ブログ メニューのアプローチ方法 理容よもやま話
FC2ブログ

メニューのアプローチ方法

2008/11/05 Wed 19:00

クリックしてランキング応援 人気blogランキング  いつもありがとうございます



今日はちょっと真面目なお話を。


以前参加したコミュニケーション心理学セミナー。

そこで聞いた話の一つが
"情報の整理の仕方は人によって異なる"ということ ウン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ウン


人間は5つの感覚(視覚、聴覚、身体感覚、臭覚、味覚)を使って
ものを表現したり、記憶したり情報の整理をすると言われているけど
人によって得意分野が違うというお話。。。


分かりにくいですよね? ヾ(;´▽`A``アセアセ


う~ん、こう説明すると伝わるかな?


■視覚タイプの人

絵や図、言葉、記号など目に見えることから情報を得るのが得意

■聴覚タイプの人

自分で声に出したり、人の話を聴いて理解する能力が高い。

■触覚タイプの人

手で書いたり、自分でやってみたり、身体を使うことで理解する能力が高い。



大きく分けて、この3つに分類が出来るということなんです。

もちろん、一人の人間が一つだけのタイプを持っているのではなく
3つの組み合わせとバランスになるんですけどね ウン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ウン


これを利用すればメニューの勧め方法も上手に出来るかと♪



さてさて



まず、メニューのお勧めというとどんな風景を思い出しますか?

接客しているスタッフからお客様への声かけが多くなると思うけど
実際には、聴覚タイプの人よりも視覚タイプの人の方が
多いような気がするんですよね~


ちなみに道具屋は完全に視覚タイプ (*≧m≦*)ププッ

聴覚はかなり苦手で、気がつくと右から左へ・・・ _| ̄|○


視覚タイプに訴えるには目から入る情報だから
POPなどの視覚情報を用意することが大切ってことですね♪


例えば、こちらはとあるサロンで使っている
マイルドシェービングのPOP、可愛いなぁ (σ´Д`)σ

Microsoft Wordで作っているというから器用なもんだ ∑( ̄□ ̄;)ナント!!


20081105.gif


これを見せながらスタッフがメニューを紹介することで
視覚タイプの人、聴覚タイプの人にアプローチしやすくなり
そしてPOPの中の一言・・・


お試し期間につき初回無料


これで体験することも出来るから
触覚タイプの人にも有効ってことになるのかな~なんてね♪


これって考え過ぎ? ヾ(;´▽`A``アセアセ


でも、工夫すれば、より効果的なアプローチ方法を
見つけることが出来そうですよね!


皆さんも色々と試してみてくださいね♪


クリックしてランキング応援 人気blogランキング  いつもありがとうございます


日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示