ブログ 理楽TIMES 11月号が届いた! 理容よもやま話
FC2ブログ

理楽TIMES 11月号が届いた!

2011/11/08 Tue 19:00

以前も記事にしたけれど、新聞がようやく届いたので改めてお知らせです♪


全理連の全国理事長会議の席上で、佐賀県理容組合の野田理事長が、
組合で制作した「なでしこシェービング」ののぼり旗を見せながら、
佐賀県としての取り組みについてお話しされたそうで、
その様子が、理楽TIMESの一面に大々的に載ってますね~ (σ´Д`)σ


20111108_1.jpg


でも、この記事だと「なでしこシェービング」は佐賀県理容組合が発案っぽい?
う~ん、発表する人の気持ちと、記事を書く人の受け取り方に差があると、
こんな風に取られてしまうこともあるんだろうな~


野田理事長からは、佐賀県南支部の☆ちい☆さんこと、山田さんを通じて、
「のぼり旗の発表をするので大和理器さんによろしく」と言付かっていたから、
そうした内容で発表はされたとは思うけれど、ちょっと残念 Σ(¬_¬;)


ま、大事なのは「誰が発案したか?」ではなくて「どう広めて行くのか?」
「俺が言いだしっぺ!」とか言っていても、消費者に受け入れられなければ、
それはただの自己主張だし、あんまり意味はないことですよね!


「ヘッドスパ」という言葉だって、そうでしょ?
タカラベルモントの一社員が使い始めた言葉が一人歩きして広まったものだし、
「デジタルパーマ」だって、大広製作所の発案ですよね?
それが、独り歩きして、デジタルパーマと言うブランドになった。
「なでしこシェービング」だって、そうして世の中に広まって行けばいいな!


なお、なでしこシェービング公式サイトはこちらです♪

女性のお顔そりは「なでしこシェービング」



いいね!って思ったら、応援クリックを♪ → banner_12.gif


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



日々のこと | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
No title
業界の新聞にとりあげられると、
他県の腰の重い上層部にもアピールできて大変良いこととおもいます。
ですが、このまんまよむと、成り立ちの部分がばっさりされて、本来のなでしこシェービングのルーツが書き換えられそうな感じですね~。
ずーっと一般女性に理容店でのお顔そりの啓蒙活動をしてくださっている道具屋さんの想いとかが、少しでも伝わって欲しいと思います。
紙面のスペースが足りないのかもしれないけど、配慮があったら良かったと思います。
No title
>けろ。さん

どんなにインターネットが便利に使えるようになっても、
業界新聞からの情報に頼っている方も多いですから、
そうした意味でも、なでしこシェービングが知られるのは良いことです。
ただ、なぜ今、この時代に「なでしこシェービング」なのか?
「なでしこシェービング」の定義づけはどうなっているかなど、
根底にある一番大切な部分が伝えられずに、現象だけで伝わるのはどうなんだろう。

なでしこシェービングに興味を持ってくださった方の多くが、
インターネットで検索してみるだろうから、
最後は「なでしこシェービング公式サイト」へ来てくれて、
その意味を理解してくれるとは期待しているんですけどね~
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示