ブログ 白髪ぼかしメニュー、成功の秘訣 理容よもやま話
FC2ブログ
「今さら白髪ぼかし?」と言われそうなタイトルだけど、
大事なことをいっぱい聞いてきたので、ご紹介しておきますね♪


こちらは地元の理容組合で開かれた支部講習での出来事。


白髪ぼかしの考案者であり、本日の講師でもある先生が参加者に問いかける。


この中で白髪ぼかしを取り入れている方はどれくらいいますか?


参加者のほとんどが手を挙げていたかな?ほぼ全員。


続いて、問いかける。


それじゃ、1ヶ月に20人以上、白髪ぼかしのお客様がいる方は?


今度は一人しか手が上がらない ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


白髪ぼかしの正しい技術方法を知らずにやって失敗している店が多いんです。
正しくやらないと、白髪ぼかしのお客様は減っていきますよ。


染めたがらない人が気にする白髪染めの欠点は何だと思います?
段がつくことでしょ?イメージが急に変わってしまうことでしょ?
そこで、白髪ぼかしのメリットは何ですか?
イメージが変わりすぎないことなんです。
変わりすぎるとお客様は買ってくれませんよ?!



言葉は強いけれど、毎月50~60人の白髪ぼかしを行っている自信なのか、
参加者は、先生の言葉をしっかりと受け止めている。


20101105_1.jpg


ということで、講師が話した成功の秘訣をしっかりと書き留めてきたので、
ここで、皆さんにお伝えしますね♪


まず、鏡面の目立つところにオススメPOPを貼っておく。
男性客はPOPが貼ってあっても、自分からやってくれとは言わないので、
目だけでなく、耳でもアプローチする。
キーワードは「白髪をちょっと目立たなくしませんか?」
イメージが変わりすぎることに不安を持つ男性心理を考えて、
変わりすぎないんだと言うことを、しっかりとお伝えしていく。


2回目からの施術では、必ず根元だけのリタッチをしていく。
リタッチせずにベタ塗りすると、毛先が段々と黒くなっていく。


3~5分という短時間の技術なので、髪についてもいても染まるという
プロテクトクリームを使った場合、やや染まりが薄くなりやすい。


白髪ぼかしのカップとハケは、白髪ぼかし専用のものを使わないと、
退色時に赤っぽくなることがある。必ず使い分けること。


発色が早いので一剤と二剤は、染める直前に混ぜる。


お客様から見て、色の違いが分かりやすい左右のもみあげ付近は、
なるべく時間差をなくすようにする。右を塗ったら、後ろを塗る前に左。


白髪の多い人は塗布時間がかかるので、必ず後ろから塗り始めること。
後ろ、左右、最後に前髪のようにする。


髪が濡れていると黒く見えるので、初めてのお客様は早めに乾かす。


白髪ぼかしをすると青っぽくなる人は、ソフトグレーを2:1でミックスする。



ご存じの方には当たり前のことかも知れないけど、
講習風景を見ている限りでは、知らない方がとっても多かったので、
成功の秘訣として、お伝えしておきますね!


皆さんも、月間の白髪ぼかしのお客様を20名以上に増やしましょうね~ (σ´Д`)σ



応援クリックをお願い出来ますか♪ → banner_12.gif


理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



講習会 | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
気付けば既存のぼかしのお客さまは
みんな濃い~色希望になってる…(汗)
ちょっと原点に立ち返ってみるのも大切ですね
No title
>鍵コメさん

記事内容についてコメントしないと、ただコピペ宣伝に見えますよ。


>そうまさん

そうなんです。
うちのお客様はみんな濃くって…と言うサロンさんが多いけど、
その分、新しいお客様の獲得が出来ていないケースも目立ちます。
しっかりと、区分けしていかないといけませんね♪

管理者のみに表示