ブログ 日々のこと 理容よもやま話
FC2ブログ
日曜日のランチは、奥さんと近所の飲食店に出かけることが多いけど、
外出自粛要請が出ているので、久しぶりの男飯!
と言っても、料理は全くの苦手で、これしか作れないんだけどね(汗)


作り方は、以前のテレビ番組で見たものをベースにしたものなので、
特別なレシピでも何でもないですから、あまり気にしないでね♪
まずは、材料をボールに並べ、作業手順を頭の中でシミュレーション。


20200329_1.jpg


パスタは1.6mmで標準湯で時間が7分と書いてあるけど、
カルボナーラにするときは、モチモチっとしている方が美味しいので、
ここはプラス1分として、8分間のゆで時間に。


たっぷりのお湯が沸騰したら、塩を大さじ1~2杯入れて、
パスタをパラパラっと広げてゆで、下味をしっかりとつけておく。
ここからは8分間で作業しないといけないので、ちょっとスピードアップ!


ブロックのベーコンを5mm角にカットしておき、
温めたフライパンにオリーブオイルを敷いたところにベーコンを入れ、
白っぽくなるまで炒めておく。


20200329_2.jpg


ベーコンに火が通ったら、みじん切りにしたにんにくを入れ、
全体に火が通るまで炒める。


ここでフライパンの日を止めて、ボールの中央にチーズの土手を作る。
いつもは、パルメジャン粉チーズを使うのだけど、
ストックに置いてあったのが、パルミジャーノ・レッジャーノだったので、
ちょっと濃厚なカルボナーラになりそうな予感(汗)


チーズで土手を作ったら、片側に先ほど痛めたベーコンとにんにくを入れ、
反対側に、常温に戻しておいた生卵を2コ割って準備完了!


20200329_3.jpg


ここで8分間のタイマーがなったので、パスタをザルに移して湯切りし、
先ほどのボールに載せて、卵とチーズ、ベーコンを10秒ほど蒸してから、
しっかりと具剤とパスタを混ぜていく。


20200329_4.jpg


あとは、お皿にパスタを盛り付けて完成です♪
最後に、オリーブオイルを一回しかけて、黒コショウを振っておく。


20200329_5.jpg


ホントは白ワインとあわせていただきたいけど、
冷蔵庫の中には赤ワインしか入ってなかったので昼飲みはあきらめることに。
カルボナーラに合わせたいから白ワインを買いに出かけるというのは、
不要不急のお出かけになってしまいそうだしね(涙)


はい!美味しくいただきました!
パスタをゆでる時の塩加減で、味が大きく変わるので、
濃い味が好きな方は、2リットルのお湯に大さじ2杯、薄味がお好きなら1杯と
ご自分の好みに合わせて調節すると良いですよ♪


食事の後は、食器はもちろん、お鍋やフライパン、ボールなども洗い、
キッチンをきれいに片づけて、初めての男飯ですよ?!
料理してくれるのは嬉しいけど、終わったの片づけをしてくれない…と、
世の奥様の不満の声も少なからずあるので、最後をビシッと〆ましょう(笑)


それにしても、白ワインを買いに出かけられないのが寂しいな~♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



日々のこと
静岡県伊東市の川奈にある奥さんのご両親の眠るお墓には、
春のお彼岸、夏のお盆、秋のお彼岸、年末最後の休日の年に4回、
欠かすことなくお墓参りを行っていて、今回も春のお彼岸のお墓参り。


伊東までお墓参りにお出かけしたときは、お湯の良い温泉宿に泊まったり、
美味しいお店で食事をしたりなど、地元出身ならではの楽しみを享受しているけど、
今回は、知る人ぞ知る!という隠れ家中の隠れ家へ!


20200323_1.jpg


ここは40年ほど前にオープンした高級割烹旅館で、
地で上がる海の幸を活かした絶品料理と、静かな海と山、伊豆随一の眺望を誇る、
相模湾一望の源泉かけ流し温泉として常連客が通っているようです。


「五ツ星源泉宿73軒」 (小森威典著) のトップ5にも選ばれたほどで、
そのお湯の質は伊東温泉の中でもトップクラス!


