ブログ 売上に直結する看板セミナー 理容よもやま話
FC2ブログ
8月は講習会が少ない月ではあるけれど、
お取引先のサロン様が参加されるセミナーがあったので
道具屋もお休みを返上して、講習会に参加してみました。


その名も「売上に直結する看板セミナー」


先日も手作りPOPのセミナーに顔を出してきたけど、
POPや看板って、作り方により、その反応も大きく変わってきます。


やっぱり、見てくれた人に大きな影響力を与えるのが良いPOPであり良い看板。
この辺りはブログも一緒ですよね~ ウン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ウン


あっ、手作りPOPのセミナー記事はこちらです♪


「楽しく手作りPOP作成講座@大倉山」を見てきた!


パワーポイントを使った看板セミナーが始まったけど、
何やら難しそうなタイトル・・・えっ?横浜国立大学との共同研究?


20100809_1.jpg


屋外広告のデザインと再生記憶の関係・・・
対象物の認知、言語的な表現、非言語的、立体的、具象的・・・


う~、暗い中でこんな難しそうな話だと寝てしまいそう (*≧m≦*)ププッ


でも、そんな中でも興味深かったのは、20才の女子大生を対象にした、
理容室に対する意識アンケート (*´д`*)ハァハァ


一番驚いたのは、


理容室を女性が利用出来ると知っていたのは、100人のうち44人 ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


これほどまでに「お顔そり」が広まってきているというのに、
意外なくらいに知られていないんですね~


そういう意味では、POPや看板での告知の重要性を再確認!


さてさて、道具屋が夢の中に旅立つ寸前(汗)に話が切り替わり、
架空のお店を例に挙げてのケーススタディ。


20100809_2.jpg


実際に、こんな雰囲気のお店はどこにでも見かけるけど、
リピーターにとっては何も不足を感じないこんなお店が、
新規客を導入するためにはどうしたら良いのかを
3~4名ずつに分かれてグループミーティング!


20100809_3.jpg


中が見えない、価格が分からない、どんな人がいるのか不安、
このお店にどんな特徴があるのか分からない・・・



など、色々な意見が出てくる。
こうして、一つのお店を冷静に見ることは大切ですよね~
同じように、自店を冷静に見ることが出来れば、改善点も見つけやすいし♪


その後、こうした問題を解決するための手段を話し合い、
また、講師からも具体的なアドバイスが説明される。


20100809_4.jpg


20100809_5.jpg


「理容室は、基本的に入りにくいお店」なんです。
そのためには、冷シャンプーだけ、シェービングだけなど、
お店に入るためのハードルを下げることも考えなくてはいけない。

髪を切ることは、慣れ親しんだヘアスタイルが変わる不安もあって、
シャンプーやシェービングよりも抵抗があるんです。



これって、本当ですよね~
道具屋も先日、ツイッターに書いたんだけど、
冷シャンプー&セルフブローメニューを800円でやりませんか?と書いたけど、
これなんかも、入店のハードルを下げる効果がありそうだしね ウン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ウン


他にも、これは興味深かったな~


「自分は分かっているが、周囲の人は分かっていない自己」


20100809_6.jpg


自分にとっては当たり前のことであっても、
廻りの人には分かっていないことって、とっても多いんですよね。


先日も、女性のお顔そり専用のヒゲブラシの話題を書いたけど、
「女性用のヒゲブラシがあるなんて知りませんでした!」なんていう、
一般の女性からのコメントもあったくらいですからね (*≧m≦*)ププッ



さてさて



セミナー終了後は、ご自分のお店の写真を持ってきた方が、
お店の看板診断をしていただいているようでした。
専門家からのアドバイスをもらっているようです。


20100809_7.jpg


そして、こちらは、某N社から近日中に発売になる、オリジナルA型看板。
一般で売られているものよりも大型で道路の向かいからでも読めそう♪


20100809_8.jpg


20100809_9.jpg


また、こちらの看板も販売だけでなく、
プロによる書き換え(有料)も行っていくそうです。


価格などはまだ決まっていないそうなので、
詳しくは、お取引ディーラー様よりご案内されると思いますよ♪



応援クリックをお願い出来ますか♪ → 人気blogランキング

日々のこと | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
大学生
成人式が近い子にモデルさんになってもらったとき
やっぱり
床屋さんで顔剃りをしているってことを周りの子は知らない
というお話を聞きました
成人式シェービングのご予約はだいたいお母様が電話くださるパターンですが

今の若い子は小さい頃からママと一緒に美容室
という流れが多いですものね~
子育て世代ママにも床屋さんを身近に感じていただく仕組みを作っていきたいな~
>harumiさん

理容室でのお顔そりが、まだまだ認知されていないってことなんでしょうね。
こうしたことを広めて行くには、理容室の広告だけでなく、
ディーラー、学校、ジャーナル、業界団体など、
すべてが同じことを仕掛けないといけないんですけどね~
そうそう!何年か前にあった、真鍋かほりのポスターは良かったっけ(笑)
なんで?
魅力的な看板ですね~

でも・・お顔そりの料金の安さに
ちょっとがっかりです。(例えといえども)
>プチレオンさん

ホントですよね~
このお値段じゃ、ちょっとどうなの?って思ってしまいます。
次回は注意するように、お願いしておきますね♪

管理者のみに表示