ブログ 「床屋」は放送禁止用語なんです 理容よもやま話
FC2ブログ
140文字の短い文章で言葉のやりとりをするツイッター。


ツイッターを紹介する時には「140文字で書くミニブログ」と言うことが多いけど、
ツイッターを使っている人は、ミニブログだなんて思ってないです (*≧m≦*)ププッ


どちらかというと、誰に向けてと言うこともない、勝手なつぶやきであったり、
逆に、チャットのように数人の中で言葉が飛び交ってみたりと、
とってもスピード感のあるコミュニケーション手段。


そんな中で出てきたのが、こんなお話。


やっぱ、ブラインドタッチを覚えないとスピードが上がらなくて。


うんうん、キーボードを見ないで文字入力することを指す言葉だけど、
「ブラインド」は差別用語ではないのか?という言い方もあったり、
また、英語にはない言葉の和製英語だから変えた方が良いとかで、
「タッチタイプ」という言葉に変わってきているようです。


他にも、似たようなものとしては「バカチョンカメラ」とか
「片手落ち」「目眩まし」「クロンボ」なども、差別用語的に扱われたりしますよね。


そして、とっても意外なのが「床屋」とか「散髪屋」という言葉。


実は、これは放送禁止用語 ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


日々現金収入があるような職業、言い方を変えれば「日銭が入る」商売を
軽蔑を込めて表現したと言われる「○○屋」という言い方は、
差別用語ではないけれど、放送禁止用語として扱われているんです。


ま、これも自主規制なので、絶対にダメ!とかでは無いんですけどね。


それじゃ、何というのかというと、


床屋…理容業、理容室、理容店、理髪業、理髪店
パーマ屋…美容室、美容業、美容店、美容院
八百屋…青果業、八百屋さん、青果商、青果店
魚屋…鮮魚商、鮮魚店



といった言葉に言い換えて表現するようです。


それじゃ、インターネットは放送なのか?通信なのか?


古い定義だと「1対多」が放送で、「1対1」が通信 ウン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ウン


でも、今は個人だってホームページ、ブログ、ツイッター、
そして、ユーストリーム、Youtubeなど「1対多」で発信出来るものが多い。
ということは「床屋」が放送禁止用語なら、ネットでは使えないって?(汗)


でも、あっちでもこっちでも「床屋」って書いてあるし、
それ以前に、床屋って言葉が、軽蔑された言葉なんて思ってないし (*≧m≦*)ププッ


過度に神経質になり、言葉狩りになるようなことがあってはいけないけど、
誰かが不快に感じるような言葉であれば、使わないに超したことはない…くらいに考えれば良いかな?



ところで・・・



「道具屋」も放送禁止用語ですか? ププーッ(≧Σ≦)ノ_彡☆バンバン!



応援クリックをお願い出来ますか♪ → banner_12.gif


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
そうなんですよ!!
パソコンで検索をかけるとき
『理容』って検索するより『床屋』のほうが多いのは
必然的ですから難しいですね
『道具屋さん』で検索すると
どこかで見たブログが上位に!!(笑)
No title
たしかに
「理容」で検索する人は少ないですが
検索数でいえば
「理容院」「理容室」とかだと
「床屋」で検索する人よりも多くなりますね。
いろんな言葉で検索されるから
お店のサイト作りの際には
どのキーワードに絞るのかで
苦労しちゃいます。
No title
「床屋」と「散髪屋」は余り良い言い方では無いって、理容専門学校で何かの授業の時に先生が話して居たのは覚えて居ます。何でかとか理由まではもう、まるで覚えて居ませんが(爆)で、その時は、「床屋」ならまだ良い方だが、酷い客だと「散髪屋」とか言うからな~。。。って言って居ました。。。でも。。。今は理容室より「床屋」って言うお客様の方が多いと思います。
「床屋」の方が言いやすいし、親しみも有る感じがします。。。
先生のお話の補足は、理容室はお客さんに「床屋」と呼ばれ、オーナーの事を、「おやじさん」とか「お兄ちゃん」とか言うけど、美容室は「美容室」とか「サロン」で、オーナーは「先生」って呼ばれるよな~って話して居ましたよ。^^;
No title
昔、髪結いさととか、髪結い床屋、,また
床場に行ってくるなどと、聞いたことがありました。
床屋って
使っちゃいけないって先輩から聞いたことがあるのですが
「美容師」ってことばは聞き取りやすいけど
「理容師」ってことばは

聞き手にとっては
聞き取りずらいんですよね~
人に伝えやすくするためにはわざわざ言い直したり
放送時間が限られているラジオに出演したときは
床屋さん
使っちゃいましたね~~(笑)
No title
私も7月からブログを始めてみたのですが

「床屋さんの徒然日記」この題名って・・・(汗)

放送禁止用語だったなんて・・・
No title
>tocotocoboyさん

床屋って普通に使うから検索も多いと思うんです。
言葉狩りみたいになって、逆に気にしすぎるのも良くないと思います(笑)
もっと普通に使いましょう♪


>らむちゃさん

理容、理容室、理容院、床屋、散髪屋、色々な言い方がありますよね!
SEO対策を考えると、なるべく多くの言葉を使った方が良いけど、
なるべく絞り込んで使った方がヒット率も上がるみたいです。


>きむきむさん

理容学校でも、あいまいな教えて方をしているようですね。
実際、それほどキチッとした区分けでもないようですし。
床屋さん、理容室のオーナーさんは「マスター」が一番多いかな?
他にも、先生、オーナー、代表、社長など、お店ごとにバラバラです(汗)


>たかさんさん

髪結い床というのは、ちょんまげを結っていた頃のなごりですが、
逆に、お店の名前を付ける時に「髪結い床 ○○○」というのもあります。
新鮮に感じるかも知れませんね~


>harumiさん


理容、美容の区別は聞き取りにくい場合があるので、
「バーバー」「ビューティ」と言って、伝える場合もあります。
それにしもラジオで言ってしまうとは・・・アナウンサー泣かせですね(爆)


>けんままさん

いや、実際、理容師さんの書いているブログを読んでみると、
床屋の○○とか、さんぱつ屋の○○○みたいなのも多いんです。
これを全部制限することも出来ないでしょうから、事実上、放置です(笑)

管理者のみに表示