今回は、お泊りではなく、お料理と日帰り温泉を楽しむコースにして、
到着と共に、さっそくお料理をいただくことに。
日帰りでは磯焼きコースか船盛りコースが選べるので、
金目鯛のお作りが楽しみな船盛りをチョイスしてみました♪


20200323_2.jpg


前菜から始まり、美味しい料理とビールで!と言いたいところだけど、
今回は車で来ているから、奥さんだけ飲んで自分はお茶で(汗)


20200323_3.jpg


この茶わん蒸しは独創的な味で、チーズも入った不思議な美味しさ!


20200323_4.jpg


あら汁でお口直しをして続いて出てきたのが、
いままでで初めて食べたような気がするけど、マグロのカマのトロ煮。
これは、本当にトロトロで口の中で溶けそうな絶品の味わい♪


20200323_5.jpg


20200323_6.jpg


いよいよ登場したのが、待望の船盛り!
金目鯛を中心にして、かなりの厚みで切られたマグロの赤身がまた美味い!


20200323_7.jpg


デザートは、ヨーグルトをベースにして甘みは黒糖でつけていて、
キウイフルーツやヨーグルトの中に隠されたサイコロ状のリンゴが、
口の中で複雑な食感を楽しませてくれる。


20200323_8.jpg


食事を含めて3時間が日帰りコースとなっていて、
敷地内に設けられた6つの貸し切り温泉と予約制の有料のお風呂を、
時間の許す限り楽しむことが出来るようになっています。
それぞれの温泉の間は、浴衣で歩くことが出来るので、
お湯に入っては、次のお湯へと温泉巡り。


20200323_14.jpg


まずは一番大きな新相模の湯へ。
小さめの旅館の大浴場くらいの広さがありそうなお風呂で、
ここからの相模湾を望む眺望は抜群!


20200323_9.jpg


20200323_10.jpg


春夏秋冬の湯は、二人専用くらいの広さでコンパクト!
中の作りは4つとも同じだったな~


そして、もう一つ寄ったのが女神の湯。
ここは同じ温泉とは思えないほど、湯の花が咲いている!


20200323_11.jpg


20200323_12.jpg


20200323_13.jpg


伊東のお湯というと無色透明で透明感が高いイメージがあるけど、
お湯は透明なのに、湯の花の多さにビックリ!


絶品のお料理と3時間の源泉かけ流し貸し切り温泉を楽しめ、
全部で6,000円税込みはお得じゃないかな?
さすがに施設は古くなっていて、あちこち手を入れている最中だったけど、
お料理とお湯の質は最高でした。


伊東駅から車で20分ほどの山の中にある隠れ家のような割烹旅館。
もし、伊豆方面へ一泊でお出かけされる機会があったら、
二日目のランチと日帰り温泉として楽しまれると良いかと思います♪


正真正銘 五ツ星源泉宿
伊東温泉 割烹旅館 横浜「藤よし」伊豆



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと
一般の人にはあまり知られていないけど、
理容師という職業は国家資格であり、理容所として認可された場所でのみ、
仕事を行うことが出来ると理容師法で定められています。


なので、消毒に対しては厳しい決まりがあり、
例えば、カミソリなど血液が付着する可能性のある器具については、
家庭用洗剤をつけたスポンジなどで器具の表面をこすり、
十分な水量で洗浄してから、消毒を行うことも決められています。


理容師法による消毒は、時代によって少しずつ変わってきているけど、
2020年現在で言えば、煮沸消毒器に入れて2分間以上煮沸するか、
消毒用エタノール液中に10分間以上浸しておくか、
次亜塩素酸ナトリウム液中に10分間浸しておくかの、
いずれかを行うことが、法律として義務付けられています。


なので、昨今のように消毒液や除菌シートがすべて売り切れてしまうという、
日本人全員が消毒や除菌、抗菌に気を遣うようになるずっと以前から、
理容室は、とてもとても清潔で安心・安全な場所なんですね♪


大和理器でも、さすがに煮沸消毒まではしないけど、
日ごろから、次亜塩素酸除菌消臭水ウィルプロテクトを使って、
階段周りの手すりやドアノブ、エレベーターのボタンなど、
人が手を触れるところは毎朝の掃除で除菌するようにしていたけど、
このウィルプロテクトも売るものが無くなったことで、
社内の除菌清掃が出来なくなりそうに(涙)


このころには、消毒用エタノールも販売用在庫が1本も無くなり、
困ったな~、どうしようかな~?と迷っていたところに、
そうだ!あれがあった!と思い出したのが、
1本だけ倉庫に残っていた、ドーバーパストリーゼ77!


