


モレスキンは、ゴッホ、ピカソ、ヘミングウェイなどに愛されてきたという、
伝説的ノートブックの相続人なんだとか。。。


つまり、単に使ってみたかっただけかも(笑)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示