ブログ あなたの行っているお店は美容室? 理容よもやま話
FC2ブログ
近いうちに新しく発売になる商品の説明もしたかったので、
お仕事を終えられそうな店長をお待ちしていた道具屋。


ブローセットを終えた女性のお客様がカウンターでコーヒーを飲みながら、
どうやら、家に電話をかけ始めた様子。


もしもし、今ね、美容院が終わったから、これから帰ります♪


ふ~ん、こちらのお店…届け出では「理容室登録」なんだけどね (*≧m≦*)ププッ


以前であれば、男性が行くのが理容室、女性ならば美容室だとか、
前かがみシャンプーだから理容室、後ろ流しシャンプーは美容室と言ったり、
店先でクルクル回るサインポールがあると理容室、なければ美容室?
なんて言い方をしていたけど、最近は区別が付きにくくなっています。


理容師法、美容師法といった法律で区別されている言い方で言えば、
理容は頭髪の刈り込み、カット、シェービングや
それに付随することなどで容姿を整えることとなっていて、
美容は、化粧、結髪、パーマなどにより容姿を美しくすることと書いてある。


この法律を読む限りでは、髪を切るのは理容師の仕事であって、
美容師はパーマをかけたり、髪を結い上げたりするだけでなんですね♪


実は、あまり知られていないことだけど、
美容師の国家試験で実際にカットを取り入れるようになったのって、
平成12年からだから、まだ10年も経ってないんですよ~ (*≧m≦*)ププッ


また、顔剃りがあるかないかで理美容を区別出来た時代もあったけど、
最近では、化粧下地程度の軽い顔剃りは美容室でも認められるようになって、
これまた区別が付きにくくなってしまった Σ(¬_¬;)


そんな状態の中で、男性に対して「あなたが普段利用するお店は?」という
アンケートを実施した結果があるんだけど、
そこで「美容室を使っている」と答えた男性の率は・・・


10代…40.8%
20代…48.9%
30代…22.9%
40代…13.7%
50代…5.4%


(NBA全国理美容製造者協会 サロンユーザー調査 2008年度版より)


10~20代の男性は40~50%が美容室へ行っていると答えているけど、
これも実際はどうなんだろうな~


届け出は理容室になっているけど、
店作りもスタッフの印象も、置いてある雑誌も美容室と思われているお店が
この数字の中に、きっと含まれているんでしょうね ウン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ウン


お客様にとって大切なのは、
理容室登録なのか、美容室登録なのかということではなくて、
「自分が行きたいと思うお店」なのかどうか♪


反対に言えば「こんなお客様に来て欲しい!」というように、
ターゲットを明確にしているサロンであることが大事なんでしょうね!



さてさて



今度の月曜日、11/9は浅草で「理容まつり」が開かれるので、
明日はその準備のため、会場設営のお手伝いに行ってきます (σ´Д`)σ


東京近郊の皆さん、お時間がありましたら、ぜひお出かけください!


'09 Tokyo理容まつり in 浅草のお知らせ


クリックしてランキング応援 人気blogランキング  いつもありがとうございます



スポンサーサイト



日々のこと | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
理容まつり
明日、会場でお会いしましょうね。

弊社のブースは…休憩所にしようと思っています。

ダラダラしていますので、皆様もお立ち寄りいただきましたら幸いです。

楽しみっす。
>エロ侍さん

了解です。
私もカメラを持って会場内をウロウロすることになりそうです。
うちのお店は10年ほど前にサインポールが壊れた時に、
よほど「サインポールはもうやめようか・・・」とも思いましたが、
「やはり理容路線で男性客を!」と思って、現在に至ります。

でも、お客様は理容とか美容とかはどうでもいいみたいですね。
特に最近の若い方は、髪を切るお店は「美容院」と表現してしまう様ですし、
サインポールが回っていても「ここは美容院かね?」と聞いてくる
叔父様達もいらっしゃいます(^^;)

ともかく、最近ようやくお店の方向性が明確になってきたので、
他とは違う「理容サロン」を目指して頑張りたいと思いますp(^^;)q
>カットルームあだちさん

うんうん、そうですね!
お店の区別は法律の問題であってお客様には関係ないんですね。
大事なことは、お店の中のイメージが店頭でも感じられるような、
そんなお店作りかも知れません。
わたしは理容師という仕事の誇りを持ってます故(笑)、
サインポールは絶対必須です(*´艸`*)
近い将来、理容と美容の区別は統一されてしまいそうですね
…(´Д`)困った・・・(-公-、)
>おじぃちゃんさん

カットオンリー店での理美容師混在が経済特区で申請されましたが、
今のところ、認められない方向みたいですね。
お客様が「選ぶ」というメリットを失うからという理由で。
理容師が今以上に仕事に誇りを持てたら、
理容室のスタイルももっと変わっていくのかな。

管理者のみに表示