20200321_1.jpg


理容師さんには、消毒用エタノールや次亜塩素酸ナトリウムが有名だけど、
実は、食品関係やペット業界では、ドーバーパストリーゼ77が人気!


酒造会社ならではの遺伝子組み換えを行っていないサトウキビ原料から抽出した、
醸造用アルコール77%の強力な除菌力を持っている上に、
緑茶由来の高純度カテキンを配合!さらには純水を使用することで、
長期間の抗菌持続性も実現した上、食品に直接噴霧しても、
30秒ほど蒸発させれば、普通に食べられるほど安全性が高いという優れもの!


20200321_2.jpg


だけど、これもすべて売り切れていて、あるのは今使っているこれ1本💦
その後、幸いにも社内使用分は何とか確保することが出来たので、
これで安心して除菌清掃が出来ることになりましたが(汗)


そうそう!消毒用エタノールの表記ってちょっと変わってますよね?!
医薬品に関する品質規格書。医薬品や生薬が掲載されていたり、
試験法や純度の基準・剤型などが記されている日本薬局方によると、
消毒用エタノールは、エタノール76.9〜81.4vol%と定められています。


また、このvol%っていうのが、分かりにくいですよね~?
モノの濃度を「重さで考えたときの濃度」がwt%(ウェイトパーセント)で、
「体積で考えたときの濃度」がvol%(ボリュームパーセント)なんです。


つまり、ドーバーパストリーゼ77のアルコール濃度は、
重量で70.1%、体積で77.0%なので、消毒用エタノールとして使える、
77.0vol%ということになります。なんだか算数みたいで嫌ですね(笑)


また、食品に対しても安心して使えることから、
カビの生えやすいお餅やパン・果物にかければカビの発生を抑えるし、
お弁当も、ふたをする前にシュッとすれば鮮度を保つことが出来ます。


理容室で使うハサミやカミソリといった器具はもちろんのこと、
ご家庭なら、まな板や包丁などを使う前にひとふきすることで除菌できるし、
他にも直接口に入れる歯ブラシであったり、冷蔵庫の掃除にも便利です♪


あと、ついつい器具消毒用と思われてしまうけど、
ドーバーパストリーゼ 77は食品に直接使うことを事を目的にしているので、
手指消毒用としてもお使いになれます。
ただ、キズがあったりすると刺激があるので、ご注意くださいね(汗)


今の時期は、消毒用除菌エタノールや次亜塩素酸除菌消臭水と同じように、
この商品を入手することは難しく、ネットで超プレミア価格で売られているけど、
これが落ち着けば、500mlのスプレータイプ、1リットルのスプレータイプ、
800mlのプッシュポンプタイプがお手頃価格で手に入るようになるので、
興味がある方は、ぜひ一度、お試しになってください!



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと
この3月は、会議やイベント、セミナー、講習といった予定が、
ギリギリまで実施を予定しながら、やむを得ず延期や中止になる形が多く、
今週もまた、月曜日の予定が飛んで、いきなりの三連休に(笑)


こんな時は、時間があったらやりたいな~と前々から思っていたことを、
ここぞっ!とばかりに実行するのがお約束♪


引っ越ししてから18年も経つと、クローゼットの中はブラックホール!
外に置きたいくないものをどんどん押し込んでいくから、
要るものものなのか要らないものなのか区別がつかなくなってるから、
とりあえず外に出して、奥さんに聞きながら分別。


20200316_1.jpg


一番多かったのは子供服!
長女と次女、どちらも男の子の親だから、お下がりが着られる。
ということで、長女はお孫ちゃんが着られなくなった服を実家に運び、
次女は、その中から欲しいものを勝手に持っていく…という、
資源に優しいリユースが行われていたけど、
次女のところのお孫ちゃんが着られなくなったものは実家へ戻ってくる。


