ブログ 久しぶりに高円寺麦酒工房へ 理容よもやま話
地ビールと言うと観光地のもののように思われているけど、
高円寺でも自家製ビールが楽しめるお店が住宅地の中にポツンとあるので、
久しぶりにお出かけてきました。


ここ「高円寺麦酒工房」は一般住宅を改装した小さな地ビール屋さん。
平日は午後5時から、土、日、祝日は午後3時からと早い時間から営業しているので、
駅から家までの帰り道に、足を延ばして覗いてみるんだけど、いつも満員なんですよね~

自家製ビールの中生サイズが390~650円で飲めるから、人気になるのも当然か。
ここのところ、休日のたびに覗いていたけど、いつも満員。
今日はたまたまテーブルが空いていたので、即ご入店です♪


地ビールと言っても1種類だけではなくて、何種類かあるので、飲み比べもお楽しみ!
奥さんはフルーティな甘めのビールを選んでいるけど、
自分はいろいろな味が楽しみたいので、さっぱりしたものから飲み始める。


20121008_0.jpg


ビールジョッキには輪ゴムがかけられていて、誰が飲んだのかの目印になっている。
これは、コストを抑えるためのようで、一度使ったジョッキを洗って使うための、
お店側の目印とする工夫なんですね!


最初の一杯目はブロンド。
銅色で麦100%のビール。スロベニア産のホップを使ったこちらのビールは、
ややスパイシーな味わいがありながらも、飲み口が軽くスルスルと飲めてしまう。
おつまみはお気に入りのクルミとチーズのオリーブオイルあえ。


20121008_1.jpg


二杯目はベルジャンホワイト。
ベルギータイプの酵母を使ったというこちらのビールは、
スパイシーな中にも、フルーツのような甘さがあり、これも飲みやすい!


20121008_2.jpg


夕飯前に軽く飲むつもりで入ったのに、ついついおつまみも本格的に(汗)
こちらは厚切りベーコンの卓上焼き。


20121008_3.jpg


二杯で終わりにしようと思ったのに止まらず、三倍目に突入♪


20121008_4.jpg


シュバルツというローストした麦芽を使った黒ビールを頼もうと思ったけど、
ピルスナーと言う一般的なビールと混合も出来ると言われてハーフ&ハーフに!


ビールを3杯も飲んでお腹もいっぱい!
壁に置かれた漫画雑誌を読みながら過ごす時間も悪くないね♪


20121008_5.jpg


ここのお店、いつも混んでいるけど、どうしてかな~と改めて考えてみると、
住宅地で地ビールが飲めるという意外性、それも1種類でなく選べるということ。
そして、美味しいビールをなるべく安く飲んでもらいと願うオーナーの意向で、
オーダーはカウンターに注文に出向き、自分でテーブルに持ち帰るセルフサービス。
ジョッキは洗って繰り返し使うし、小皿やお箸、おしぼりなども自分で取ってくる。


こうした、ある意味「お店側の弱み」をお客様にはっきりと伝えることで、
お客さまも、お店のファンとしてお手伝いしているような気持になるのかも。
やっぱり、ご新規様 → お客様 → リピーター → ファン客というように、
繰り返しご来店されるお客様になっていただくことが一番ですね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示