ブログ ジャズセッション 理容よもやま話

ジャズセッション

2006/04/12 Wed 19:27

「カンカンカン・・・」

赤いランプが左右に点滅し近づく電車を知らせている。
改札口そばの踏切が妙に懐かしい風景を見せている。

駅前は人通りの絶えない賑やかな商店街。
生鮮食品などを安く提供している下町っぽい街並みと
個性的なブランドショップなど山手っぽい雰囲気の店が同居し
にぎやかにひしめきあい、独特の風情を醸している。

そんな商店街の中にある1軒の理容室。

20060412_1.jpg


商店街から1歩足を踏み入れるとここはアーリーアメリカン。
スタンダードジャズが静かに流れ、ディスプレーとして置かれた
LPレコードが歴史を感じさせている。

鏡と鏡の間にはオーナーが作ったオリジナルコラージュが。

20060412_2.jpg


コラージュとはフランス語の「糊付け」という意味で
新聞や切り抜き、布地などテーマに沿って貼り付けていき
独特の表情を求める表現技法なんですね。

こちらはお仕事中のオーナー。

20060412_3.jpg


黒いシャツにお洒落なネクタイ、そしてベスト。
パンツはもちろん黒でコーディネイト。
髪はなぜか鮮やかなブルー (*≧m≦*)ププッ

こちらのオーナーさん、そんなに年をとっているわけではないけど
ご自分の髪は真っ白なんですね。その真っ白な髪にマニキュアを入れると
こんな感じにきれいな色が出ます。

お洒落心と遊び心を持ち合わせた素敵なオーナーさんですね。

そして趣味がアルトサックス演奏。
月に一度は仲間が集まり、閉店後の理容室でジャズセッション。

いくつになっても子供のように純粋に遊べるオヤジっていいですね。
これぞ「オールドボーイ」って感じかな?

こちらはレジ横に飾られたポスター。

20060412_4.jpg


古き良き時代と呼ばれたアメリカ西部のバーバーでしょうか?
仕事もそっちのけで仲間が集まって談笑する風景。
これもオールドボーイなんでしょうね。



↓ ランキング応援をお願いします♪ ↓
人気blogランキング  FC2 Blog★Ranking
日々のこと | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
うちの旦那がすきそうw
お店ってさぁーその人のセンスが出てくるよね

でも、やっぱし接客業してる人って
年齢より若くみえちゃうよね
うちの知り合いの美容師の店長60代だけど
40代にもえちゃう ワカワカよ
最初のほうが小説風でいい感じですね。

今日もポチっと。
はじめまして!
道具屋さん、はじめまして。
素敵なオーナーさんがいるお店なんですね。
思わず、コメントさせていただいちゃいました。
また遊びに来ます。

リンクさせていただきますね!
どうぞ宜しくお願いします。
わあ~~いいですね!
又御邪魔しました。
ほんとに、良いですね。
良い人生送っているなと言う感じですね、、、
この間、書き込んだお店もこんな感じ、テイストは違いますけど、同じ臭いを感じます。
どこに、あるのかな、見てみたいですね。
オーナーさんと、話をしてみたいと言う気持ちにさせますね、、、
技術や値段を売るのではなく、価値観を売る。これですよね、価値観は、真似できないもの、、、
外食産業の中で、確実に生き延びてゆく、オーナーシェフのお店のようですね、、、、、、
>れいなさん

そう?
マスターの年齢は50代後半みたいだから
ご主人だとちょっと上過ぎるんじゃないかな~

>はいじさん

接客業だと見られることが前提だから見た目を意識するのかも。
女性の美容師さん、年齢不詳の方も多いんです (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
そういう道具屋も年齢不詳ですが ( ̄m ̄*)ププッ

>INAさん

お店紹介の時はふざけないで真面目に書いています ヾ(;´▽`A``アセアセ
でもね~途中から本音が出ちゃって(爆)
ポチッありがとうございます。
お陰でベスト10に定着しつつあります。

>まぁちゃん

ご訪問ありがとうございます。
ヘアメイクのお仕事をされているんですね♪
お店を持っても持たなくても同じ髪を扱う仕事なので
参考になることがたくさんあるんですよ。
業界裏話を読ませてもらいますね (*≧m≦*)ププッ

>刈ります理容師さん

うんうん、こんな年の重ね方っていいですよね~。
こだわりの持ち方がお店の個性を表現しているのでしょうね。
オーナーシェフ・・・確かに似ているような感じがします。

管理者のみに表示