ブログ プロに学ぶモデル撮影とライティング 理容よもやま話
FC2ブログ
いつもは理容師の皆さんが勉強しているセミナーの様子を、
「こんなに頑張っていますよ!」というレポートでお届けしている道具屋。


ずっとアウトプット続きだったので、たまにはインプットしておかないと、
自分自身がエネルギー切れしそうな感じになっていたので、
今回は思い切って、プロに教えてもらうフォトセミナーへ参加してみました。


午前中は、写真の基礎をしっかりと復習し、原点を思い出す。
午後からは、いよいよ実習がスタート♪


普段はブツ撮りが多い道具屋だけど、今回はなんとモデル撮影 ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


そして、自然光での撮影ばかりをしてきているけど、
今回はプロのライティングもみっちりとお勉強 ウン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ウン


まずは、光の違いを意識しながら撮影を始めるために、
最初は直射日光が当たる日差しの中へモデルさんに入ってもらい一枚。


20101116_1.jpg


こちらはプロのモデルさんだから笑顔で目を開けていられるけど、
一般の人だと、眩しくて目を開けることも出来ないんじゃないかな?
子供の写真を撮る時に「こっちは逆光だから」なんて親御さんが言っているけど、
子供さんは、いい迷惑なんだろうな~ (*≧m≦*)ププッ


それに、光は固く感じるし、あご下や背中側には真っ黒な影。
あんまりキレイには見えませんよね?


続いて、人工的に日陰を作って同じ場所で撮ってみる。


20101116_2.jpg


光がグッと柔らかくなって、モデルさんの笑顔もイキイキしてくる。
影も出ていないし、モデル撮影にはこれがいいな~


ただ、人工的な日陰を作るためには、こんなにアシスタントが必要だけど(汗)


20101116_3.jpg


ポーズを変えながら、色々な写真を撮ってみる。
さすがにプロのモデルさんだな…自分から動いて、スタイリングしてくれる。


20101116_4.jpg


20101116_5.jpg


20101116_6.jpg


20101116_7.jpg


20101116_8.jpg


20101116_9.jpg


20101116_10.jpg


今までは、大きなボードで日陰を作っていたけど、
場所を少しだけ移動して、建物で自然に出来ている日陰での撮影。


20101116_11.jpg


20101116_12.jpg


20101116_13.jpg


こっちの方が肌色が暖かみがあるね!
ボードで影を作ると、全体的に青みがかって見えるような感じ。
この辺りは、ホワイトバランスの調整をもう少し細かくしていかないとダメだな。。。


ここで、いよいよプロらしいライティングをしての撮影。


秋の澄み切った青空を背景にしてのモデル撮影だけど、
ストロボを使うことで、青空をグッと暗く沈ませて、不思議なイメージに。


20101116_14.jpg


まるで、雑誌にでも出てきそうな一枚。
これは自分の腕じゃないね、ライティングの設定で出来た一枚だ ヾ(;´▽`A``アセアセ


続いて、室内に戻り、お顔をアップにしての撮影。
ライティングの当て方で、イメージがどう変わるのかを実習で覚えていく。


まず、一般的なライトと傘を使った一枚。


20101116_15.jpg


まあ、これはこれでキレイだし、本人と比べてもそんなに違いはないけど、
プロ曰く・・・


女性は見えるままに撮って納品したら、次から仕事は来ないんです。
本人よりも良く撮ってあげないといけない。
シワが100本あったら、85本はライティングで消していくんです。



これぞプロの言葉なんだね、すごい重みと責任感。


そして組み直してくれた「ビューティライト」という設定で撮ったのがこちら。


20101116_16.jpg


お肌もとってもキレイだし、立体感も出ている。
あご下の強い影も無くなっているし、すっごいセクシーに (*´д`*)ハァハァ


この違いをパソコンのモニターに表示した何枚かの画像と
横に座ってくれたモデルさん本人で比較して、何が違うかを勉強する。


20101116_17.jpg


ここからは参加者のリクエストでオプション撮影。
まずは、ライトの位置を変えて、エキゾチックな一枚。


20101116_18.jpg


これは、普段のモデルさんっぽい雰囲気かも~♪


そして、道具屋のリクエストは髪を毛を撮る時のライティング。
髪を美しく撮るためにはと、ライトの位置を変え、
さらに、撮る側も一段高い踏み台に乗って、やや上からカメラを向ける。
そして撮った、究極の一枚がこちら。


20101116_19.jpg



すごっ!自分で撮ったとは思えない!というか、自分では撮れない (*≧m≦*)ププッ


プロカメラマン、プロモデル、そして機材など、あらゆる面で違いすぎるけど、
少しでも近づけるように努力していきたいな~


まずは、ストロボと単体の露出計を買わないとね(汗)


今日は朝の10時から夕方の6時まで、ビッチリとありがとうございました。
今日、勉強したことをしっかりと身に付けて、
次の撮影に役立てていきたい!と心から思いました。


大変、お世話になった講師の方々はこちらです。


コマーシャルフォトグラファーである石田晃久さん


雑誌媒体メインで活動している石田美菜子さん



そして、アシスタントの皆さん、ありがとうございました。



応援クリックをお願い出来ますか♪ → banner_12.gif


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
写真のこと | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
すご~ぃ
やはりプロのモデルさんのポーズはいいですねぇ~
自分から色々なポーズが自然と出来ますもんね♪
以前に情熱大陸で藤原紀香の写真撮影シーンを放送していましたが
プロってスゴいと驚きましたもん!

ライトやレフ板などの位置関係など色々と
プロの仕事ってやはりスゴいですよね。
自分もトリミング&レタッチから抜け出せるよう
現在も勉強中です!!
No title
>FUSAさん

こちらからポーズを付けることとか出来ないから、助かりました!
それに、足が長くてスタイルが良いから、どこから撮ってもカッコイイし(笑)
こうなると、カメラマンの腕ではなくて、モデルさんの良さで、
写真が決まってしまう感じですね~(汗)
No title
高価なスタジオでのセミナーだったんですね。
家から近い場所でのセミナーだっただけにすごい所で行われているなぁと驚きです。
私も勉強しないと・・・
No title
>哲やんさん

ホント、六本木にある本格的なレンタル・フォトスタジオでの勉強会で、
プロの使う機材や設備が全部置いてあって、感激でした!
こんな素敵な環境で、プロカメラマンから直接習うなんて奇跡ですよね!
それもプロのモデルまで入っていたんですから、ビックリです。

管理者のみに表示