ブログ 夏の風物詩「線香花火」 理容よもやま話
FC2ブログ

夏の風物詩「線香花火」

2009/08/01 Sat 21:00

空一面に広がる大輪の打ち上げ花火も見事だけど、
子供の頃の淡い想い出の一コマというと線香花火ですよね~ ウン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ウン


ところが・・・


はかなさ、繊細さ、芯の強さ、潔さ、そして華麗さといった、
「わび」「さび」にも通じる日本の伝統とも言える線香花火の
実に99.9%が中国製なんだそうです ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


そして、いつか純国産の線香花火を作るところも少なくなって、
今や、全国でも2~3社だけで生産されているとか。。。



でも、中国製と純国産には、どうしても埋まらない大きな差があるんです!



それが純国産の線香花火だけで見る事の出来る、
線香花火の起承転結・・・「牡丹」「松葉」「柳」「ちり菊」の姿。


中国製のものだと、すぐに火玉に力がなくなり落ちていくけど、
純国産の線香花火は、姿を変えながら、力強く燃え続けていきます。



この夏、もし線香花火をされるのなら、ぜひ純国産を探してみてください。
スーパーやディスカウントストアでは探す事は出来ないけど、
地元に昔からある「おもちゃ屋」さんには置いてあるはずです ( ̄ー+ ̄)キラン



まあ、中国製に比べて高いと言っても、10本で200円前後ですしね (*≧m≦*)ププッ



それでは、純国産の線香花火の持つ魅力をお楽しみください♪


20090801_1.jpg
牡丹


20090801_2.jpg
松葉


20090801_3.jpg



20090801_4.jpg
ちり菊


幼い頃に家族一緒に楽しんだ夏の情景が、ほんのりと浮かんできませんか?



★★★ 追記 ★★★



撮影データの問い合わせがあったので、お知らせしておきます。


焦点距離:60mm、ISO:400、絞り F8、シャッター速度:1/1.6~1秒
ホワイトバランス:太陽光、三脚使用


クリックしてランキング応援 人気blogランキング  いつもありがとうございます


日々のこと | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
素敵~~~
v-283v-364それぞれの姿に名前が付いているんですねv-353

私が好きなのは
松葉 ちり菊
だったようですv-283

いつも
ああ 綺麗だなあv-353で終わっちゃうので

 写真で見れるなんて感動ですv-470
ほんのりと浮かんできました ^^
子供の頃自宅前で楽しんだ花火、中でも線香花火が大好きでした。
静かに始まってパチパチ弾ける瞬間、
落とさないようにそ~っと持ち続けて、
それでも落ちちゃうとがっかりしたっけ。
懐かしい~。
線香花火くらいならベランダでやっても大丈夫かな!?
一緒に線香花火せん?

がうちのアニキの
女の子を誘う決めせりふだったとか・・

落とした女の子は数知れず・・
(本人談なので信憑性に欠けますが)

花火=アニキ
の図式が母の頭の中に出来上がってる
悲しさです。。

>***harumi***さん

日本人って、こんな姿に名前を付けたりして不思議ですね(笑)
線香花火を初めて撮影したけど、思った以上に難しかったです。
だって、燃えるごとに火の位置が上がっていくし、動き回るし。。。


>lambsearさん

自分が子供の頃の線香花火と比べると、
ちり菊の時間がちょっと短いような気がしたけど、
これも40年前の記憶だから、あてにならないか(汗)

線香花火はベランダでも十分に大丈夫でしたよ。
風で動くと撮影しにくいので、実際にはレンジ台で撮したけど、
下にフライパンを敷いて、万が一に備えました (*≧m≦*)ププッ


>norikoさん

息子さんの恋は、いつも夏に始まっているみたいですね (* ̄m ̄)プッ
それにしても、恋多き息子さんなんですね~
って、誰に似たんでしょ?(爆)
線香花火良いですね~
日本人のわびさびって感じがします
だってドラゴンとか派手な花火をやっても
最後はやっぱり線香花火で〆でしたもの(*^-^)
でもでも、線香花火に起承転結で
名前があったとは初めて知りました
よし、今年は国産を探して
味わいたいと思います!
道具屋さんのように
写真も撮ってみたいなぁ
>ゆーさん

一番、日本人らしい花火が線香花火なのかも知れませんね。
だからこそ、純国産を探してみてくださいね♪
ゆーさんだったら、どんな線香花火を撮られるんだろうな~
楽しみにしていますね!
moonisup
スーパーやコンビニで安い花火を買うので、
日本製のものには滅多にあたらないと思います。
それでも子供は楽しんでいるので、まあいいかな。
:->
>moonisupさん

花火は楽しむのが一番ですよね!
オトナは理屈を楽しんで、子供は純粋に花火を楽しむ。

管理者のみに表示