これがお孫ちゃんたちの成長と共に永遠に繰り返されるので、
クローゼットからは、崩れ落ちるほどの服が散乱!
あと、使わなくなったバッグや紙袋も山ほど出てきたな~。


奥さんは、紙袋は使うかも知れないからというけど、
使うにしても、50枚も100枚もいらないだろう?って思う(汗)
多分、実際に出てきたのは、それ以上の枚数。


ということで、絶対に着ることのない服や使わない紙袋は、
燃えるごみの袋に入れて部屋に積んでおく。
そして、燃えるゴミの日に少しずつ出していくことに(笑)


20200316_2.jpg


他にもブラックホールになっているクローゼットがあるから、
これも少しずつ片付けていかないとな~。
うちは、自分が几帳面なA型に対して、奥さんはアバウトなA型だから、
どうしても、こういう時は自分が動いてしまう(汗)


さてさて、ストックが残り一箱となり不安だったけど、
たまたま見つけたドラッグストアでおひとり様一人をゲット!


20200316_3.jpg


女子高生が面白がって使っていたアプリがあったから、
ダウンロードして、お試ししてみる。
ちょっと若返った感じと、オシャレに年取ったイメージが、
一瞬にして出来上がるからこれも面白い!ただ実用性はどうなんだ?!(汗)


20200316_4.jpg


高円寺は、飲食店の入れ替わりが激しい街ということもあり、
今回は、ガード下で見つけた香港市場というワンタンが売りのお店に入り、
奥さんはえびワンタン塩味を、自分は香港一品ワンタンメンを♪


20200316_5.jpg


買い物をして商店街を歩いていると、新しいお店を発見!
どうやら、根元染め+トリートメントが基本メニューになっているから、
全体染めはせず、白髪リタッチだけをするヘアカラー専門店らしい。


20200316_6.jpg


メニューも1,480円~とリーズナブルで、オートシャンプーが含まれ、
セルフブローコーナーも別に用意されている様子。
美容室で毎月白髪染めるのは費用が掛かり過ぎることから、
ご自宅で染めている人が少なくないけど、
そうした方をお手頃価格で、毎月来店していただこうという、
ちょっと珍しいビジネスモデルのお店のようだね!


今度、奥さんに行って来てもらい、感想を聞くことにしよう(笑)


あと、毎週通っている身体のメンテナンスのために西荻窪の駅を降り、
パチンコ屋さんで見かけたのが、新型肺炎コロナウィルスへんの対応を紹介したポスター。


20200316_7.jpg


ここで注目が、一番下の二行。
消毒清掃をご希望のお客様は、スタッフまでお声掛けくださいとなっている。
これ、理容室やお顔そりサロンでも使えそうな言葉ですよね?!


もちろん、理容室は理容師法に基づき、いつでもきれいに消毒しているけど、
それはお客様の見ている前で行われていることでもないので、
ご希望があれば、座る前の椅子の座面や手すりなど消毒しますと伝えるのは、
対応ががしっかりしているという印象を伝えてくれそうです。


さてさて、先日ご案内したお顔そり美容法チラシへの、
サロン名、ご住所、電話番号、メニュー料金のプリントも行い、
休み明けには発送できるように準備を進めておく♪


20200316_8.jpg


20200316_9.jpg


あと、こうしてプリントしながら思ったことだけど、
これを手渡しとか近所にポスティングとかだけではなくて、
新聞折込チラシとして使うのも良い方法かも?!


お顔そり美容法の価値を伝える部分と、どこで受けられるのか?と、
時間と料金が分かるというシンプルなものだけど、
これだけの色遣いのチラシだったら、折り込みの中でも目立つかも?(笑)


もし、そんなご希望もあったら、3,000~5,000枚という単位になるから、
プリンターでなく、印刷という形で作ることも可能だしね!
そんなご希望があったら、ぜひご相談くださいね♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと
今年はコロナウィルスのニュースばかりになってしまったけど、
3月11日は、日本人が忘れてはならない一日。


あの当時のニュースでは「東北沖大地震」という言い方をしたけど、
関東大震災や東南海地震、阪神大震災の規模を超える、
国内観測史上、最大規模の地震だと言われています。


あれは金曜日の午後で、お取引先に伺う直前のことでした。
とある商業ビルの8階にお取引先があったので、
車を地下駐車場へ入れ、エレベーターに乗る前にトイレに寄りました。


用を足していると、めまいを感じたけど、よく見ると実際に揺れてる。
身体も揺れるし頭も揺れる、というか足下も揺れるじゃないか!
何が起きたのか分からずに天井を見上げてみると、
ゴォ~という音と共に、天井と壁が崩れそうに歪んでる!
地下2階でこんなに揺れるなんて、ただごとじゃない!


