ブログ リピートしたくなるメニューって何だ? 理容よもやま話
FC2ブログ
この休日の間に利用した日帰り温泉でのこと。
こうした施設での楽しみと言えば、天然温泉はもちろんのこと、
食事とリラクゼーションメニューがキーポイント!


今回、選んでみたのは、奥さんがフットケアで自分がヘッドヒーリング。


2011081_1.jpg


さすがにこういう施設だから「マッサージ」という言葉は使っていませんね。
以前にも記事にしたことがあるけど、こんなの覚えてますか?
マッサージという言葉は、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師という、
国家資格を持った人しか使ってはいけない…ということ。


「ヘッドマッサージ」「リンパマッサージ」みたいな言い方なら
問題ないのでは?という事を言う人もいるけど、厳密に言えばアウト (||||Д`)ァゥッ!


ま、個人店の場合はあまり指摘を受けることがないから使っているけど、
大手であったり、チェーン店だと、まず使えないと思った方が確実なんです。


話は戻って、今回、ヘッドヒーリングを受けてみての感想です。


良かったのは、施術が始まる時に、きちんと言葉での案内があったこと。


これより「ヘッドヒーリング20分コース」を始めます。
それでは、よろしくお願いいたします。
なお、力加減などはご遠慮なくお申し付けください。



これは、理容サロンでも使った方が良いんじゃないかな~?
通常のカットにオプションとして加える場合が多いのだろうから、
どこから、そのメニューに切り替わるのかをしっかりと伝えることで、
そのメニューがよりしっかりしたものに感じるみたい。ウン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ウン


反対にどうなのかな?と思ったのは、2000円という価格に対しての満足度。
理容サロンだと、アーユルヴェーダのシローアヴィヤンガであったり、
育毛にもつながるデトックススパ、ヘッドスパなどのメニューがあるけど、
こうしたものと比べると、気持ち良さが足りない感じ。


何が足りないんだろう?と終わってから考えてみたんだけど、
それは、乾燥した状態での施術と、ウェットな状態での施術の違いによる、
指先でツボ押しする時の、じんわりとした力の入れ加減であったり、
オイルやスパクリームが付いた頭皮を指が移動する時のスムースさなのかも。


ちょっと考えてみてくださいね。
もし、ふくらはぎを自分の両手でマッサージしたいと思った時に、
何も付けない乾燥した状態と、マッサージ用オイルを塗って行うのを
頭の中でイメージしても、それだけでも違いませんか?
もしかしたら、そんな小さなことだったのかも知れませんね!


で、最後にこのメニューでリピートしたいと思うかどうか。
今回のメニューは残念ながら、もう一度やってみたいとは思えなかったから、
次に来ることがあったら、フットケアを選ぶと思う (*≧m≦*)ププッ


理容サロンのメニューでも同じ事が言えると思うんです。
新しいメニューであったりお勧めしていることをお客様に伝えれば、
興味もあるし、一度はやってみようかな?と思ってはくれるけど、
実際に施術を受けて、表示の金額を支払った時に、評価が決まります。


この時に「価値>価格」であれば、リピートする可能性はあるし、
逆に「価値=<価格」であれば、二度目はないかも知れませんよね。
やはり大切なのは、価格同等ではなく、価格より上のサービスであったと受け止めてもらえること。
その辺りがお客様心理として大切なんだろうな~と改めて思ったところです(笑)


この記事を書きながら、ふとアクセスカウンターを見たら、
どうやら、今晩か、明日の朝には70万ヒットに届きそうな感じ ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


こうして夏休みの間にも数多くの訪問をいただき、ありがとうございます。
読者の皆さんのご訪問が、記事更新の励みになっていますので、
今後とも、ご愛読のほど、よろしくお願いいたします♪



いいね!って思ったら、応援クリックを♪ → banner_12.gif


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
なるほどです!
とても勉強になりました♪
いつもありがとうございます。
やっぱりうちの場合は「コミュニケーションカード」を作ったほうがいいなぁ。うん、そうしよう♪スタッフの為だけでなく、お客さまの為にも。
いつも何かと気付かされる道具屋さんの記事に感謝感謝♪
No title
>ちびヒサさん

仕事のヒントって、自分の業種の中だけにあるんじゃなくて、
まったく他のところに転がっていたりします。
あとは、それに気づけるアンテナをいつも磨いておくことかな~
と、言いつつも、自分のこととなると難しいんですけどね(汗)

管理者のみに表示