ブログ チャリティーイベント『写真でつなぐライフライン』 理容よもやま話
FC2ブログ
写真が好きな人々がフォトスタジオ「studio SEA」に集まり、
写真を通じて被災地の皆さんを元気付ける方法をみんなで語り合うという、
チャリティーイベント?座談会?雑談会?に参加してきました。


参加費は無料、ただし、下記の救援物資の中から一つを持ち寄ることがお約束(笑)


【必要とされている救援物資一覧】(3/16 16:00更新)

サランラップ、懐中電灯、ろうそく、単3電池、カップラーメン、
缶詰(なるべく賞味期限の長いもの)、紙おむつ、粉ミルク、離乳食、
お湯だけで作れるレトルト食品、マスク、生理用品、新品の肌着や衣類。


道具屋も会社にあった「ひざかけ」を50枚供出。


なお、東京都でも、ようやく個人からの救援物資を受付始めましたが、
現段階では、受付品目にかなりの制限がありますので、ご注意ください。


東北地方太平洋沖地震に伴う東京都の支援について
東北地方太平洋沖地震に係る東京都内からの救援物資を受け付けます



さてさて、話を戻して。


写真を通じて被災地の皆さんに元気を送り届けたい・・・
自分たちだったら、どんなことが出来るだろうか?


温もりのあるキャンドルの灯りと小さな電球の下で語り合い、テーマを決めていく。
自分たちに出来ることは、写真を通じて「HOPE=希望」を伝えること。


そんな「HOPE」ismを伝えていくプロジェクトが、これから高まりを見せそうです。


主催者である写真家「川村剛弘」さんのブログはこちら → Snaps


座談会の終了後は、お約束の撮影会(笑)


重くて荷物になるだろうに、わざわざデジタル一眼レフをお持ちの女性もいらっしゃると言うのに、
仕事帰りの道具屋は、お手軽なiPhoneでへタレカメラマン Σ(¬_¬;)パシャ!


20110319_2.jpg


それが終われば、今度は居酒屋で打ち上げ~ (*≧m≦*)ププッ


この辺りの流れは、理容師カフェと一緒だな~
単に、勉強会や座談会で人数を集めることが目的でなく、
今までにない、横のつながりで人と人がつながっていく関係。
やっぱり、業界とか目的とかは関係なく、人と人のつながりという基本が大切なんだね!


道具屋も先生の真似をして、理美容室の必需品、ヘアカラー剤で「HOPE」♪
これまたiPhoneでお手軽に(滝汗)


20110319_3.jpg



「HOPE」ismに賛同するよ!って思ったら、応援クリックを♪ → banner_12.gif



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



日々のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
ご紹介ありがとうございます!
昨日はありがとうございました!
『HOPE』ism一緒に盛り上げて行きましょう。
No title
>Takehiro Kawamuraさん

先日はお疲れ様でした。
今日の記事にもさっそく「HOPE」写真を掲載しました。
ぜひとも広げていきたいですね!

管理者のみに表示