ブログ ポートレートを撮る時の光を考える 理容よもやま話
FC2ブログ
先日「平面の中で立体感を表現するフォトワーク 」というタイトルで、
順光、斜光、逆光の使い分けの記事をアップしたけれど、
今度は、ポートレートを撮る時にどう違うのかを試してみました。
先日の記事をご覧になっていない方はこちらへ。


平面の中で立体感を表現するフォトワーク


今回のモデルは宝塚で活躍されているオスカルさん (*≧m≦*)ププッ


はい、まずは順光と言って、正面から光が当たる順光での撮影。


20100905_1.jpg


うん、ステージに立っている時には、こんなライティングですよね!
一般的には、記念写真的な光と言って、お顔に影が出ない光になります。
影がないと言うことは、逆言うと立体感もないってことですけどね♪


続いて、こちらは左側から光の当たっている斜光。


20100905_2.jpg


苦悩するシーンなんかで使われそうなライティングだけど、
顔半分に強い影が出るので、エキゾチックなイメージに見えやすい。
また、女性としては、ちょっときついイメージに見えません?


そこで、右側からレフ板で影を起こしてあげると、


20100905_3.jpg


立体感が残る程度に、補助的に反射させているけど、
こうして別々に見ると、差はほとんど分かりませんよね? ヾ(;´▽`A``アセアセ


そこで、こんどは左右に並べて比べてみると、


20100905_4.jpg


かなり印象が違うのが分かります?


そして、モデルさんが背中から光を受ける逆光。


20100905_5.jpg


大失敗の写真って感じで、顔が真っ暗 llllll(-∀-;)llllllガーン…


そこで、こちらもレフ板でお顔に光を入れてあげると、


20100905_6.jpg


レフ板の光は直接当たるものと比べると、ずっと柔らかく見えるので、
女性のお肌を引き立てるには、とっても効果的なんです (*´д`*)ハァハァ


ということで、この3つを並べて見てみると、


20100905_7.jpg


どうです?雑誌で見かけるポートレートって、順光はあまりなくて、
斜光や逆光にレフ板を使うものが多いような印象ですよね?


ということで、ブツ撮りと同じ結果になるけれど、
ポートレートも斜光から、逆光で立体感を出し、レフ板で影を起こす。


技術的には、そんなことが大切になってくるポートレート撮影だけど、
一番大切なことは、モデルさんの素敵な笑顔を引き出すトーク (*≧m≦*)ププッ


写真には、撮影テクニックが必要ではあるけれど、
それ以上に、ブツ撮りの時には、被写体を活かすスタイリングが、
そして、ポートレートは、モデルさんの魅力を引き出す話術が大切ですね!


ファインダーをのぞき込んだまま、何も言わずにジリジリと
すり足でモデルさんににじり寄って行ったりしたら、笑顔も消えちゃいます(爆)


モデルを入れて、お店のメニューを紹介する写真を撮ることがあったら、
オヤジギャグでも何でもいいので、モデルさんを笑わせてあげてくださいね♪



応援クリックをお願い出来ますか♪ → banner_12.gif

写真のこと | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
難しい。。。
毎週おいでくださるお客さまで、その都度ノーメイクの
お顔を撮らせてくださる稀少な方がみえるのですが、
撮るほうも撮られるほうも素人なので、笑顔がなかなか。。。

で、毎回読ませていただいてて、今まで一度もポチしたことがなかったので(汗
これからは忘れずポチします。

ポチ。

さすが・・・
ブログの編集だけでも凄く大変に思えますが、
いつもマメな道具屋さんには感心します。
わかりやすい説明だなぁ・・・参考に頑張ろうっと♪
難しい・・・
道具屋さんの真似をして色々撮っていますが・・・
難しい(>_<)(汗)

練習あるのみですかね(苦笑)

フォトワークも会場の方が空きが無いようで、どうしようか悩んでいます
後日、メールにてご報告いたします
>EXCELさん

笑顔にさせるって難しいですね。
特に目線をレンズに向けてもらうと緊張する方が多くて。
そんなときは、撮る直前までは「ここを見てください」と別の方向を意識させ、
撮る瞬間に「はい!目線をください!」って声をかけたりしますね♪
あとは、トークで笑わせるというのが一番なんですけどね~


>HERSさん

今度の理容師フォトワークショップは時間が足りないのが分かっているので、
基本的な光の部分だけは予習でカバーしてもらおうと思ってます(笑)
当日は、スイーツのスタイリングとか構図のお話が中心かな?


>YOSHINO SALONさん

写真は光で描く絵と言われていますので、光を読む練習が一番大切だったりします。
特に、目で見た時の光と、レンズを通した光は見え方も違うから、
その辺りが一番なのかな~

大倉山記念館の空きはないようですか?
う~ん、困りましたね・・・どこかのサロンをお借りできれば良いけど。
にこっ
最近お客さまに写真のモデルになってもらうことが
ありますが、やっぱりカメラを向けると
緊張されます(^^ゞ
オヤジギャグ、大事ですよね(* ̄ー ̄*)

>そうまさん

カメラを構えてから時間がかかるほどに緊張するので、
最初に、絞りや露出補正を決めておいて、構えたら2秒以内にシャッター!
これ以上待たせると、顔が固まってきます(爆)

管理者のみに表示