ブログ 見て、感じて、表現して、伝えること。 理容よもやま話
FC2ブログ
こちらの言葉は、去年の暮れに道具屋が参加させてもらった、
デジタル一眼レフ向け1dayワークショップ講師のmoonisup先生が
何度となくブログの中で書いている言葉なんです。


「今夜もeat it」


撮影セミナーのイメージってどんな感じですか?


被写体のスタイリング、構図、ピント、露出という
撮影テクニックの勉強をしているように感じるのだろうけど、
テクニックというのは、あくまで「手段」であって、
一番難しいのが、表現して伝えるという「目的」なんです ウン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ウン



これって、ブログを書くこともそうだし、
理美容室でお客様をお迎えして接客することも一緒だと思いませんか?



目先のテクニックだけに目を奪われるのではなくて、
一番の目的を意識することで、撮影もブログも接客も変わってきます。


例えば、一つ前の記事にハーブティーの写真を載せたけど、
道具屋が実際に飲んでみて、伝えたいと感じたのは「酸っぱい」ということ、
そして、ハーブティーって気取っているように見えるかも知れないけど、
コーヒーや紅茶、日本茶のように普通のものなんだってこと。


そうすると、写真としての主役は袋に入ったハーブティーだけど、
袋に入ったハーブティーをそのまま撮したらどんな感じですか?


「美味しそうだな~」とか「酸っぱそうだな~」って
写真を見ただけで感じますか? (*≧m≦*)ププッ


もっと簡単に言うと、袋に入ったレトルトカレーを撮して、
ブログの中で「美味しかった!」と書いても、
何も伝わってこないとの一緒です グサッw( ̄Д ̄;)w


袋入りのレトルトカレーであることを見せながら、
食べる寸前のように、お皿の上に盛られていないとダメでしょ?



だから、今回のハーブティーでは
袋の口から少しだけこぼして中身を見えるようにしてみました。


ただ、これでも中途半端。
口が閉じているよりは良いけど、そのまま食べる訳じゃないからね~


ポットに入って、ハーブティーになっていないと!ということで
袋入りのハーブティーを主役にして、脇役にポットに入ったハーブティー。


こうすることで、酸っぱさや美味しさが伝わっていくと思いませんか? (* ̄m ̄)プッ


ブログも一緒ですよね!


自分の日記としてだけなら書き方は自由だけど、
もし、お店の宣伝ツールとして考え、お客様に読んでもらいたいと思うなら、
「表現して、伝える」という部分を意識していくことで、
テクニックに頼らない、人に伝わる文章が出来ますよ! (σ´Д`)σゲッツ!!


クリックしてランキング応援 人気blogランキング  いつもありがとうございます

日々のこと | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
そうそう、ついつい目先のことに意識がいって忘れがちだけど、
"伝える"ことの大切さをmoonisup先生は何度となく思い出させてくれますよね。
道具屋さん、思い出させてくれてありがとう!
「表現して、伝える」むずかしいです-
>lambsearさん

moonisup先生のワークショップの中でもお話しされているし、
写真ブログの方でも何度か書かれているから大切な事だと思っています。
「表現する」って部分からして難しいんですけどね~


>けろまるさん

難しいからこそ、工夫するんですね!(笑)
写真は見たままに撮る事も出来るけど、自分がどう伝えたいのかを意識して、
あえて、撮り方を変えるというのがあるんです。
ここも、ブログや仕事に通じる部分かも?!

管理者のみに表示