ブログ 巾着田の曼珠沙華は見事! 理容よもやま話

巾着田の曼珠沙華は見事!

2012/10/07 Sun 19:00

毎年、お彼岸の季節になると話題になるのが、埼玉県日高市にある巾着田の曼珠沙華。
100万本とも言われていて、日本一の群生地だとか。


曼珠沙華は彼岸花とも呼ばれていて、9月下旬のお彼岸のころになると、
土手やお寺、お墓などでも見かける、妖しげで真っ赤はお花。
「彼岸花は毒がある」とか「彼岸花の下には死体が埋まっている」とか、
ちょっと怖い話と結び付けられることの多いけど、その妖艶な姿も関係あるのかな?


ここ数年は9月末から10/3くらいまでの1週間が満開の時期だったけど、
今年は残暑が長かったせいなのか、いつもより遅めになっているらしい。


20121007_1.jpg


巾着田の曼珠沙華は、早咲き地点、中間地点、遅咲き地点があると言われているけど、
今、満開になっているのは遅咲き地点で、他のものはすでに満開は過ぎている様子。
それでも、真っ赤な絨毯と呼ばれる姿は圧巻としか言いようがありませんね!


20121007_2.jpg


20121007_3.jpg


数年前に一度来たことがあるけど、ここまで花は多くなかったような記憶が。
というか、周りの人の話を聞いていると、今年は特に多いのだとか。
本当に、敷き詰めた…と言えるほどの密集具合。


花を撮るならお天気を期待したいところだったけど、
夕べから降り続く雨が上がらず、雨の中の撮影となってしまいました。
写真を始めたばかりのころは「せっかく来たいのに雨かよ~」なんて思ったけど、
その時に、ある写真家のブログでこんな言葉に出会ったんです。


「雨の日には雨の日にしか撮れない写真がある」


そうなんですね!写真を撮るなら天気の良い日にと思っていたけど、
確かに雨の日、雪の日、風の日、それぞれの姿がある。
そうして天候を受け入れるようになってから、自分の撮り方も変わったかな~?


20121007_4.jpg


こんな1枚も雨の中だからこその曼珠沙華。雫がキラキラしてキレイ!
あと数日は満開の姿も楽しめそうなので、お出かけになってみてはいかがでしょうか。


20121007_5.jpg


20121007_6.jpg


20121007_7.jpg


20121007_8.jpg



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示