ブログ キッズシャンプー教室に興味あり? 理容よもやま話
FC2ブログ
いつものようにお取引サロンへ営業車で訪問をしているところに、
会社から問い合わせのメールが着信 (σ´Д`)σユーゴットメール!!


フェイスブックを見た方の知り合いと言う方からTELがありました。
屋号が○○○○○の○○○様でキッズシャンプーのポスターが発売されるとか
書かれていたそうで、非常に興味があるのでお聞きしたいそうです。
よもやま話などくまなく探したそうですが見当たらないそうです。
分かるようでしたらTELしてあげて下さい。0432-**-****



このキッズシャンプーのポスターと言うのは、
月曜日にメンズネイルセミナーを見に行った時に見せてもらったものだけど、
まだ、販売価格や政策がはっきりと決まっていなかったので、
Facebookに「こんなのが出るようですよ!」とお知らせ程度に載せたものなんです。


20121101_1.jpg


ご覧になっていただいて分るように、このポスターには下に空欄があって、
ここに、開催日や時間、会場名を書けるようになっているんですね!
つまり、このシャンプー教室と言うのは「誰かがやってくれる」ものではなく、
その地域の理容室さんご自身が、ご来店頂いているお客様であったり、
お知り合いの方や、お近くにお住まいの方などの中で、
お子さんのシャンプーでお悩みのある方に参加してもらおうという、
集合イベントのためのポスターなんですね。


昨年から開かれている理容師カフェもそんな感じじゃないですか?
特別な講師を外部から招くのではなくて、
同じ理美容師仲間の中で、お互いが講師になったり生徒になったりしながら、
交流を深め、そして、新しい横のつながりを作ってきましたよね!


これの個別理容サロン版?と考えてもらうと分りやすいかな?( ・ω・)モニュ?


地域の中で、町の人が求めていることを、自分が講師となって提供する。
それが今回は「キッズシャンプー教室」というものなんですが、
なんでキッズシャンプー?と思われるかも知れませんね?


実は、子供の頭が臭かったり、アタマジラミが出たりする悩みって意外と多いんです。


例えば、ドラッグストアで売られているシャンプーの多くは、
ヘアカラーやパーマをされて、ダメージのある女性の髪の毛向けだけど、
こうした女性の頭皮と、子供や男性の頭皮とでは、皮脂の分泌量が全然違います。


男性と女性では年齢にもよるけど、その差は、最大で2倍以上だとか ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


ということは、女性用シャンプーで優しくあらっていると、
取りきれなかった皮脂が頭皮に残り、これが頭の臭いの元になったり、
洗い方が十分でなかったために、アタマジラミが発生したりということに。


そうしたことを、お子さんのご両親にお伝えしてしていくことで、
地域の方々に役立つ情報を発信していくことが出来ると考えられますよね!


他にも、男性は40才くらいになると、髪が細くなってボリュームが出なくなり、
朝のセットやスタイリングに時間がかかったりするようになるけど、
こうした男性を対象にした「スタイリング教室」も人気がありそうですよね?
他にも、お顔のリフトアップのためのセルフフェイシャルならば、
女性コース、男性コースという区分けだって出来るし、
理容師さんが一番得意とする、シェービングのコツやケアの教室も良さそう♪


なお、こちら「キッズシャンプー教室」のポスターは、
額が付属せずにポスターのみ5枚セットで、価格は2000円弱になる予定だとか。
また、キッズシャンプー教室を自分で開きたいけど、知識の面で不安…という方のために、
理容師さんご自身が勉強する「キッズシャンプー教室を開くための講習会」も考えているようです。


正式発売は平成24年11月中と言うことなので、もう少々お待ちいただき、
詳しくは、日理製品取扱いディーラーにお問い合わせください。


<追記>

読者の方からご指摘をいただきました。
きちんとシャンプーをする事とアタマジラミの寄生は全く関係がなく、
シャンプーをしていれば、寄生しないような書き方は間違っているとのことなので、
お詫びして、訂正させていただきます。



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



新製品 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
キッズシャンプー教室。その前後
道具屋さん

コンニチハ。理美容経営企画室の関口です。

この取組み、私も興味深く感じております。

伝える順番、つまり顧客なのか見込み客なのか。

そして、その方法である各種販促物との連動。

さらには、最終的な着地点の設定と達成までの段取り。

まずは、この3方向から考えると「やって終わり」的な

パターンではなく、長期的な展開が望めると思います。

アロマショップ生活の樹を取材した際には

同様の取組みの効果について教えていただきました。

このキャンペーン、私なりに重要視しているのは

現段階では前述の3点となりますが、いかがでしょうか。


いかがでしょうか? と道具屋さんに聞かれても

困っちゃいますよね(笑)

疑問系で〆るのが、私の悪いクセかもね。

では失礼いたします。

いつも、貴重な情報発信をいただきAZS!(あざーっす)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
久しぶりに訪れたら......
理容よもやま話と理容経営企画室のコラボレーションで
とても充実した記事になっていますね~。
早速、夫婦2人サロンでどこまで出来るか。
自店では何が有効なのか、考えていきたいと思います。
為になるお話を、ありがとうございました。

No title
>理美容経営企画室 関口和彦さん

まずは、顧客へのえいこひいきが一番にならなければならないはずなのに、
思惑としては、子供を連れてくる母親へのお顔そりアプローチだったりと、
袂に隠す刃物がチラチラ見えてしまうのは、商売柄でしょうか(笑)
今後は、商材の販売にも関口氏がアドバイスを入れることによって、
商品がモノだけで終わらない展開もあるはずと考えてみたりして♪


>鍵コメさん

アタマジラミへのご指摘、ありがとうございます。
もちろん、シャンプーをきちんとすればアタマジラミにはならないとは言いません。
子供同士の頭を付けた接触の問題であったり、専用シャンプーであったりと、
対応はいくつもあるのは承知していますが、記事のテーマと離れすぎてしまうので、
今回はあえて、遠回しな表現で留めた次第です。


>笹原さん

今の時代、夫婦二人のサロンだから…ではなく、夫婦二人のサロンだからこそ!と
思うことが大切な時代に入ってきています。
関口氏がフリーになったことで、新たな動きも期待できますので、
これからの展開も楽しみにしていただければと思います♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示