ブログ 白いモノを白く撮る 理容よもやま話
FC2ブログ

白いモノを白く撮る

2010/12/30 Thu 21:02

うん?こんなの当たり前って話ですよね (*≧m≦*)ププッ


ところが、真っ白な新雪の中に置かれたキレイな雪だるまだったり、
スキー場で撮った子供の写真やカフェで食べた美味しいショートケーキが
何となく、薄くグレーっぽくなったことってありませんか?


デジタルカメラは自動でちょうど良い明るさになるように、
カメラが明るさを自動で判断してくれる仕組みが入っているんだけど、
それは、写したいモノの中に、明るいモノから黒いモノまでが
バランス良く入っている時のお話。


先ほどのように、雪の中の雪だるまとなると、ほぼ真っ白ですよね?
そうなると、カメラはそれが明るい白だとは理解することが出来ず、
カメラが判断した明るさでは明るく撮れすぎると判断して、
わざわざ暗く撮ってしまうんです (||||Д`)ァゥッ!


そうすると、真っ白だった雪だるまが、なんとなく薄いグレーに。


それを試すために撮ってみたのがこちら。
真っ白なボードの上に、真っ白なぬいぐるみを載せて後ろから撮影。
場所も窓際の明るい場所、当然のことながら、真っ白に撮れて欲しいところだけど…


20101230_1.jpg


なんとなくグレーになってますよね?
この写真は、人の目で見ている時よりも、かなり暗い感じ。


こんな時に、もっと明るく撮りたいと思ったらどうします? ( ・ω・)モニュ?


もっと窓際に持っていって明るくするとか、ライティングを当てるとか?
これ、どんなに明るくしても、実際に撮れる明るさは変わらないんですよ~
それは、どんなに明るくしても暗くしても、カメラが調節してしまうから。


そこで、カメラが決めた標準的な明るさに対して、明るく、または暗く撮ることを
「露出補正」と言うんですが、これで「プラス1.0」にしてやると


20101230_2.jpg


これが実際に見えている白に一番近い感じ。


この露出補正、実際の撮影ではものすご~く使います (*≧m≦*)ププッ


道具屋はスイーツを撮るのが大好きだけど、
スイーツって、白っぽいお皿に生クリームがいっぱい乗ったケーキ、
そう、ショートケーキみたいなものだと、全体が白に近くなりますよね?
これは先ほどの、雪の中に置かれた雪だるまと同じなんです。


これをカメラが決めた明るさのままで撮ってしまうと、
せっかくの美味しいケーキなのに、何となく美味しそうに見えない色に、


ということで、これもプラスで露出補正。
ちなみに、先日アップした画像だけど、これもプラス0.7です。


20101230_3.jpg


ということで、お正月休みに機会があったら試してみてくださいね!
「白いモノを白く撮る」そして、反対は「黒いモノを黒く撮る」



応援クリックをお願い出来ますか♪ → banner_12.gif


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
写真のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
道具屋さん、こんにちわ~

ブログ訪問納めに来ました(笑
今年も、色々とカメラのお勉強をさせていただきました!
ありがとうございます♪

今年もお世話になりました。
来年も宜しくお願い致します。

よいお年を~ヽ(´▽`)/
No title
>心愛さん

こんにちは~
心愛さんは、携帯やコンデジで撮っても構図がキレイだから、
ぜひとともデジイチを持って欲しいんですけどね(笑)
今年こそはどうですか?

管理者のみに表示