ブログ 集客と失客のきっかけって何だ? 理容よもやま話
ここ1週間の間に、集客と失客について自分自身、感じることがあったので、
皆さんにご紹介しておきますね!


まずは、1週間ほど前の事…


それは、理容関係の仲間4人が集まっての飲み会での出来事。
地元の高円寺に新しい居酒屋が出来て、営業時間もちょっと変わっているし、
1時間740円と言う飲み放題も面白そうだったので、新規開拓でご入店♪


店頭でパンフレット配りをしてくれた女の子がおしぼりを持ってきてくれ、
そのままファーストオーダーを取ってくれて、かなりの好印象。
呼び込みは呼び込みだけ。店内は別のスタッフが…というのが多いけど、
きちんと席まで案内してくれて、オーダーまで取ってくれたのは嬉しかったな!


店内は、昭和40年代風のレトロ感たっぷりの内装。
ブリキの看板だったり、古めかしい映画のポスターなんかもいいな~
メニューはネーミングも工夫しているし、料理も手早く運ばれてくるし、
値段も手ごろだし、なかなかいいんじゃないの?というみんなの評価だったのに…


テーブルで割り勘の計算をしてお会計を済ませた後のこと。
領収書を3枚に分けて切ってもらうとスタッフに頼んでおいたら、
レジ裏でスタッフの小さな話し声「領収書を3枚に分けろってさ!ちっ!」…


これじゃもう二度と行くことはないよな~
と同時に、誰かに「今度出来たあの店知ってる?」って聞かれたときに、
今回の領収書の話をするだろうな。


失客は提供されるモノやサービスの品質と価格で決まるのではなく、
ちょっとした接客や人の気持ちで起きるってことだよね。
それも、今回のメンバーだけでなく、その友達と言う潜在客まで無くしたかも。


20121027_1.jpg
※画像は理容文化/加藤氏よりお借りしました。


そしてもう一つが新規集客とリピートについてなんだけど、
この月曜日、奈良県で行ったの理容師カフェのテーブルトークでの話。


新規のお客様が、ほとんど2回目の来店はしてくれるのに、
なぜか3回目の来店をしてくれず、そのまま失客になることが多いって。
どうして、2回目は来るんだろうな?
気に入らなかったら、2回目はなさそうなのに…


実は、今回の奈良での宿泊に、駅前のビジネスホテルを利用したんです。
このホテル、何も不満がなかったから、もし次に奈良に来るなら、
多分、同じホテルを利用しようと考えると思います。


だけど、もしその次は?特に理由はないけど、他に変えてみるかも知れない。
それは、不満があるから他のホテルに変えるのではなくて、
自分にとって、このホテルでなければいけない特別な理由が見つからないから。


ステップアップカードのような物質的なメリットもあるだろうけど、
それより、ホテルが自分のことを2回目も利用してくれたリピーターであるという、
お客様をわかってますよ!という接客をしてくれた方が、固定化するかも知れない。


つまり、失客ではなくて、固定化が出来なかったということなのかも。


今回の二つの出来事、理容の世界にも通じた部分、ありませんか?(笑)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示