ブログ マーケットを考えよう 理容よもやま話
FC2ブログ

マーケットを考えよう

2006/04/05 Wed 20:02

引き続き堺屋太一氏の講演を聴いて感じたことを書いてみようかな。
もちろん、道具屋はエコノミストでもないし、大学も理科系だし
専門家ではないので、肌で感じたお話しにしましょうね。


団塊の世代は色々と括り方があるようだけど
感覚的は1946~1951年の5年間に生まれた人々
つまり現在55~59才くらいの人たちがその中に入ってきます。
そしてその人口は約1100万人、日本人の9%にもなります。

2007年問題とは60才で定年を迎える人がこれからぞくぞくと増え
これから5年間で労働人口が1100万人減ることと言われています。

でも、実際はどうなんでしょうね? (´;ω;`)

自分の廻りでは60才で定年を迎えた人もいるけれど
やっぱり働いているんです。
もちろん、長い間会社に勤めていた時のように年功賃金制でもなく
実際の労働力に見合った賃金になっています。

道具屋とその友人のお話です。

収入が減って家計はどうなの?

確かに収入は減ったよ~
だけど、家のローンも終わったし、子供たちも結婚したし
それ以上に、会社のつきあいで使っていたお金がいらなくなって
以外とラクに生活しているよ~


つきあいって飲むこと?

それ以上にスーツやネクタイ、シャツがいらないし
当然、クリーニングもいらない。
好きでもないビジネス書も読まなくていいし気楽だよ。
仕事関係を外すとそんなにお金がかからなくなるんだね~


そうなんだ~

と、こんな話をしています。

そう考えると、60才定年を迎えた人は労働人口になるんですよね。
確かに今の60才はまだまだ元気だし、働きたいと思っています。
ただ、働ける職場を探すのが大変みたい ヽ(´Д`ヽ)

今までの年収が頭に残っているからかな。
よくよく考えれば、60才を過ぎて出来る労働は限られてくるから
今まで通りの収入というのは無理な話なんですよね。

頭を切り換えて、自分の提供できる労働力はこれくらいだから
これくらいの収入があれば構わない・・・と考えないと
仕事は見つからないかも。

あと、これからの仕事の形も変わるんじゃないかな?

これは堺屋太一氏の話の中に出てきていたことだけど

若者向けのシステムを高齢者に当てはめることには無理がある

ということ。

例えば、子供にピアノを習わせた時はバイエルから始めますよね?
"もしかしたら"とんでもなくうまくなってプロになる可能性もあるから
基礎の基礎からきちんと教える教室が主流だけど

高齢者はどんなに頑張っても今からではプロにはならないんです。
だから、基本はどうでもよくて、同世代の人の集まりがあった時
誰でもが知っている素敵なピアノ曲が3曲弾ければいいんですね。
その根底にあるのは、女性にもてたいという欲求だけど (*≧m≦*)ププッ

こう考えると、高齢者を対象としたピアノ教室は
基本からキチンと教えるのではなく、弾きたい曲を3曲覚えるような
そうした教え方が必要になってくるということなんです。

それが高齢者をマーケットとする時の考え方ですよね。

出来たら、自分の娘より若い先生に習うよりは
年齢の近い女性が教えてくれるともっと嬉しいかも。
やっぱり男はいくつになってもスケベだからね ププーッ(≧Σ≦)ノ_彡!

そう考えると、60才を過ぎた女性でも仕事場があるんですよ。
高齢者をマーケットとした時は、高齢者が労働を提供するという
形が出来上がってくると思います。

う~ん・・・今日は堅い話で申し訳ないです _| ̄|○

でも、この考え方は、理容室でも美容室でも同じなんですよ。
近い将来、このビジネスモデルを実践してくる人が現れてくると
道具屋は考えています。



↓ ランキング応援をお願いします♪ ↓
人気blogランキング  FC2 Blog★Ranking
日々のこと | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
お昼代とか
仕事で外に出てる男の人は
バカにならないでしょうからね
お小遣い=お昼代みたいなところもあるのかなw

本当、理美容でも当てはまると思います。
若いお客様は、自分が特別になれるような派手で綺麗でスケールのでかいサロンに行く事が楽しいのであり(さらに、かっこいいスタイリストさんにカットされ・・・)
そして、30代過ぎるあたりから落ち着ける場所を求め、年齢が上がるとともに、「落ち着ける」の意味も変わってくると思いますし、お客様の年代にあわせ、技術者もサロンっも変化していくと思います。
渋谷の神泉にありますよ。
そういう、お店、、、
後、渋谷の東口、両方とも、理容です!
追伸
あっつ、
当然、僕の居るの店じゃないですよ!
働いてみたいです、、、、
あこがれの店です。
Re.道具屋さん。
ピアノの話は、納得。
基礎からじゃなくって、
すぐに楽しめるものをだよね。
うん。基礎は、何事も、大切だけど、退屈なんだよね。
で、挫折してしまうことって、多いよね。
でも、意外なのが、先生の年齢は、自分に近いほうが、いいっていうとこ。
男の人は、自分の歳は、棚に上げて、若い女性が、すきなのかと思った。
だって、うちのプーさんは、そうなんだもん。
( ̄‥ ̄)=3 フン。
>れいなさん

ランチ+タバコ+缶コーヒーでお小遣いは消えるんですよね。
飲み代を作る時にはランチを牛丼にして少しずつ残します (^-^;)ゞポリポリ
タバコは続けるとしても、ランチと缶コーヒーを家庭で済ませれば
2万円以上浮く計算になります。家庭での食費ならもっと安いしね。

>fioritaさん

うんうん、そうして色々やお店が選べることが大切だと思います。
人気のある美容室はすべて駅前でガラス張りの大型サロン、
20代前半のスタッフばかりというお店だけでは無理なんです。
やはり年代、ライフスタイルで選べるお店が欲しいですね。

>刈ります理容師さん

ご訪問ありがとうございます。
理容師の働いてみたいお店ならお客様も集まるでしょうね。
ただ、これからは高齢者は若者の街に出かけるのではなく
地元でこうした店を探すように変化していくと思います。
まだまだこれからの分野でしょうね。

>mintさん

もちろん若い方がいいという人もいるけど、そうじゃない人も多いはず。
若さというのはすべての女性に与えられる期限付きパスポート。
若さを卒業した時に魅力を発揮する女性が本物だと思っています。
そう考える男性がたくさんいますよ d( ̄  ̄)オケッ

管理者のみに表示