ブログ 光り物ワークショップへ向かって予習 理容よもやま話
今まで、色々なブツ撮りをしてきたけど、
どうしても撮れなくてあきらめた被写体もあったんです。
それが表彰式でもらってきた「トロフィー」


あの金色に輝く綺麗な足部分が、実は曲面だらけなんで、
写している人のカメラどころか、部屋中のすべてが写り込んじゃう グサッw( ̄Д ̄;)w


サイズも大きいから、布で覆うとかの工夫も出来ないし、
どうやったら撮れるんでしょうね~?
やっぱりPhotoshopなんかの画像処理ソフトを使わないとダメかな?


そして、もう一つ難しかったのが最近のヒット商品の一つ、
プラチナ電子ローラー「リファ」


賀来千香子さんが紹介して話題になったビューティローラーだから、
女性だったら、ほとんどの方がご存じじゃないかな? ( ・ω・)モニュ?


来週の月曜日は、moonisup師匠の「光り物ワークショップ」に参加するけど、
まずは自分の工夫でどこまで追い込めるか試しておかないとね!
それに、自分で撮った画像を前もって送るように宿題も出ているし _| ̄|○


ということで、何の工夫もなく普通に撮ったのがこちら。


20100315_5.jpg


はい、見事に写り込んでいるでしょ? (*≧m≦*)ププッ


窓にかかったカーテンに壁の時計、天井の照明器具もバッチリ。
もちろん、写している道具屋も完璧に写り込んでいます。


こんな時は、撮影ボックスと言うものを使うことも多いんだそうです。
大きなサイコロみたいな形をしたケースに白い布が貼ってあって、
その中に被写体を入れて撮ると、周りの写り込みを防げるとか。


とりあえず、そんなイメージを考えて、家にあったレフ板を組み合わせ、
それらしく周りを囲って撮ってみたのがこちら。


20100315_6.jpg


まだ自分の写り込みを隠すような工夫はしていないけれど、
それ以前に、何だか金属が妙に白っぽくなって、軽々しく見えませんか?


陰もないから立体感も出ないし、う~ん、これはダメだな~


ここでひらめきが! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


そうか!白くするばかりだと立体感も質感も消えてしまうから、
写り込みに黒いものを混ぜればいいんじゃないか!


とりあえず、左側は白いレフ板を立てて自分が隠れるスペースを作って、
右側には、何か黒いもの…黒いもの…ないか???


うん?ハンガーにかけてあった黒いジャケットシャツがあるじゃないか!
これを右側にぶら下げたらどうかな?


ということで撮ってみたのがこちら。


20100315_7.jpg


被写体の陰も出ているし、白と黒の写り込みで立体感や金属の質感は出ているから、
さっきのものよりは良いんじゃないかな~


カメラと三脚は黒いシャツに紛れるように置いておき、
シャッターもセルフタイマー2秒に設定して自分も隠れるようにしたから、
その分、目立ちにくくなっていると思うんです ウン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ウン


この写真が撮れるまで、最初の1枚目から1時間が経過 llllll(-∀-;)llllllガーン…


でも、よく見れば、三脚もカメラも見えているし、まだまだの作品。
来週はmoonisup師匠の技を勉強してこないとね!


応援クリックをお願い出来ますか♪ → 人気blogランキング


【お知らせ】

Twitterでフォローしてください → http://twitter.com/douguya_san


写真のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
忍者レフ
現物があれば試してみたい被写体ですね。
関川さんからのレクチャーがあると思いますが、カメラのレンズ以外も隠れるようなレフ板を・・・
白や黒の紙などでも良いんですが、レンズの部分だけくり抜いて、撮影してみてはいかがでしょう。
カメラのレンズが映り込んだ場合は、Photoshopなどで修正して。
写り込みが全くないのも違和感があるようでしたら、少し角度を変えてみるとか、光源を二灯にしてみるとか・・・
被写体から離れて撮るとか・・・

なかなか言葉では伝えきれないのが残念です。
>哲やんさん

さすがにプロレベルになると色々な技法があるんですね!
今回、基本的にはPhotoshop使用禁止と言われていますので、
撮り方で勝負というスタイルのようです。
moonisup師匠がどんな撮り方を教えてくれるのか楽しみにしています♪

管理者のみに表示