ブログ こどものほんや 理容よもやま話
FC2ブログ

こどものほんや

2006/03/10 Fri 19:59

お取引先に伺ったところ、道路のはす向かいに珍しい本屋さんが。
「こどものほんや」という看板が出ています。

20060310_1.jpg


珍しいのでお取引先にちょっと聞いてみました。

あの本屋さんはいつオープンだったんですか?

この前の月曜日だよ、女の人が二人で共同経営してみるみたいだね。

絵本とかが置いてあるんですか?

ほら、皇太子が愛子様に読み聞かせをしていて有名になった本があったでしょ?
あんな感じの本がたくさん置いてあるんだよ。


店の広さは6坪ほど、確かに二人の女性の姿が見えます。
この店作りと雰囲気だと、並べた本をただ売るだけはなくて
きっと読み聞かせなんかもするんでしょうね~

道具屋の近所でも本屋が段々と減ってきています。
商店街にあった本屋は1軒2軒と店を閉め、残ったのは大型書店1軒のみ。
ここでも置いていないようなものは通信販売を利用したり
新宿の紀伊国屋に出かけたりしています。
それよりもコンビニで買うことも多くなりましたね~。

書店という限りある広さの中に、現在売られている本すべてを
必ず取り揃えるというのは無理なんですよね。
そうなると、大型書店が有利と言うことになりますね。

すべてのお客様の要望を満たすような理容室を作ると言うことは
新宿の駅前に紀伊国屋を開店しようとするようなものです。
資金的にも従業員数的にも無理というものです _| ̄|○

そうであれば、この「こどものほんや」さんのように
ぜひ来てもらいたいと思うお客様のターゲットを明確にして
そこで見て選べる、読み聞かせてもらい選べる本屋さん・・・
絶対に人気が出ると思うんですよね ( ̄ー+ ̄)キラン

道具屋にはこのお店に連れて行く年齢の子どもはいませんし
孫が生まれるのはまだ当分先のことになるだろうから・・・
というか嫁に行けるのかを心配するほどですが (*≧m≦*)ププッ

でも、そんな子どもや孫がいたら、ぜひ利用したい本屋さんですね。

理容室も「ぜひ来てもらいたいお客様」を明確にして
その方々が喜んでいただけるメニュー、接客を心がければ
店舗の広さや売上では決めることの出来ない
オンリーワンのお店になれますよね?

ち~さい花やお~きな花♪ 一つとして同じものはないか~ら♪
NO.1にならなくてもい~い♪ も~ともと特別なOnly one♪




理容の面白さを多くの方々に知っていただくためランキングに登録しています。
下のバナーをクリックしていただけるとランキングにそれぞれ10ポイントが加算されます。
もちろん無料なのでぜひ応援をお願いします。

人気blogランキング  FC2 Blog★Ranking
スポンサーサイト



日々のこと | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
( ノェ)コッソリ 私には敷居が高そうですw
「是非来ていただきお客様」を明確に・・・いい響きですねぇ~
私も、軸をぶらす事なくやっていきたいと思いました♪
いい歌ですよね~
道具屋さん 体調は大丈夫ですか??
プログ見てみたら更新されてるみたいですけど 自分も含め 風邪には皆さん 気をつけましょうね
経営は、大変そう。
自分の好きなものに囲まれて、お店を展開するのは、楽しいだろうけど。
経営は、かなり、難しいのでは。
小さい子供が、たくさんいるところでないとね。
で、その子たちも、すぐに大きくなるからね。
頑張ってほしいです。
こういう店があると、環境的には、うれしいですけどね。
>れいなさん

敷居なんかどこかにありました?
入り口は引き戸みたいですよ? (*≧m≦*)ププッ

>fioritaさん

プライベートサロンでは特に顧客ターゲットを明確にしないと
お客様に満足していただくことは出来ないと思っています。
ショッピングセンターの飲食街ではファミリーレストランが廃れ
食べたいものを買ってフードコートで食べる形態が流行るのも
同じ理由なんでしょうね。

>三河の信長さん

ご心配かけて済みません m(__)m
原因は不明ですがアレルギーを起こしていたみたいで
医者に行ってアレルギーを抑える注射を打ってもらったら
3時間ほどで頭痛も取れ、顔の赤味も引きました。
以後、気を付けま~す ヾ(;´▽`A``アセアセ

>mintさん

道具屋の住む町でも少子化が進んでいますからね。。。
でも、先日のテレビでベネッセの社長が話していたことですが
子どもの数は減っていっても、1人の子どもにかける教育費は増えているそうです。
そう考えると、熱い思いと経営は両立するのかも。
いずれにしても頑張ってもらいたいお店ですね♪

管理者のみに表示