ブログ 光と色を意識してみる 理容よもやま話
FC2ブログ

光と色を意識してみる

2009/04/19 Sun 19:00

この1週間も忙しい毎日でした _| ̄|○


昼間は普通に営業に廻っているけど、
夜はサロン講習だったり、地域セミナーの打ち合わせ、組合の会議と
何だかいろいろ続いているな~

ま、人からお呼びがかかるうちが花だと言うし、頑張らないと (*≧m≦*)ププッ


お休みはのんびりと・・・・と言いたいところだけど、
夫婦ともフルタイムで働いていて、普段の掃除も行き届かないので、
お出かけしないお休みの日は、しっかりと掃除を ウン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ウン



さてさて


ブツ撮りのワークショップでは、自然光での撮影というのが基本にあったけど、
その時には、部屋の中で良い光の場所を探すと言うがあったんです。


どうやるのかというと・・・


自分の映したい被写体を持って、部屋の中を歩きまわり、
一番キレイに見える場所を目で探すというもの (* ̄m ̄)プッ



道具屋の家は狭い土地に建つ一戸建て。
横に広げることが出来ないから、地下1階、地上2階という変則住宅。


だから、フロアごとに入ってくる光の種類が違うんですよ。
今日は、その辺りをちょっとご紹介しますね!


まずは被写体を準備♪


と言っても、手近にあるもので構わないので、とりあえず用意。


エステバンのマリンノート2 ミニギフト3点セットという
真っ白なディッシュ(お皿)に貝殻や石のギャレ(セラミック)と
そして香りの補充用オイルがセットになっているものです。

本来は香りのディスプレーとして使われるものなんだけど、
なぜかトイレの芳香剤代わりに ヾ(;´▽`A``アセアセ


それじゃ、光の方向と色を見てくださいね。


撮影データは焦点距離 35mm、ISOは200、ホワイトバランスは太陽光、
絞りはF4、シャッタースピードは絞り優先オート。


まずは地下のドライエリアに面した部屋にある北向きの窓。


20090419_1.jpg


とっても柔らかい光ですね~
ただ、ドライエリアからの光だから、ちょっと暗いんですけどね~


続いて、こちらはもう一つの地下の部屋、
こちらはドライエリアに面している西向きの窓。


20090419_2.jpg


ドライエリアに向いて西向きで日陰だから、青っぽく写ってますね グサッw( ̄Д ̄;)w
ここは撮影には使えそうもないな~


さて、次は1階のトイレで西向きの窓 (* ̄m ̄)プッ


ここが意外と良い光なんですよ。1階だから、外光が明るいしね。
しっかりと陰も出て立体感が出ているのが分かります?


20090419_3.jpg


続いて、こちらはお風呂の蓋の上で(爆)


ここも西向きの窓だからトイレの光と似ているんだけど、
目隠し用の木があるから、その分、色が被ってるかな~ (||||Д`)ァゥッ!


20090419_4.jpg


そして、こちらが2階のキッチンです。

ここはキッチンの窓やリビングから漏れてくる外の光と
いろいろな方向から明かりが入ってくるから、
色は分かりやすく見えるけど、陰でなくて立体感が見えない感じ _| ̄|○


20090419_5.jpg


トータルで判断すると、トイレが一番良くて、二番目がお風呂?


う~ん、どちらも撮影には向かない環境なんだけどね (*≧m≦*)ププッ



いかがですか?
ご覧になった方は、どうお感じになりました?


クリックしてランキング応援 人気blogランキング  いつもありがとうございます


スポンサーサイト



日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示