ブログ あだ名の名札で親密感アップ! 理容よもやま話
朝食を取りながら、見るでもなくテレビを眺めていると、
居酒屋のスタッフが名札に苗字ではなく「あだ名」を書くことで、
来店客との親密感を大きく高めている?なんて話題が。


女子会で盛り上がる数人の女性が「バタ子さ~ん!」って大声で呼ぶと、
ホールの方から「ハイっ!」と元気な声が返ってスタッフが飛んでくる。


なるほどね~、居酒屋での注文は誰にでも出来るけど、
こうして親しく話せれば、初対面でもおすすめメニューとか話せるし、
お店的にはプラスじゃないのかな~?


そういえば、娘の働く居酒屋に飲みに行った時も、名札はこんなだったっけ。
やっぱり「あだ名」と「一言メッセージ」


20110828_7.jpg


他にも、出身地とか趣味とかが書いてあると、
同じ出身地や、同じ趣味の人が親しげに話しかけてくれそうだし、
これは理美容室でも良い方法じゃないのかな~


これはスタッフがいるお店だけじゃなくて、ご夫婦サロンや、
極端に言えば、お一人で営業されているお店でも使える方法ですよね!


そうそう!


このブログを書き始めたころに、理容サロンでの会話を書いた時のこと、
床屋さんでは、店主さんを「マスター」って呼ぶことが多いんだけど、
一般の方から「へ~、マスターって呼ぶんですか!」って驚かれたっけ。
まるで、カウンターバーか喫茶店みたいだって (*≧m≦*)ププッ


こんな風に、床屋さんは「マスター」、美容室は「先生」が多くて、
床屋さんに化粧品を収めている人は「道具屋さん」、
美容室だと「材料屋さん」って言い方をしていたかな~


ま、そんなところから、ハンドル名の「道具屋」って付いたんですけど、
皆さん、ご存知でした? (σ´Д`)σ



いいね!って思ったら、応援クリックを♪ → banner_12.gif


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)

日々のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
面白いアイデアですね~~♪
親近感が持てるし、何だか話がしやすい雰囲気が作れそうですね。
道具屋さんは、美容室では材料屋さんって呼ぶんですね。
知らなかったです~。。
No title
>esute_aromaさん

親密感を短時間で作り上げる、簡単で効果的な方法ですね!
美容にお知り合いがいたら「材料屋さんどこ?」って聞かないと、
話は通じないので、ぜひ試してみてくださいね♪

管理者のみに表示