ブログ 理容師カフェ「算数の時間ですよ」に参加してみた 理容よもやま話
今回は理容師カフェの中でも珍しい数字に関してのセミナー。
その名も「算数の時間ですよ」というタイトルで、
理容サロンに必要な基礎の会計を勉強しようというテーマなんですね!


今回、理容師カフェの講師を務めていただいたのは、
古田土公認会計・税理士事務所の鈴木淳義さん。


ご実家が理容サロンなのに会計士を目指すことになったという、
一風変わったプロフィールを持つ方なんですね~
また、こちらの古田土公認会計・税理士事務所は理美容関係の顧客も多く、
現在では40社、100店舗ほどが顧問先だと言うから理美容には詳しいのかも。
と、思って久しぶりに鈴木さんに会ったら、なんとスキンヘッド (|| ゚Д゚)ガーン!!


20120423_2.jpg


さてさて、今回は会計の基礎と言うことで、B/SとP/Lのお話。
そして、今回の理容師カフェで使われたのがこちらのテキスト。


20120423_1.jpg


「理容師カフェの皆様を元気にする未来会計テキスト」っていいですね!
まずは、会計に馴染みのない方々へB/Sつまりはバランスシートを説明するため、
ホワイトボードに書いたのが先ほどの「おもちゃ箱」


バランスシートに見立てた表の左側に「どんな物があるのか」を書き、
右側に「それは誰のものなのか」を書き出していく。


モノにはそれぞれの価格・価値があり、それは人からもらったものなのか、
父親に買ってもらったものなのか、それとも自分のおこずかいで買ったものなのか、
それを順番に書き出していく。


モノ全部が「資本」、人からのモノは「負債」、自分のモノは「資産」。
それじゃ、これを理容サロンに当てはめて考えてみましょう。


現金や預金、椅子や前流しといった器具備品、内装全体などが資本、
仕入れた材料で支払いの済んでいない未払金、借入金などが負債、
そして、設立時の資本金が資産。


ここで鈴木先生が大切だよ!と言っていたのが、
「資産」というモノ全体の中で自分のモノと言える「資本」を増やすこと。
これは「つぶれにくい会社、存続できる会社」という考え方なんですね!


そして、ここからが未来会計図に書かれたP/L、損益計算書。


20120423_4.jpg


あっ、ここで出てくる用語はこちらを参考にしてくださいね。


20120423_3.jpg


ここで一般的な理容サロンの粗利益率は90~95%。
つまり、売上から材料費や商品代を引いた差額が占める率ってことで、
理美容、エステティック、リラクゼーションサロンなどがこんな感じかな?


これが物販業になると、仕入れは7掛けくらいだったりするから、
その場合の粗利益率は70%ということになります。
これはそれぞれの業種ごとに違うのでご自分に当てはめてくださいね。


そして、粗利益の内訳は、人件費、家賃、光熱費、通信費など、
売上が上がっても下がっても変化のない固定費と経常利益に分けれらます。


20120423_5.jpg


普通に考えると、売上高があって、粗利益がこれくらいで…となり、
結果として経常利益がいくら!という見方になることが多いけど、
今回は未来会計だから、自分が必要な利益を上げるためには、
いったいいくらの粗利益が必要になって、その粗利益を上げるには、
いくらの売上高が必要なのかを逆に出していくという仕組みなんですね!


で、ここで自分で計算してみたのがこんな絵。


20120423_7.jpg


売上高が100万円の理容サロンがあった場合、一般的な材料器具費は10万円。
すると、粗利益は90万円になる訳なんですが、
もし、人件費や家賃、通信費などの固定費が81万円だったとすると、
経常利益が9万円。


これをもし、利益を2倍の18万円にしたいと考えた場合に、
経常利益からすべての計算を逆算しイラストにまとめたのが下側の数字。


つまりは売上が10%伸びるならば、利益、つまりは貯金できるお金が2倍に(笑)
ねっ!会計って面白いでしょ?
それじゃ、今度は、売上を10%伸ばすためには客数は何人必要なのか?


10万円を客単価4,000円で割ると25人。
ということは、1日あたりもう一人ずつ多くのお客様に来ていただくか、
もしくは1日で合計4,000円のオプションメニューを買っていただくことで、
利益は2倍になっていくというのだから、何とかなりそうな気が? (*≧m≦*)ププッ


そのために必要となるのが、
女性のお顔そりや美容室メンズに対するシェービングメニューといった、
1日一人の新規客をお呼びするための集客ツールであったり、
1日4,000円のオプションメニューを買っていただくために、
ヘッドスパ、アイスパ、メンズエステなどの店内POPであったりなんですね♪


いかがでしょう?
ちょっと面倒にも思える会計だけど、過去をまとめるだけでなく、
未来の売上を作っていくための未来会計を取り入れることで、
皆さんがもうちょっと良くなっていけるのでは?


目標のないままの売上アップを求めるのではなく、
必要とする明確な利益のために、それを作り出すことのできる粗利益額、売上高を導き出すこと、
そして、それを実現するためには何をしていったら良いのか…ということを、
皆さんと一緒に考えて行きたいかな~って思ってます ( ・ω・)モニュ?


20120423_6.jpg



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
講習会 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
ありがとうございます。
そして、お疲れ様でした!
言葉は難しそうですが、良く判りました。
早速、数字を当てはめてみたいと思います。
No title
>髪処 ささはらさん

何となくでも伝わりましたか?
実際、ご夫婦サロンの場合、青色申告であることが多いので、
この考え方ではうまく行かない部分もあるのです。
でも、B/S(貸借対照表)とP/L(損益計算書)を提出すると、
青色申告特別控除も受けられるので、ぜひとも勉強してみてください。

管理者のみに表示