ブログ 気持ちのこもった店内POP 理容よもやま話
FC2ブログ

気持ちのこもった店内POP

2009/04/23 Thu 20:55

先日、「道具屋さん、一番高いヒゲブラシを持ってきてくれ!」と
変わった注文を頂いたお取引理容室に伺うと、
鏡の横に見慣れない手書きPOPが貼ってある。。。


なになに「アナグマの毛でした」? (*≧m≦*)ププッ


20090423_1.jpg


そうでしたね~

そのヒゲブラシがどうして高いのか?材質は?といったことを
販売元商社で調べてもらい、オーナーさんにお渡ししてあったんです。


その時の記事はこちら。



こだわりの品に目覚める!



うんうん、お客様のために、良いものを選んで使っているという
そんな気持ちが伝わってくるPOPになっていると思いませんか? (*´д`*)


コンピュータのワープロソフトやお絵かきソフトなどを使えば
もっとキレイにPOPを作る事は出来るだろうけど、
この手書き文字には気持ちがこもっている感じ。


それに、こちらのオーナーさん、コンピュータは苦手みたいだし (*≧m≦*)ププッ



ところで、お客様からは何て言われました?


今朝貼ったばかりだけど「そのブラシが1万円もするの~?!」って驚かれたよ。


そうですよね~、見ただけだと普通のブラシですもんね ( ̄m ̄*)ププッ


あと「アナグマってアライグマみたいなの?」って聞かれたけど、
あれは毛が硬そうだから違うよね?



う~ん、アライグマ・・・道具屋も分からないし _| ̄|○



鏡の横に貼ってある事で話の種にもなっているようだし、
お客様にしてみれば、良い商品を使ってくれているという事で
自分が大切にされていると受け止めてくれるんですね!


良いものを使っていても、黙って使えば自己満足だけ、
お客様に伝える事で、オーナーやスタッフの人柄もお店の価値もアップします。



そして大切な事は、目で見える形でお伝えする事。



俺にはPOPなんか作れないよ!なんて言わずに
まず、自分の言葉、自分の文字で書いてみてください。


お店の方の思いがお客様に伝わっていくはずですよ♪



ちなみに、こちらはお店は住宅地に普通にあるようなご夫婦サロンで
オーナーというかマスターのお年は60代半ば。


だけど、商売に対する姿勢は若手の方より熱心かもね ヾ(;´▽`A``アセアセ


クリックしてランキング応援 人気blogランキング  いつもありがとうございます


スポンサーサイト



日々のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
エロ侍
とある有名な美容師さんの言葉を借りますと

「成功の反対は、何もしない事」となります。

また、これまた著名な言葉を借りますと、

「できるか、できないかではなく、やるか、やらないか」

ともなったりします。


オイラも実家の理容店改革企画に取組んでおり

要は、経営者本人が、やるか、やらないか、

そこに尽きると痛感しています。


できない理由を考えない。

これも著名な方の言葉で恐縮(きょうしゅく)ですが、

とりあえず行動すると言う事は

物凄いと思います。


なんか本日は、色んな人の言葉ばかり引用しており

すみません。
>エロ侍さん


いや、ほんと、その通りです!
やらなくて済ませる理由を口にして、何もしないでいる・・・
そうした行動の結果が今の姿なんでしょうね。

やらない理由を考えずに、まずやってみる!それから考える(爆)


まずは飲みに行きますか (*≧m≦*)ププッ


管理者のみに表示