ブログ 業界雑誌のサロン取材も変わるのかな? 理容よもやま話
FC2ブログ
ちょうど1ヶ月前くらいのことだったかな~?
理美容業界の某出版社に勤める編集者からかかってきた1本の電話。


大震災の影響で、理美容室の売上が急激に下がって来ているようですが、
そんな中でも、売上を維持している、または伸びている理美容室はありませんか?
「非常時ではっきりわかったサロン」をテーマに取材したいんです。



う~ん。。。
お取引サロンの売上が震災後に伸びているかどうかなんて分らないし、
なるべく急いで取材に行きたいという出版社の無茶な希望もある。


取材先サロンを紹介するのは、とんでもなく難しいな~と思っていた時に、
ふと頭に浮かんだのが「ツイッター」での公開募集。
編集者にも確認して、ツイッターでの募集の許可をもらい、すぐにツイート。


さすがにツイッターはタイムリーだな~
短時間の間に数件のサロンオーナーさんからダイレクトメッセージが届き、
ご自身のサロンの売上状況と自店が工夫している内容などをいただいたので、
その日のうちに雑誌編集者宛に、サロンの連絡先と自店のPR内容などをメール♪


今までなら、お取引先を担当する営業に、そうしたお店がないか声をかけ、
それらしいサロンに電話をしてもらい、雑誌への掲載を打診する。
そして、取材OKをもらえたサロンをリストにして編集者へ送る…という形。


でも、この方法だと、ディーラー営業マンがそれらしい店を選ぶから、
間違ったフィルターがかかってしまう可能性も高いし、
編集者が以前から知っているお店だったりした場合も、フィルターがかかる。


その点、公開募集ならば、まったく想像していない人が手を挙げてくれるから、
これはこれで、情報の形が変わってきそうな気がするな ウン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ウン


そんな中で出来上がってきた業界誌がこちら。


20110524_1.jpg


-特集- なぜ客足が途絶えないのか?
非常時ではっきりわかったサロンの質



おおっ、6ページにわたって掲載されてますね!


20110524_2.jpg


こちらのオーナーさんとは理容師カフェで何度かお会いしたり、
ツイッターでのつぶやきは読ませてもらっているけど、
お取引はしたことがないから、実はお店のことは何も知らない (*≧m≦*)ププッ


「ふ~ん、横浜のチベットって呼ばれている土地で営業しているんだ~」
「3月の売上は対前年同月比で7.4%増だって…すごいな!」


など、驚くことばかり (σ´Д`)σ


中でも、サロンの混雑状況がウェブサイトで見られるようになっていて、
それも、10分刻みで随時更新しているというのがすごい!


これも、予約を受け付けていないサロンの工夫なんでしょうね。
お客様は来店直前にホームページを見てからサロンに来てくれるから、
お店に来て、混んでいるのを知って帰ってしまうということもないし、
混雑した土・日曜日に「今、空いてる?」といった電話問い合わせが減ることで、
電話の着信音を気にせずに済む、電話のたびにお客様から離れるといったことがなくなるなど、
小型店ならでのメリットがあるんだろうな~


または、iPadを活用して施術履歴を残すようになってからは、
再来店率が93%まで上がっているのも驚きの数字 ウン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ウン


そして一番感じることは、ホームページの充実具合。
見た目からすると、ご自身で手作りされているものだと思うけれど、
「どんなお客様に来てほしいのか?」が明確に発信されているし、
潜在的なお客様が求めている情報が掲載されているな~って感じられるんです。


この辺りが「新規客の99%はホームページを見て来店」という理由かな?


改めて考えてみると、今まで雑誌に紹介されるサロンというと、
雑誌の売り手、作り手がサロンをリストアップしていたけど、
自分から手を挙げてもらうことで、掲載されるサロンも変わるんじゃないかな?


これもまた、理容師がお互いに情報を発信しあうことで全体が良くなっていく、
理容師カフェと同じような方向性があるんじゃないかな?と思ってみたりして (*≧m≦*)ププッ


雑誌というマスメディアと個人の情報発信がつながることを考えると、
雑誌社も、公式アカウントの活用を考える時代なのかも知れませんね♪


今回、ご紹介したサロンのウェブサイトはこちら → Hair salon hearts



役に立ったな!と思ったら、応援クリックを♪ → banner_12.gif


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
お願い
お世話になります
ワイズです

遅まきながらツイッターを始めました
HPもリニューアルに向け、内容を色々検討中です
今回HPリニューアルをお願いしている所より、ツイッターを始めてみては・・・とアドバイスがあり、とにかくアカウントのみ取ってみました
まだまだ用語もわからず、何が何かサッパリですが、大ファンの道具屋さんのフォローをさせて頂きました
事後報告ですが、よろしくお願いします
No title
>ワイズさん

ホームページ、ブログに続いて、ツイッターやフェイスブックなど、
サロンの情報発信も色々なものが出てきていますよね!
どれも、ほぼ無料に近い形で使うことが出来るから、まずはやってみましょう!
フォロー返ししておきましたので、よろしく~♪
大変恐縮です・・(^-^;
この度は、何から何までお世話になっているようで、
大変恐縮と共に、このように取り上げて頂き、
大変うれしく思います・・。
上から目線で僭越ですが、自分のようにおじちゃん&
おばちゃんがやっている夫婦2人のサロンでも、
デジタルがうまく入り込む事により、立地いかんに
かかわらず、自店を色々な側面からプレゼンができ、
勝負できる時代になりました・・。
理容業の大多数である1台&2台店ががんばれる何かが
少しでも伝わったのでしたら幸いです・・。
今後ともよろしくお願い致します。
No title
>heartsさん

はい、こちらも同じ気持ちです。
今までは、大きなサロン、地域でも目立つサロンばかりが、
雑誌というマスメディアに掲載されることが多かったのですが、
個人がホームページやブログで情報発信することが出来るようになってから、
この動きも大きく変わりつつあると思っています。
そして、そうした個人の活動を雑誌が取り上げてくれることで、
そうした動きもますます進んでいくのでは?…なんて思っています。


管理者のみに表示