ブログ 新鮮さと言うこと 理容よもやま話

新鮮さと言うこと

2006/05/16 Tue 16:38

道具屋も自分でブログを書きながら、また読ませてもいただいているのですが
そんな中にご夫婦のあり方を真剣に考えている方がいらっしゃいます。
先日も「夫婦といえども新鮮さを忘れないように」という話があり
思わず ウンウン ヽ(´ー`ヽ)ヽ(´ー`)ノ と納得していました。

こんな考え方ってどうですか?

「ご夫婦」と「いつもご来店いただいているお馴染みのお客様とお店」の関係

そのブログによると、ご夫婦の間でも「いつもと変わらない」ことが続くと
ご主人が奥さんに対して興味も関心も持たなくなってきてしまう。
だから、いつも奥さんの側から求めてしまうけど、もっと興味を持って欲しい・・・
という話なんですよね。

実際にはもっとエロっぽく書かれていましたが ププーッ(≧Σ≦*)ノ_彡☆

これってお店とお客様の関係も同じじゃないのかな?


続きに行く前にランキング応援してくれます?
↓ ( ゚∀゚)σ ポチッ!×2お願い♪ ↓
人気blogランキング  FC2 Blog★Ranking

:*:・。,☆゚'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゚'☆,。・:*::*:・。,☆゚'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ


家から比較的近いからその店を利用し、椅子に座ると店主が一言。

いつもと同じでいいですか? ~~-y(・ε・`。) フー

これって、そのお客様は必ず来てくれるものだと思っているから
そんな言葉になるんじゃないか?って思うんです。

ヘアスタイルを少し変えてみたいなぁ・・・なんて思っていても
こんな風に聞かれたら「はい・・・」って答えちゃいますよね (*≧m≦*)ププッ

このお客様はわざわざ来てくれているんだ・・・
だから、精一杯、満足して帰っていただこうと考えたらどうなります?
きっと言葉の出し方も変わると思いますよ。

お客様に興味を持ち、髪の毛に対してはどうしたいと思っているのか、
何か悩みがないのかをうまく引き出してあげ、
プロのアドバイスをしてあげるくらいの努力は必要ですよね。

昔のように、どこの理容室に行っても定休日も営業時間も同じ、
メニューも似たり寄ったり、料金もほとんど同じくらいと言う時代は終わって
お店の個性を自由に表現できるわけですから
お客様に選んでもらう努力をしないと他のお店へ行ってしまいます。

さて、先ほどの奥さん、どんな努力をしたかというと・・・
旦那さんが怒らない程度の秘密めいた言葉を使ったり
男ならドキッとするような服を着て写メールを送ったりしたそうです (* ̄m ̄)プッ

奥さんが変わると旦那さんだって「何かあったのかな?」と思うし
「浮気されたくないな」と思えば奥さんに興味も持ちますよね。

お店にしても、お客様が他の店に浮気をしてからじゃ手遅れになるので
お客様が興味を持つような新鮮さを忘れないようにしたいですね。

あっ、平均の来店周期は2ヶ月ですから、そのくらいの間隔で
ポスターやPOPを張り替えたり、お勧めメニューの作り直したりすると
お客様も新鮮さを感じてくれますよ~ d( ̄  ̄)オケッ!


日々のこと | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
゚.+:。(*-ω-)(-ω-*)゚.+:。ウンウン

やっぱりそういう努力たいせつだよね。
もちろん、仕事も夫婦も。

うに夫婦もそういう気持ち大切にしていかなきゃあな♪
と思いながら読ませていただきました~~♪
ウンウン、なるほど。新鮮さって大事ですよね。
ヤバイ・・・うちは完全に馴染んじゃって、努力してないなぁ~。
お店の方はそれなりに努力してるつもりですけどね。。。
もうすぐダーリンが帰宅するので、いつもと違う格好で迎えてみようかと思います( *´艸`)ムププ
>「夫婦といえども新鮮さを忘れないように
そうですねぇ~  大事な事かも・・・
うちの旦那とはもうお互い空気や水のような存在です。
いて当然、でもいなくなると絶対困る
だからトキメキなんて全くなし   
いかんいかん もっと色っぽくせにゃ~
(*ノ▽ノ)イヤンこのエロ主婦は
もしかして・・・・アタシσ(゜-^*)の事かな??
('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン
私も、夫との関係ももちろんですが、お客様に対してはいつも、新鮮な気持ちで接客するようにこころがけてますよ♪
うちは、エステなので、毎日身体は変わっていくので、いち早くそれを察知してお客様にお伝えするようにしています。
自分に興味を持ってもらっているという意識付けは御自身に興味を持っていただくのに最速の道なので、結果どんどん綺麗になっていただいていると思ってますヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
それにこの人なら分かってくれるという安心感も持っていただけますしね♪
あの記事でこんな風に感じて下さったなんてものすごく嬉しいです!!!ありがとうございました!!!!(* ̄◎ ̄*)ぶっっちゅうううん♪
僕はなるべく「今日はどういたしますか?」と聞くようにしています。
でも床屋だとあまりスタイルを変える人が少ないというのが現状ですね。
でもそこで提案するのが僕らの仕事なんですよね。
>うにさん

当たり前だから気づかなくなることも多いんですね。
道具屋も皆さんのブログを読みながら勉強中です (^-^;)ゞポリポリ

>葵さん

え~、葵さんはまだ新婚さんみたいなものでしょ~(笑)
ところでどんな格好でお迎えしました?
もしかして・・・裸エプロン? ププーッ(≧Σ≦)ノ_彡☆バンバン!

>レオママさん

お互いに空気か水のような存在の夫婦って多いんでしょうね。
大切だとは分かっていても、絶対に無くなることはないと信じてるし(爆)
レオママさんなら熟女の魅力でも発揮して・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

>きゅーさん

分かっちゃいました? ヾ(;´▽`A``アセアセ
本当は文中リンクかトラックバックと思ったんですが
失礼になったらいけないと思って遠慮しちゃいました。
お客様の変化を気づいてあげることはホントに大切です。
気づくと言うことは自分に関心を持っているということですから
相手ももちろん喜んでくれますよね。
夫婦でもこれと同じくらいに気づきあえたらもっと変われるんでしょうね。
こちらこそ、色々と気づかせてくれてありがとうございました (´ε` )

>INAさん

うんうん、確かにヘアスタイルを変える人は少ないと思います。
でも、10人のうち9人が「いつもと同じで」と言っても
より似合うスタイル、お洒落なスタイルを提案してもらいたいと
思っている人が1人でもいるならば声かけを忘れないようにしたいものです。
逆に言えば、イメージチェンジを望んでいる人は
それを提案してくれるお店に移ってしまっているとも言えるんですよ・・・
怖いですね~ ( ̄ェ ̄lll)

管理者のみに表示