ブログ 明日はカメラワークショップ 理容よもやま話
FC2ブログ
いよいよ明日ですね~
道具屋、初めて講師となってワークショップを開催です (σ´Д`)σ


ここのところで、皆さんにお伝えすることをノートに書き出していたけど、
あれもこれもと頭に浮かんできて、ページがいっぱいに・・・
こんなにガチャガチャじゃ、勉強する方にも伝わらないから、
しっかりと整理して、分かりやすくしておかないとね♪


道具屋がお伝えしたいと思っていることで、一番に考えているのは、
写真を撮るテクニックではないんです。


同じ被写体でも光の方向や光の当て方で印象が変わるので、
光をどう味方に付けるかを皆さんと一緒に勉強したいなって思っています。


例えば、道具屋が光の使い方が大好きな一枚の絵がこちら。
フェルメールの「手紙を書く女と召使」


20100131_1.jpg


優しい光の差し込む部屋で、手紙を書いている女主人?


この光がとっても好きなんですよね~、まるでハイビジョンみたい (*≧m≦*)ププッ


今回のワークショップでは、こうした光の使い方を
色々な事例を挙げたり、実際に撮影してみたりして、勉強しましょうね!


まずは基本中の基本、光の向きの名前だけ覚えてくださいね~


正面から光が当たる順光…記念写真的な光の当て方。
正しい色を出すことは出来るけれど、平面的に見えやすくなる (* ̄m ̄)プッ


20100131_2.jpg


サイド光(斜光)


20100131_3.jpg


真横から来る光、立体感が一番強く表現できるけど、
気をつけないと、嫌な陰が出ることがある。


逆光


20100131_4.jpg


順光と正反対で、光に背を向けている方向で撮影。
昔は、逆光で撮ると失敗作品と言われていたけど、それは顔が陰になるから。
この写真も暗くなっていますよね?


顔が暗くなる時は、露出をプラス補正するか、レフ板で陰を起こすことで、
優しい印象になるし、髪の毛や顔の輪郭にラインライトが出るので、
ポートレートでは良く使われる光の向きなんですね~


今回は露出補正をプラス1.0にして顔を明るくしてみる。


20100131_5.jpg


明日もこのオスカルを持っていって、説明しようかな(爆)


クリックしてランキング応援 人気blogランキング  いつもありがとうございます



写真のこと | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
いよいよ講師デビューですね。
おめでとうございます!
ブログでの報告楽しみにしてます♪
オスカル好きの娘がこの胸像の画像をみて
大騒ぎしております。あはは。
ゆー
道具屋さん、カメラの講師されるんですか
すごいな~
光の加減で
ホントに写真て全然違くなりますものね
私は今まで感覚できてしまいましたが
一度やっぱり基礎と言うものを
学習しないといけませんね・・・
講座、大盛況間違いなしですね
レポ待ってま~す(*^-^)
こんばんわ~道具屋さんっ!

わ~オスカル様~(爆
講師なんてカッコイイじゃないですか!
いいなーいいなー
きっと解りやすい説明なんだろうな~っと羨ましがってます♪
準備に忙しくしてたのかな~
明日は、その書き込んだノート全部出し切って
先生してくださいね~♪
ありがとうございました
本日はワークショップお疲れ様でした。
おかげさまで自分の構図のポイントに気付くことが出来ました。
とっても楽しかったデス♪

今回のワークショップをサロンに活かせるよう頑張ります!
>norikoさん

パーソナルカラー講師で活躍されているnorikoさんから励まされると
頑張れるような気持ちになってきますね♪
娘さん、オスカル好きですか?うちは奥さんが宝塚ファンです(汗)


>ゆーさん

カメラの講師と言っても、プロじゃないからね(汗)
理容の世界で活用出来るような写真を撮れればと思っているので、
写真のほんの一部分だけをお伝え出来ればと思っているんです。

ゆーさんの感性は相当のものだと思いますよ?
前ボケで一番感動したのが、ゆーさんの作品なんですから。
理論で覚える人もいるし、天性の感性の良さを持っている人もいます。
ゆーさんは天性のものをお持ちなんでしょうね~ (*´д`*)ハァハァ


>心愛さん

何とか無事にワークショップを終えることが出来ました。
初めてのこととあって、とまどうことも多かったけど、
参加者の皆さんには、楽しんで頂けたようです(嬉)
コンデジのユーザーさんもデジイチに進んでもらえるといいな~


>FUSAさん

画面からはみ出すような撮り方は不安があるかも知れないけど、
何を撮りたいのか?そのモノのドコを撮りたいのか?が明確になると、
意外なくらいに、はみ出しが気にならないものですね♪
ぜひ、サロンPOPに使えるような写真を撮ってくださいね!


管理者のみに表示