ブログ リッツカールトンホテルで感動の接客 理容よもやま話
大阪で開かれた理美容商社の代理店総会。
長時間の会議も終わり、この後はお楽しみのコミュニケーションパーティー。
挨拶から乾杯と続き、美味しいお料理とお酒が楽しみだね♪


最初はデザートのような容器に盛られた前菜。
ホタテ貝のマスカルポーネソース?
聞き慣れない名前だけど、生のホタテ貝にサワーソースがかかったような
爽やかで口当たりのさっぱりしたお料理。


うん、美味しい!


続いて出来たのは、鮑と夏野菜、レンズ豆のティンパル仕立て はしばみの香り?(汗)


まったく、舌を噛みそうな名前だけど、これも美味しい!
鮑が柔らかいし、上品な味付けだな~ ウン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ウン


丸テーブルを囲んで和気あいあいと会話を楽しみながらお酒も進む。
と、ここで配膳する女性スタッフに連れられた一人の女性が。
キリッとしたビジネススーツに身を包んだコンシェルジュのような女性が、
テーブルの向かいに座っている男性の右後ろから声をかける。


お客様、お料理がお口に合わないでしょうか?
先ほどからのお料理にほとんどお手を付けていらっしゃらないもので。



なるほど!配膳の女性が料理に手を付けてくれないお客様がいるということを、
ホテルスタッフに報告しての対応なんだね!


いや、自分は好き嫌いが多くて、苦手なのがあったんで食べなかっただけだよ。
気にしないで♪



と、流ちょうな福島弁で答えている (*≧m≦*)ププッ
ここで、今まで緊張していた面持ちの女性がニコッと笑い、メニューを手に取る。


20110913_1.jpg


お客様、どんなお料理が苦手でいらっしゃいますか?


自分、貝類が苦手なんだよね~


この後のお料理の中で、ウニのソースを使ったものがありますが、
ウニは大丈夫ですか?



いや、ウニもダメだな グサッw( ̄Д ̄;)w


それでは、シェフに話して、お客様のソースは別のものでご用意しますね♪


えっ?団体のパーティーなのに、お一人のソースだけ変えるの? ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


好きでないから残す…というのは当たり前だと思うけど、
お客様が美味しく召し上がられるようにとの思いから、
200人分の料理の中の一つだけを、特別に変えるなんてことまでするんですね!


そして、これは、お客様カルテの中に「貝類が苦手」と記録されるんだろうな。
これが最高のおもてなしと言われるリッツカールトンホテルのサービスなのかぁ~


配膳係の的確な報告、コンシェルジュの料理内容を理解し、機転の利いた対応、
即座に別のソースで提供できるシェフの技術力。
すべてが完璧に組み合わされて、おもてなしとして提供されているんですね!


理容室の皆さん、こうしたサービスはいかがですか?



いいね!って思ったら、応援クリックを♪ → banner_12.gif


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
羨ましいっ!!
素晴らしいですね!!
さすが噂通りのリッツカールトン!!

僕も一度でいいから、その接客を受けてみたいです。
学ぶ事が沢山ありそう。
No title
>CREW.江原悟さん

ぜひ、ご家族でホテルを利用してみてください!
団体よりも、個人での理容の方が数倍、味わえると思いますよ♪

管理者のみに表示