ブログ メンズシェービングが増えてきたのかな? 理容よもやま話
FC2ブログ
お取引先と話をしていると色々気づかされることが多いんです。
今日もこちらから話を振っている訳でもないのに、
「シェービングだけのお客様が増えているんだ」という話を
偶然にも2軒のお店から聞いてきたんですよ~


最初に話が出たお店は50代のご夫婦サロン。
駅前の商店街が切れ、商店が飛び飛びにあるような住宅地入口で、
最近になって、美容室に行っている男の子が顔そりに来るのだとか。


最近、顔そりだけしてくれってお客さんがいるんだよね。
話を聞いてみると、美容院でカットしているみたいなんだ。
顔そりだけでも2000円もらってるけど、いいのかな~?



そして、もう一軒は公団のそばにある親子サロン。
こちらは、60代後半のご夫婦と40代の息子さんのお店で、
やはり美容院に行っている男の子がシェービングだけで来店されるのだとか。


ここで大事なことは、どちらのお店でも、
単体のシェービングメニューや価格を店頭に表示していないのに、
初めてのお客様がシェービングのみという注文で来店されていること。
そして、美容院にカットに行っている男性であったという共通点。


ここから想像できることは・・・


美容室でカットするということは、おしゃれしたいという意識があって、
それは髪の毛だけでなく、髪の毛以上にお顔のお手入れにも興味がある。
だから、雑誌やインターネットなどを通じて理容室での顔そりを知り、
カットは美容室のままで、顔そりだけ理容室に来るようになったということ。


一般的に、美容室でのカットと言うと、
カット+シャンプー+ブローで、4,000~5,000円くらいが多いのかな?
ここにパーマやカラーをすればもっと上がっていくわけで、
そのくらいの金額を髪に投資する男性にとってみれば、
シェービングと言うかお顔のお手入れに2,000~3,000円を使うのは、
それほど高いという印象がないのかも知れませんね!


ということで、色々と考えてみると、


美容室に行っている男性は、理容室でひげを剃って欲しいのではない。
ヒゲ剃りを含めたトータルなお顔のお手入れをすることで、
お肌のケアをして、自分をもっと磨きたい…と思っているのでは?ということ。


そうであれば、こうした男性をお迎えするため必要なのは、
ただのシェービングと言うメニューだけではなくて、
男性を引き立てるメニューである「まゆデザインカット」であったり、
お顔のお手入れをするクラシエのマイルドシェービングなどを
選べるようなコース設定をして、それを店頭で告知することですよね♪


例えば


20120404_3.jpg


~メンズシェービング~

【お試しコース】
シェービング→化粧水→保湿ミルク(15分) 1,500円

【まゆカットコース】
まゆデザインカット→シェービング→化粧水→保湿ミルク(20分) 2,000円


【マイルドシェービングコース(まゆデザインカット付)】
まゆデザインカット→クレンジングマッサージでお肌でケア→シェービング→ローションマスクで保湿
→保湿ミルク(30分) 3,000円



みたいに3コースくらいの中から選べるようになっているメニューを作り、
店頭に置いたA型看板に手書きするなんて言うのも良い方法かも。


いずれにしても、せっかく価値のあるメニューが理容サロンにあっても、
それが、外から見て分るようになっているのか、そうでないのかで、
お客様のお店選びも変わってきますよね!


価値は伝えることで初めて意味を持ちます。
伝えていない価値は、存在しないのと一緒です。
ぜひ、お客様に伝わる方法を一緒に考えてみましょうね!



Facebookの「いいね♪」ボタンのつもりで応援クリックを♪ → banner_12.gif


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示