ブログ 当たり前とありがとう 理容よもやま話

当たり前とありがとう

2011/10/21 Fri 09:28

ディーラーとサロンと言う関係は、一対一ではない場合が多く、
一軒のサロンに、何軒かのディーラーが出入りして、競合することもあるんです。


お互いに取扱いのない商品をお勧めしている時には関係ないけど、
時には、同じ新製品や同じ商品企画を、同じ時期にお勧めしあうこともある。


そんな時に、どちらでその商品を買うかを決めるのはお客様。
普段ならば、A社から買っている商品であっても、
B社が「今ならこんなサービスが付くんですよ!」とかの話を持ってくれば、
そちらで買ってしまうこともあるでしょ?
で、あとからそのことを知ったA社の担当さんが不満を言う。


あそこは、うちの客なのに・・・


理容サロンでも同じような話を聞くことがありますせんか? (σ´Д`)σ


どこのお店で買うのか、どこのお店で髪を切るのかはお客様が決めています。
いつも買ってくれるから、いつも来てくれるから…というのは、
今まで、たまたまだったのかも知れません。 ヾ(;´▽`A``アセアセ


いつも買っていただけること、いつも来ていただけること、
それは、とても「ありがたいこと」、当たり前じゃないんです。


いつも新鮮な「ありがとう」の気持ちを忘れないようにしたいですね!


そして「ありがとう」は、先出しが鉄則です。
情報は発信するところに集まるものです。だからこその先出し。
ブログやホームページなどで自分のことや自分の扱う商品を紹介してもらいたいと思うなら、
日ごろから、自分の気に入った商品やお友達ブログを紹介してあげましょう!


「ありがとう」を先出ししてるところに「ありがとう」は帰ってきます。
「当たり前」と思っているところには、何も帰ってきませんよ (σ´Д`)σ



いいね!って思ったら、応援クリックを♪ → banner_12.gif


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
何だか・・それって私のコト??って

思ってしまうくらい今・・反省しちゃいました。

理容師になりたての頃の"ありがとうございます "

をすっかり忘れていたかも・・・

お客様に慣れ過ぎちゃってるのかもしれません。

初心忘るべからず・・でまた頑張りますッ!!



No title
>吉野 女房さん

いえいえ、誰とかじゃないですって(笑)
誰でも、最初は「ありがとう」って思えていたものが、
いつの間にか「当たり前」「当然」と感じてしまい、
逆に、してくれないことが不満になってしまうものなんです。
ま、自分に向けての気持ちの引き締めってことですかね♪

管理者のみに表示