ブログ ここが変だよ床屋さん 理容よもやま話

ここが変だよ床屋さん

2006/02/12 Sun 14:55

冷え込む毎日が続いていますね。
朝一番、車に乗り込むと車内はキンキンに ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

担当サロンへ営業に出る準備をしていると
電話がかかってきて品物を届けてくれと頼まれることがあります。
普段は訪問していなくても頼まれればお店に寄るんですが・・・

到着してみるとかなり古いお店。
外から見てみると、何だか薄暗いような感じがしますね。

まあ、頼まれたものをお届けするだけだからと入り口を開けると
天井の蛍光灯がお店の半分しか点いていない。
その上、暖房も入っていないのかかなり寒い。

店には誰もいないし、まだ開店前だったかな~なんて思いながら

こんにちわ~、荷物をお届けにあがりました~

と奥に聞こえるよう声をかけると

ああ、ごくろうさん

と道路工事のおじさんのようなジャンパーを
白衣の上に重ね着した店主さんがお店に顔を出しました。

見たところ60代半ばくらいかな?
このお年だと戦前のお生まれなんでしょうね。

そんな方だと「もったいない」と言う気持ちが強くあるようで
お客様がお店にいない時は蛍光灯を半分消していたり
冷暖房を切ってしまうと言うのを見たことがあります。

確かにその気持ちも分かりますが、お客様にとってはどうなのでしょう?

この寒い中、家からわざわざ出かけてきてくれたというのに
お店に入ったら蛍光灯は消えているし暖房も点いていない・・・
お客様をお迎えする姿勢とは思えないんですよね~

これが他の商売だったらどうなんでしょうね?

例えば、夏の暑い日、さっぱりした冷やし中華でも食べようと
入ったことのないラーメン屋に入ったら
店の中はエアコンが効かないのか涼しくなかった・・・

こんな経験をしてしまったら、肝心の冷やし中華の味なんか分からず
また二度と行くことはなくなってしまいますよね。

まあ、自分がイヤな思いをすれば感じることでも
自分のお店だと気が付かないことも多いのかも知れませんね。


あっ、そういえば嬉しいこともありました!

お客様のお使いになるトイレのタオルは
1人一枚のハンドタオルを用意している理容室という話を覚えています?

その記事を読んだサロンが

なるほどね~・・・
今までスタッフ用のトイレをお客様に貸すと考えていたけど
考え方が違っていたんだね~


と考えを改めてご自身のお店もそのように変えていました。

20060212.jpg


こんなブログからでもお役に立てることがあるのかと思うと
嬉しい気持ちになります (TдT) アリガトウ

ちなみに女性なら誰でも知っていると思いますが、
レストランでは女性トイレにつまようじと綿棒が置いてありませんか?

つまようじは男性の前で使いにくいし、食事をすれば
口紅もはみ出したりしてしまうから直したいでしょ?

こんなちょっとした心配りがお店の差なんでしょうね♪



1日1回ポチッと押すと道具屋が ( ̄ー+ ̄)キラン と喜びます(笑)

FC2 Blog★Ranking

日々のこと | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
損して得とれ!の精神ってお客様相手の商売って必要かなぁ?って思いますが…(使い方合ってます?)
なんでもそうですが相手の立場に立つというのが大事かな?って…
自分に言い聞かせてるんですよ(笑)
リピーターになるかならないかはほんとお店の気配りによりますね。
経費節約?
少しでも、経費を節約したいのは、わかるけど。
客商売は、無駄に見えて、無駄じゃないことって、たくさんあるよね。
これから来るであろう、お客さんのためにっていうのが、大事なんだよね。
主婦も、これから帰ってくる夫や子供のために、
気を使うようにしないといけませんねぇ。
わがサロンでも、ハンドタオルは一人一枚で、コットン・綿棒は常備しております。まず、自分だったらどういうおもてなしをしてほしいだろう?とシュミレーションしながら、サービスを考えるようにしています。うちみたいに個別対応だとサービスの良し悪しが際立ってくるし、どれだけ素敵な時間を過ごせたかが、重要になってきます。(長くなっちゃった。すんません。。)
>ジャスミンさん

相手の立場でモノを考えるのは難しいことですね。
このブログも理美容関係を知らない一般の方も読んでいますから
その方にどう説明したら良いかをいつも考えてしまいます。
ブログもリピーターが大切ですね♪

>mintさん

今お店に来ている方だけがお客様ではなくて目に見えないところにいる
潜在客という存在があるんですよね。
お客様のため家族のためと思うことで気配りも変わるのでしょうね。

>fioritaさん

さすがに細やかな心遣いをされているfioritaさんのお店ですね。
HPを見ると内装や小物に人柄が現れているのを感じます。
どれだけ素敵な時間が過ごせるか・・・確かにこの1点で
お店の評価が決まるのでしょうね。

管理者のみに表示