ブログ 宮城県は鳴子温泉のホテルへ 理容よもやま話
FC2ブログ
東日本大震災から1年。
生きていること、仕事ができるということ​、不自由なく食べることが出来ること、
自分のためではなく、人の​ために尽くすということ、etc...
色々なことを考えさせられる日々でした​。


理容業界は、決して楽観できる状況ではないけど、
家を失い、避​難所や仮設住宅で暮らし、失業保険が切れるころになっても、
仕事が見つからない方々がたくさんいらっしゃることを思えば、
どんなに​恵まれているんだろう…と改めて思います。

自分は、被災地へ出か​けてボランティアをすることはできなかったけど、
東北の地に旅行​し、観光し、食事をし、泊り、お土産をを買って、
地域の消費をお手​伝いすることはできるんじゃないかな?と思い、
ちょうど1年目に、東北の温泉へ出かけて来ることにしました。


今回、行ってみようと思ったのは鳴子温泉。
ここは、宮城県と山形県の県境に近い、山深いところにあるひなびた温泉街。
大震災の影響で、ほとんどのホテルが集客を大きく落としていたころに、
いち早く立ち直り、前年度以上の集客をしていると見たのが半年ほど前の新聞。
それを見て、記事を書いていましたね。


宮城のホテル 再生のカギは個人客


ということで、東京から行くにはかなり遠い温泉地ではあるけど、
新幹線で仙台の先、古川まで行き、そこからは1時間に1本のローカル線を使って、
鳴子温泉までお出かけしてきました。


駅に着いたのは、お昼もやや過ぎたころ。
駅前はひなびたというかさびれた古い温泉街という雰囲気で、
しんしんと降り続く雪のせいもあるのか、歩く人もほとんど見かけないほど。
まずは、お昼を済ませようと入ったお蕎麦屋さん。


20120311_01.jpg


一番のおススメと書いてあった「山菜きのこそば、」美味でした♪
思わず、おつゆを飲みきってしまいたくなるほどっていえばわかるかな?


今回のお宿は、新聞に出ていた鳴子ホテル。
旅行会社による団体客の集客を少しずつ減らしていって、
リピーターの個人客重視に切り替えていると言うけれど、確かに観光バスが少ない。


20120311_02.jpg


今回は、お部屋に足湯が付いている一番上のクラスを予約。
部屋で足湯と言ったら、やっぱり日本酒だよね (*≧m≦*)ププッ


20120311_03.jpg


鳴子はこけしで有名な町なんですね!ホテルの通路にもこけしがいっぱい。


20120311_04.jpg


20120311_05.jpg


20120311_06.jpg


ここにも、こけしが? ( ・ω・)モニュ?


20120311_07.jpg


東北限定の缶ビールで雪見酒…ほぼ酒漬けの日々(汗)


20120311_08.jpg


日が落ちてくると、町は青く色づき、足湯も幻想的な色に。
う~ん、ホテルのパンフレットに使いたくなるくらいの出来栄え (*≧m≦*)ププッ


20120311_09.jpg


20120311_10.jpg


20120311_11.jpg


20120311_12.jpg


ホテルの中を探索すると、古いこけしが飾られている。


20120311_13.jpg


20120311_14.jpg


20120311_15.jpg


お酒の飲みすぎもあって、午後8時には爆睡… (つ∀-)オヤスミー


目が覚めると、山を照らす朝日がまぶしい。


20120312_16.jpg


でも、この後、大雪になってしまってそれはもうすごくて、
東京じゃ、こんな雪は見たことがない!ってくらい。


今回の目的のもう一つが仙台の牛タン!
ぜひとも本場の牛タンを食べてみたい!ということで、
ネットで調べたお店で30分ほど並んで食べてみた。


う、うまい!これは激うま!東京のね○しとは全然ちがうじゃないか (σ´Д`)σ


20120312_17.jpg


炭焼きにした厚切りの牛タンは、しっとりとして柔らかく、
とろろをかけた麦ごはんがガンガン進むし、テールスープも美味しい!
こんなに美味しいのは初めてだな~
これは、ぜひ皆さんに味わってほしいな~


牛タン炭焼き 利休


東北の復興はようやく始まったばかり、これからも応援し続けたいね!


20120312_18.jpg



いいね!って思ったら、応援クリックを♪ → banner_12.gif


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



日々のこと | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
ありがとうございます。
道具屋さん、本当にありがとうございます。

東北に足を運んでいただき嬉しいです。

なにより、いやらしい話かもしれませんが観光でも何でも、お金が動くことが助かります・・

本当にありがとうございます
No title
道具屋さん、こんにちわ~

またまたご無沙汰しちゃってました(苦笑

いや~素敵な町ですね。
雪夜の青い風景って、雪国特有の色だなと感じました。

【がんばろう東北!がんばろうオレ】の言葉が
ストンと自分の心に落ちてきたように思います。

それにしても・・・・牛タン!
すっごーーーく美味しそうですね!
やっぱり本場。。。ですね~~♪

No title
>H3さん

その気持ち、よくわかります。
ボランティアは確かに大切なことではあるけれど、
長い期間の中には、だんだんと数も減ってきているといわれています。
そうした中、これからの復興に必要なのは、経済を動かすことだと思うんです。
それは、観光だったり買い物だったりという普通のこと。
多くの方が東北に足を向けることが大切なんだろうなって思います。


>心愛@支社さん

ご無沙汰ですけど、ブログはいつも拝見していますよ♪
雪はカメラ用語の中では色温度が高いって表現するんだけど、
青みがかって写るものなんです。反対がろうそくで赤っぽいでしょ?
この色って東京の人には分かりにくいですよね~
でも、足湯の写真を見ると分かるけど、
ランプの当たる足湯は赤っぽいのに、外の雪景色は青いという不思議。
とってもきれいですよね!これ自分でもお気に入りです(笑)
No title
鳴子
行きたい~~(笑)
長旅お疲れ様でした~
「こけし」って結構最近まで全国どこにでもあるものだと思ってました【東北限定なんですよね~】
No title
>harumiさん

こけしは東北地方でも北の方ですよね!
福島だとチャグチャグ馬っこだったりするし(笑)
とっても素敵な温泉でした。遠いけど、また行きたいな~

管理者のみに表示