ブログ ケーキを美味しそうに撮りたい 理容よもやま話
FC2ブログ
最近、デジタル一眼レフをお求めになったお取引先から、
「うまく撮れないよ~」というヘルプメールが ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


「どんな写真なのかメールで見せてください」とお願いしたところ、
送られてきたのは、お皿に乗せられたショートケーキとチーズケーキ。


お客様から差し入れを頂いたので、ブログの記事に載せたいけど、
この写真じゃ、美味しそうに見えないとか(汗)


う~ん、確かにこれはちょっとな~ (;・∀・)


それじゃ「ちょっと工夫して撮ってみましょうか!」ということで、
被写体になるケーキを買いに駅前まで出かけたところ、
ミスタードーナツが、今日まで1個100円のセール。


うん?こっちの方が安く済むか。。。


ということで、被写体はケーキからドーナツに変更 ウン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ウン


まずは、お客様から見せていただいた写真を真似して、
一枚の写真を撮ってみる。


20100124_1.jpg


被写体が白っぽいものだと、こんな感じに暗く写りやすいんです。
雪の中で雪だるまを撮ると、灰色っぽく見えるのと一緒♪


あとは、全体を写そうとするから、画面の真ん中に被写体が来てしまい、
ただ「撮った」だけの記録写真になっているのかな~


ということで、有人先生に習った、美味しく撮る時の基本を思い出してみる。


1…焦らない!急がない!ゆっくり撮りましょう。
2…真ん中に置かない!画面を三等分する線や交差点に被写体を置く。
3…逆光、斜光、順光を上手く使い分けよう。色と立体感、透明感、それぞれで違う。
4…思いっきり近づく(人も物も)
5…目の前の物を見たまま撮らない。長方形に切り取った構図を考える。
6…絶対のルールはない!慣れてきたらこれらのポイントを忘れてみる。



ドーナツは複雑な形をしているから、逆光の方が立体感が出るだろうし、
2個を手前と奥に置くことで、奥行き感も出るかな?
あとは、思いっきり近づいて撮れば美味しく見えるんじゃないかな~ (*´д`*)ハァハァ


ということで、光は左奥から来るような半逆光。
ドーナツは斜めに重ねておくことで、対角線に配置されるようにして、
チョコレートがかかっている部分の色が強すぎる感じがするので、
思いっきり近づいて、ここは半分ほどはみ出させてみる。


こんな感じで撮ったのがこちら (σ´Д`)σ


20100124_2.jpg


ずいぶんと美味しそうになったと思いません? (*≧m≦*)ププッ


来週のワークショップでは、こんな写真を全員が撮れるように
頑張ってレッスンしていきましょうね!


道具屋も、しっかりとお伝えできるように勉強しておきますから(汗)


クリックしてランキング応援 人気blogランキング  いつもありがとうございます



スポンサーサイト



写真のこと | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
ブツ撮りはもうお手の物ですね!
ワークショップは来週ですか。
習った先生によって、生徒さんはそれを面白いと思って
先に進むかそうでないか分かれ道。
道具屋さん、みなさんを惹きつけて写真の世界にご案内してくださいね!
ゆー
う~ん、とっても美味しそう
今日のおやつに買ってきちゃおうかしら
ミスド(≧▽≦)
エンゼルクリームにエンゼルフレンチは
絶対外せないですよね~
あとはオールドファッションかな
それとエビグラタン
同じ被写体でも
ホントに撮り方によって
変わりますよね
写真ておもしろい(*^-^)
>lambsearさん

自分も皆さんのブログを読むことで写真が好きになっていったし、
デジタル一眼レフの良さも感じることが出来たから、
このことをお伝えできればいいな~って思っています。
だから、絞りとかシャッター速度、ISOは後にして楽しさ優先で(笑)


>ゆーさん

あらら、昨日までだったら1個100円のセールだったんですよ~
もうちょっと早くこの記事を書いていたら、買う人も増えたかな?(汗)
写真は、見て、感じて、表現して、伝えるものと習いました。
誰に何を伝えるかが大切なんでしょうね~

管理者のみに表示