ブログ 商品名と価格だけじゃ何も伝わらない 理容よもやま話
今日も東京地方は大変な暑さ!
気象庁の発表する最高気温って、実際どうなんだろうな?
今日も32度とか言っていたけど、アスファルトで地面から熱が反射し、
エアコンの室外機からは温風が噴出、自動車のエンジンもアチアチ。
そんな街中で測ったら、もっと高いんじゃないの? Σ(¬_¬;)


さてさて、あまりの暑さだから水分補給は欠かせない。
今日もコンビニに寄って飲み物を探そうと思ったら、
ミネラルウォーターだけが何種類も積まれた大型冷蔵庫を発見!


う~ん、色々な種類があるな~


コントレックスが147円、ヴォルビックが120円、何とかの天然水は105円、
いろはすもあるし、他にもまだまだ置いてある。
でも、結局買ったのはこちらの無名天然水88円。


20120801_1.jpg


コンビニで商品に表示されているのは、商品名と容量と価格。
そうなると、お客様が受け取る情報は中身が水であるということと価格だから、
当然のことながら、中身が一緒なら値段が安い方を選んでしまう。


ここで、なぜコントレックスが147円するのか、その価値を伝えれば、
お客様はそちらを選ぶ可能性も出てきて客単価もアップしますよね?
例えば、こんなPOPが添えられていたらどうでしょう?


「女性に大人気!ミネラル分が豊富なスリムウォーター 500ml 147円」
「保護された水源からのみ採水した赤ちゃんのミルクにも安心なお水 500ml 120円」



これを目にした人は、500mlで88円のお水が隣に置いてあっても、
もしかしたら、高い方を買っていくかも知れませんよね?
それが、価値を伝えるってことなんです (σ´Д`)σ


昨日の記事でも「伝えること」をテーマにしていたけど、
今日もこんなPOPを見かけました♪


20120801_2.jpg


このPOPが良くできているな~と感じるのは、
この「ひんやりシャツシャワー」をどんな場面で使ったらどうなれるのか、
そうしたシーンをイメージしやすい言葉を入れていることですよね!


満員電車も余裕!!
スポーツ前に!!
お風呂上りに!!
寝苦しい夜は枕やシーツにスプレー、子どもにも安眠!!
消臭効果も!!



使うシーンが自然と頭に思い浮かぶような言葉をPOPに入れることで、
お客様はもっと買いやすくなりますね♪


あと、決め手としては「節電」というキーワードもお勧めですよ♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示