ブログ プライアカール・アドールはお勧めかも!? 理容よもやま話
夕べは、代々木美容会館にあるルベルスタジオに出かけて行って、
営業全員で、新しいパーマ剤「プライアカール・アドール」の勉強会。
この商品、ついついコールドウェーブ剤とかパーマ液とか呼んでしまうけど、
厳密に言えば、医薬部外品扱いのコールドパーマ液ではなくて、
コスメタイプと言う化粧品扱いのカーリング剤。
ただ、この記事の中の説明では、皆さんに分りやすいように、
パーマ剤とか1液、2液という表現で説明して行きますね!


ここ数年以内に新しいコールドパーマ液に換えた方ならご存知だけど、
「もう3年以上同じものを使っているよ!」という方だったら、
「化粧品でパーマがかかるの?」とか「コスメ系って弱いんでしょ?」という、
以前のイメージのままの方がほとんどだと思うので、
今日はそのあたりがどのくらい進化してきているのかも
一緒に勉強してくださいね♪


コールドパーマの原理を一般の人にも分るくらい簡単に説明すると…
髪の毛の中には、シスチン結合というつながりがたくさんあって、
それを1剤という還元剤で切り離して髪の毛をクタクタにし、
ロッドと呼ばれる丸い棒に巻きつけたままの形になるように、
2剤という酸化剤で、シスチン結合を再結合するすること。
分りませんよね?(汗)でも、分らなくても大丈夫です♪


今回のプライアカール・アドール、シスチン結合を切るための還元剤として、
チオグリコール酸、システィーン、システアミン、チオグリセリンの、
4種類がバランスよく含まれているんですね!
数年前までのパーマ液だと、これがチオグリコール酸だけ、システィーンだけ、
または、その混合のものくらいしかなかったんです。
ここがこのカーリング剤の一番の特徴。


その結果、良くかかり、モチも良く、重さでダレルず、時間も早いというように、
とっても良いものに進化して来ています。
ただ、その分、作業手順も多少の変化があるので、ここを説明しますね!


まず、モデルは当社の営業さんの中で一番毛量があり硬い髪質の人。
以前ならば、ハードタイプのパーマ液を使う髪質ですね!
最初にプライアカール・アドール BASE を15cc塗布します。


20121010_1.jpg


このBASEは、髪の毛のコンディションを整えるもので、
傷んだ部分にはトリートメントが、そして傷んでない部分にはチオ剤が、
それぞれ配置されることによって、髪に均一なカールを表現する土台です。


20121010_2.jpg


続いてワインディング。巻いているうちに髪が乾燥してくるので、
ここではBASE剤を付け足すのではなく、水巻きの要領で水分を補給。


20121010_3.jpg


1液に相当する薬剤は3種類の強さのうち、一番ハードタイプのH1を使用。
立ち上がりの早い薬剤なので、まずは3分でテストカール。
まだ、ワンカールに少し足りない程度ですね!


20121010_4.jpg


ここでさらに5分放置して、トータル8分。
テストカールでワンカール+1/4くらいが出ていればOK。
ここで、一番残臭の元になるシステアミンという還元剤を流しておかないと、
あとから嫌な臭いが出てきてしまうので、しっかり中間水洗するのがポイント!
中間酸リンスやスポイト、スプレーヤーでの流しではまったく足りないのでダメですよ(笑)


20121010_5.jpg


続いて、2剤に相当するプライアカール・アドール 1/2で酸化処理。
今回の2剤は2段階になっていて、最初の1/2はアルカリブロム。
ゆっくりと、そしてしっかりと酸化させ、残留したシステアミンを押し出します。
こちらは10分+5分の二度づけしてくださいね♪


20121010_6.jpg


そしてロッドアウト。予想以上にしっかりカールが!


20121010_7.jpg


プレーンリンスのあと、2番目のプライアカール・アドール 2/2を5ccくらいかな?
添付のフォームメーカーに入れてプシュプシュと泡を手のひらに乗せ、
髪全体に広げ、まんべんなく馴染ませていく。
これはタイムを置く必要がないので、そのまま流してトリートメント。


20121010_8.jpg


で、タオルドライしたのがこちら。

20121010_9.jpg


お~っ、かなりかかってますね!ただ、手触りではダメージもないし、
硬毛の人がチオ系でパーマをかけたとき独特の、妙な硬さもないですね!
で、ドライヤーで軽く乾かした仕上げがこんな感じ。


20121010_10.jpg


今回、プライアカール・アドールを試してみての感想だけど、
まず、一番気になっていたシステアミンの臭いを作業中は感じないです。
もちろん、薬剤の臭いはあるけど、あのどうしようもなく臭い!というのが
キレイにカバーされている感じですね!


それから、ロッドに対して忠実なカールが表現できたことと、
髪の硬さを感じない、軽くて柔らかなカールというのも特徴的ですね~


以前に比べると、パーマをかけられるメンズ客は減っているけど、
この新しいカーリング剤を使って、新しいメニュー提案が出来ると、
また、新しい市場が出来そうな予感が (*´д`*)ハァハァ


それはまた、色々試してからご報告しますね♪


なお、プライアカール・アドールにつきましては、
お取引のルベル製品取扱いディーラーにお問い合わせください!



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
新製品 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示