ブログ 花嫁さん、その顔そり大丈夫? 理容よもやま話
たまたま、日曜日の社会面に大きく出ていた記事が目に飛び込んできた。
見出し文字にも「無資格のシェービング 肌腫れた」というショッキングな言葉が!


20120611_1.jpg


ここ数年、女性のお顔そりが増えてきていることは事実。
顔や首、背中、腕などのうぶ毛をそると、肌が白くなり美しく見えるので、
ブライダルシェービングを始めとして、普段のお手入れでも使われるようになりましたね~


もちろん、カミソリを肌に直接当てるという、非常に難しい技術だから、
誰にでも出来るというものではありません。
理容師と美容師と言う区別のつきにくい資格でも、大きく違うのがこの部分。


お顔そりは、理容師の国家資格を持った人が、
保健所によって衛生面で適法と認められた「理容室」でのみ行える技術。
それだけに、専門学校で2年間にわたり、学科、実技の練習を積み重ね、
その後に行われる国家試験に合格し、初めて施術できるようになっているんですね。


それなのに無資格の技術者がブライダルシェービングをしていたとは、
無免許でタクシーやバスを電車を運転して、
そこにお客様を乗せてお金をいただいているようなもんじゃないか ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


記事によれば、


東京下町の女性専門の理容店に、保健所が立ち入り検査に入った。
「理容師資格のない女性スタッフ3人が、シェービングをしている」との
情報が寄せられたためだ。
無資格者が顔そりをして、客の顔に傷がついたり、
結婚式を控えた、女性客の肌が赤く腫れて、
式が台無しになったとクレームを受けたこともある。



「女性専門の理容店」というのは、理容室と言う形で営業しているのではなく、
保健所において、理容室として開設届が出された「お顔そり専門店」のことなのかな?


それにしても、こんなことがあると、真面目に資格を取り、日頃からスキンケアを勉強し、
女性に喜んでもらえるようにしよう!と努力している理容サロンにまで
迷惑がかかってしまいますね!


確かに、額に入れた免許証を店内に掲示する…という今迄のシステムでは、
今の時代になじみにくく、実際には出していないという理容師さんも見かけるから、
この方法にも問題はあると思うけど、無資格者がシェービングするというのは、
ありえない話だと思うんだけどな。。。


真面目に取り組んでいる理容師さんは、これからどうすべきなんでしょう?
まずは、ホームページやブログ、チラシ、リーフレットなどで
女性のお顔そりの案内をする時には、
国家資格を持った理容師が、保健所によって認められた理容室で行う…ということを
1回だけではなく、繰り返し伝え続けていくことが大切だってことだと思うんです。


あとは、安心してお顔そりが受けられるお店が、消費者に分かるといいですね♪
これは「なでしこシェービング実施サロン」みたいな形で、
まとめていけるといいなぁ~


なお、こちらの記事は朝日新聞、2012年6月10日(日)の朝刊号に掲載されていましたが、
必ずしも、全国の朝日新聞に載っているわけではないようです。
東京地方で配られた「社会面の38面、14版」での記事と言うことなので、
その点だけ、ご留意いただけますよう、お願い申し上げます。



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
朝日新聞ニュースサイトで観ました。理容師不足からと書き出して有ったと思います。遂にやったか!と言った感じです。信用って一瞬で失いますよね><やはり不正を防ぎお客様に安心して頂くためには、保健所の指示通り「免許証を常に店内に掲示する…」か、理容組合連合会で発行した顏写真付きで免許証番号、所属組合が記載されている「名札」みたいなのを2年くらい前に作りましたが、これを下げて仕事するとか、これからは資格取得者で有る事をきちんと証明する事が必要になって来るのかもしれませんね。。。この事件をきっかけに保健所の立ち入り検査もより厳しくなる事も予想されますね。
No title
あら~~
残念ですね
お顔そりの需要があるのは私たちお顔そり大好き女性理容師にとっても嬉しいことなのですが
女性の大切なお肌をお金をいただいておきながら無資格でシェービングとかってあり得ない!!
わたしも
たくさん発信していかなければ!
道具屋さんのこちらの記事また抜粋して使わせていただいてよろしいでしょうか?

No title
>きむきむさん

今回のことは、今後大きな影響をもたらすと考えています。
そういう意味でも、業界内部からしっかりしていかないといけませんね。
何よりも「一生で一番きれいでいたい!」と願う女性をだますようなこと、
これはあってはいけませんよね。
No title
>harumiさん

確かに新聞で取り上げられるほどお顔そり人気が上がるのは嬉しいけど、
その反面、儲かれば何でもあり!ということも大きな問題でしょう。
この記事はもちろん転載していただいて構いませんので、
女性理容師の間にも広めていただければと思います。

管理者のみに表示