ブログ 美味しい撮り方を教えて♪ 理容よもやま話
FC2ブログ

美味しい撮り方を教えて♪

2010/07/10 Sat 19:00

道具屋ブログをご愛読いただいている読者様から
フォームメールでお問い合わせがあったんです (σ´Д`)σユーゴッタメール!!


ブログに出てくるケーキや食べ物の写真のことで質問です♪

一眼レフでないとあんな感じに美味しそうには撮れないんですか?
コンパクトデジカメで撮っても、上手に撮れなくて (´Д⊂グスン



これ、よく聞かれることなんですよね~
確かにデジタル一眼レフには便利なところも優れているところもあるけど、
だからと言って、コンデジでは美味しく撮れないってことはないんです。


だって、ちょっと考えてみて下さいね。


まずは被写体を見つけます。
ここまでは、写真を撮る前に、人の目で被写体を見ていますよね?


で、これは美味しそうだな~って自分が感じたから、
おもむろにカメラを持ってきて、写真を撮るって流れですよね?


ということは、まずはカメラで撮る前、つまり自分の目で見ている時に、
「美味しそうに見えているか?」ってことが重要なんです。


とりあえず、道具屋が食べ物を撮る時の手順をご説明しますので、
お時間のある時にでも試してみて下さいね♪


まずはサクランボの初モノが届いたとします (*≧m≦*)ププッ


まず、食べ物を撮る時には、部屋の蛍光灯や電球でなく自然光がお勧めです。
だから、外が明るいうちに部屋の照明を消して撮るようにします。


次に、サクランボを冷たい水でササッとすすいでお皿に広げます。
続いて、お部屋の中でこのお皿を持って立ち上がり、
場所を変えたり、向きを変えたり、見る角度を変えたりして
一番美味しそうに見えるな~って感じる場所を見つけます。


道具屋の家では、西側に窓のある、2階の和室の光が優しいので、
窓から1.5mほど中にある、こたつテーブルを上が撮影スポットになります。


そして、食べ物を撮る時の基本は逆光。逆光ってお分かります? ( ・ω・)モニュ?

よく、記念写真の時に逆光だと顔が暗くなるからダメとか言うけど、
食べ物の時は立体感とツヤ感を出すために、わざと逆光で撮っています。


つまり、窓から見てこたつの奥側に座り、テーブルの上にサクランボを置きます。
こうすると、完全な逆光ですよね?


そして、レンズはやや望遠側にすると、背景がボケてキレイです (*´д`*)ハァハァ


ここで大切なのは、お皿の全体を写すのではなくて、
一部分から3/4あたりまでの範囲が写るように、思いっきり寄ります ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


人は全部が見えてしまうより、見えない部分があった方が魅力を感じるんです♪


そして、食べ物は明るく撮った方が美味しく見えることが多いので、
露出補正をプラス1.0くらいにして、明るめを意識します。


そして撮ったのがこちらの写真。


20100710_1.jpg


どうです?美味しそうに見えるでしょ? (σ´Д`)σゲッツ!!


これはお皿の半分くらいが入っているのかな~・・・


同じように、こちらは初モノの黄色いスイカ。
これだとお皿の3/4くらいが写っていると思うんです。


20100710_2.jpg


どちらもカメラは三脚を使わずに手持ちだし、照明も外の明かりだけ。
もちろん、レフ板とかの小物をいっさい使わずにシンプル撮影。


同じように、コンパクトデジカメもズームの望遠側を使って撮れば、
かなり似た感じに撮れると思うんですよね~ ウン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ウン


逆に、夜にお部屋の蛍光灯や電球の下で撮って
美味しそうに見せるっていうのは、とっても難しいんです。


元々、部屋の照明は、読書をする時などに影が出にくいよう天井付近に付いているから、
どうしても、立体感もなく、ベタ~ッとした印象になるしね。
ただ、逆に、その場の雰囲気を伝える…って写真は撮れますけどね。


例えば、こちらは焼き肉屋さん (*≧m≦*)ププッ


20100710_3.jpg


こっちは居酒屋さん ( ̄m ̄*)ププッ


20100710_4.jpg


美味しく見せるのか、楽しそうな雰囲気を伝えるのか、
その時々で、使い分けしても良いのかも知れませんね♪



応援クリックをお願い出来ますか♪ → 人気blogランキング


【お知らせ】

Twitterやってます → http://twitter.com/douguya_san

スポンサーサイト



写真のこと | コメント(2) | トラックバック(1)
コメント
コンパクトデジカメでボケを出す
ブログネタの続きで
コンパクトデジカメのボケを
検証してみました!
今日は暇でしたので・・・

>Taiyoさん

コンデジでボケを表現するのは難しいですね。
ボケても、あまり綺麗なボケが出てくれないんです。
背景をぼかすポイントは4点です。
絞りを開ける、焦点距離の長いレンズを使う、被写体に近づく、
被写体と背景の距離を開ける。
これを守れば、コンデジでも携帯でもボカせます。

管理者のみに表示
トラックバック
月曜の休日、雨模様の天気なので今日はお家でテーブルフォトを撮ってみました♪ いつもカメラでお世話になっている道具屋さんのブログ記事...