ブログ 情報発信するって、何をしたらいい? 理容よもやま話
FC2ブログ
こちら、道具屋も奥さんも通っている近所の整形外科で、
新年号として配り始めた、チラシというかフライヤーというか、クリニックの新聞。


20110107_1.jpg


毎月出るわけでもなく、数ヶ月に一度くらいのペースで作っている感じで、
この前の号にはテニス肘の事が書いてあったっけな~


情報発信というと、何を発信したら良いのかが悩みどころ? ( ・ω・)モニュ?


ホームページやブログ、そしてツイッターにしてもそうだけど、
アナログの世界で言えば、チラシやPOPも同じように悩ますよね?


自分がいつも見ているモノ、いつも聞いているモノは当たり前になりすぎ、
取り立てて新鮮に見えないから「情報」とは感じなくなっているけど、
その業界以外の方から見れば、どれでも新鮮なんですね~


例えば、このチラシに出ている「手根管症候群」だって、
整形外科にいる医者や看護士さんにしてみれば当たり前の病名でも、
道具屋のように、まったく知らない人からすれば、思わす読んでしまう内容。


「テニス肘」だってそうですよね!
テニスをしていなくても、テニス肘になる…なんて気になるし (*≧m≦*)ププッ


整形外科に深く携わっている人からすれば当たり前のことでも、
それ以外の人にとっては知らないこと…これが顧客に対する情報だと思いません?


理容室の中にも同じような事がいっぱいありますよね!


同じようなハサミを何本も使い分けるのはどうしてなの?
ヘアスタイルと顔のカタチで似合う、似合わないはどんなパターン?
パーマはどうしてかかるのか?毛染めはどうして染まるの?
ワックスやスタイリング剤の上手な付け方はどうしたらいいの?
女性がお顔そりをした方が良いと言われるのはどうして?



そんな、理容師さんにとっては当たり前のことであっても、
一般の人にとっては知られていないことが「情報」だと思うんです。


だから「自分には発信できる情報がない」とか考えるのではなくて、
自分たちにとって当たり前のことを、一般の人に分かりやすく伝えることが、
本当の意味での情報になるんだと思っています♪


「今年は、自分もブログを始めます!」


先日、ある会社の営業さんが道具屋に言ってくれました。


情報とは新しいことばかりではありません。
自分にとって当たり前のことを、その世界を知らない人に伝えることも、
新しいことを伝えるのと同じ以上に大切な価値になるんですよ。


そんなことが、これからチラシやフライヤーを作る方や
新しくブログやツイッターを始める方にお役に立てばいいな~ (*´д`*)



応援クリックをお願い出来ますか♪ → banner_12.gif


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
No title
>harumiさん

手根管症候群って女性に多い病気らしいですね!
薬指や小指にしびれが出るそうです。
ま、それほど難しい手術ではないというのが救いかな~

お子さんの成長はとっても早いから、どんどん写真を撮るといいですよ!
もちろん、お会いできた時には、どびっきり可愛く撮りますから(爆)

管理者のみに表示