慌てて商業ビルに上がろうとするけど、エレベーターはもちろん、
エスカレーターもすべて止まっている!
仕方がないので、止まっているエレベーターを駆け上がり、
お取引先のお店に来てみるとワゴンは倒れ、ハサミやバリカンなどが散乱し、
スタッフはすでに非難したのか人の姿はない!


商業ビルの館内放送では駅前広場への非難をアナウンスしているから、
とりあえずは広場に出て、何が起こったのかを情報収集。


大きな被災時には携帯はつながらなくなると聞いていたけど、
それでも、家族や会社が心配だから、電話をかけてみるけどつながらない。
携帯メールを送ろうとしても、送信出も出来ない。


インターネットもダメなのかと思いながらも、Twitterにつないでみると、
緊迫した雰囲気を伝える、全国の皆さんのツイートがガンガンと流れている!


そうか!携帯の音声通話とインターネットは別なんだ!と気づき、
Twitterで皆さんが発信する情報を集め始める。


被害の状況が少しずつ分かってきたので、サロン訪問も中断し、
会社に戻ろうと国道に向かうけど、車はまったく動かない。
都心を抜けて会社に向かうつもりだった高速道路が、
道路がひび割れしたことから通行止めになり、
その道を避けた車が国道に集中したことで、道路は完全に麻痺している。


携帯はつながらなくても、固定電話はつながりやすいと聞き、
国道から離れる方向に走ってお取引先に戻り、
電話を借りて会社に電話を入れ、社員の無事確認と自分の状況報告。


その後は、まず食料と飲み物の確保!
コンビニで食料品を探すけど、菓子パンとかわずかな飲み物しか残っていない。
何でも良いから、とりあえず買えるだけ買って車に積み込み、
持久戦に備えて、会社へ向かう道路へ出るけど、どこもかしこも大渋滞。


その後、何とか会社に戻ろうと道を探してみるけど、
すべての道路が車で埋まってしまい、まったく動かない。
国道が一番混んでいるようで、1時間待っても1mmも進まない。


時間も、夜中の10時を過ぎてしまったので、帰るのをあきらめ、
どこか車を止めて、一晩を過ごせる場所を探してウロウロしていたら、
「この駐車場だったら空いているから止めてもいいよ」と声をかけられ、
そんな一言が、とんでもなく嬉しかったな~。


あの頃は、ネットは匿名でやるものだからと、
このブログを書くときも「道具屋」というハンドル名を使っていたし、
Twitterも匿名が当たり前だったはず。


あの頃、実名登録のFacebookはまだ普及していなくて、
日本人はネットで実名を出さないから、普及しないんじゃないか?って、
そんな話があったような記憶もあったりします。


でも、東日本大震災をきっかけにして人は大きく変わったのかも?
ネットでも匿名でなく実名の方が信頼できると感じ、
自分のためだけでなく、人のために自分は何が出来るのかといった、
「他人の利益」を考えるようになったような気がする。


商売も「儲かる」とか「稼ぐ」ということを一番に言うよりも、
お客様のために、自分はどうお役に立てるのかを考えるようになっていき、
お客様に役立ち続けるためには、会社を維持することが大事で、
そのためには、適正な利益を得ることが重要と考えることになったかな。


今でも、この気持ちはまったく変わっていないし、
もちろん、このブログ記事で発信し続けることもその一つだと思っています。


なんだか、まとまりの無い日記みたいな文章になってしまったけど、
9年前の3月11日を思いだして書いてみました。
きっと、これからも毎年、思いだしていくことでしょう。
会社も被害にあったけど、実は、日本人の心が一番傷ついたんじゃないか?
そんなことを思いだしていた、一日でした。


20200312_1.jpg
奥さんが撮影した携帯画像



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと
 | HOME | Next »